Academic Box Logo

池袋ウエストゲートパーク: ヒカルの隠された過去と複雑な父親との関係の謎

池袋ウエストゲートパーク: ヒカルの隠された過去と複雑な父親との関係の謎

こんにちは、ライターのYUKOです。今回は、ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」についてお話しします。

池袋のトラブルシューター

主人公マコトの職業は?

フリーター

主人公マコトは「池袋のトラブルシューター」と呼ばれ、池袋西口公園(IWGP)で過ごすフリーターです。

元不良で正義感が強く、面倒臭がりながらも人の頼みは断れず、破天荒な方法で解決します。

ボウリングが異常に上手く、川崎麻世と矢沢永吉のファンです。

母親思いで、焼きそばが好物です。

詳しくみる ⇒参照元: 池袋ウエストゲートパーク (テレビドラマ)

池袋ウエストゲートパーク ヒカルの多重人格の秘密

ヒカルが暴力的な多重人格になった理由は?

父親との関係

「池袋ウエストゲートパーク」に登場するヒカルは、明るく友達想いのヒカルと、暴力的なヒカルの2つの多重人格を持っています。

暴力的なヒカルは、普段のヒカルを嫌い、親友のリカを殺害し、最終話では主人公のマコトを殺害しようとします。

この多重人格の原因は、ヒカルと父親の関係にあり、父親から暴力を受けていたことが影響していると考えられます。

詳しくみる ⇒参照元: 池袋ウエストゲートパークのヒカルは多重人格?父親との過去につ...

「IWGP」リカ事件の犯人判明

「IWGP」でリカを殺害したのは誰?

ドーベルマン山井

「IWGP」でリカ殺害の犯人は、ドーベルマン山井。

しかし、指示したのは多重人格障害だったヒカル。

ヒカルは幼少期の性的虐待が原因で多重人格障害となり、リカ殺害をドーベルマン山井に命じました。

リカ事件の真相は、ドーベルマン山井による犯行でしたが、背後にはヒカルの闇深い過去が隠されていたのです。

詳しくみる ⇒参照元: 【IWGP】リカ事件の犯人は?女優小雪や加藤あいの役どころも...

「IWGP」の孤独なヒロインの救い

孤独なヒロイン「ヒカル」が愛を求めた相手は?

マコト

人気ドラマ「IWGP」のヒロイン「ヒカル」は、裕福な家庭に生まれながら、両親の愛情に飢えていた。

そんな中、彼女は主人公の「マコト」に出会う。

マコトは、ヒカルの孤独を理解し、愛情を注ぐ存在となる。

ヒカルは、マコトを通して、自分が求めていた愛を見出す。

また、ヒカルの父親は指揮者、母親は大学教授という、芸術と教育に携わる家庭で育った。

しかし、両親は離婚し、ヒカルは孤独な生活を送っていた。

詳しくみる ⇒参照元: 【IWGP】リカ事件の犯人は?女優小雪や加藤あいの役どころも...

池袋ウエストゲートパークのヒカルの闇

ヒカルの父親による虐待はどのようなものでしたか?

性的虐待

池袋ウエストゲートパークにおけるヒカルと父親の関係は、ヒカルに対する父親の性的虐待に端を発しています。

母親も虐待を知りながらも黙認し、ヒカルは現実逃避から裏の人格を生み出してしまったと考えられています。

過酷なストレスと周囲への配慮から、ヒカルはストレスを発散する別の方法を見つけられず、もう一人の人格を生み出すに至ったと推測されます。

詳しくみる ⇒参照元: 池袋ウエストゲートパークのヒカルは多重人格?父親との過去につ...

池袋ウエストゲートパークの多重人格

ヒカルの多重人格の理由は?

性的虐待によるストレス

ヒカルは高校生の頃に父親が突然家を出て行方不明になり、幼少期に父親から性的虐待を受けたことが多重人格を引き起こした理由とされています。

母親は再婚相手がおり、ヒカルの多重人格を認識して放置しているという状況も明らかになっています。

記事では、池袋ウエストゲートパークのストーリーとヒカルの心理状態に焦点を当てています。

詳しくみる ⇒参照元: 池袋ウエストゲートパークのヒカルは多重人格?父親との過去につ...

いろはの小説創作のきっかけと内容

いろはの小説の中で、マサはどのように描かれているのか

雑に

小説を書き始めたのは、カウンセリングの一環で勧められたことがきっかけ。

内容のほとんどはヒカルの過去で、マコトとヒカルのキューピッド役だったマサは「金髪の天パー」と雑に扱われている。

マサに対する興味や関心の薄さは、本にも反映されている。

自身の虐待経験を執筆することについては、最初は気分が悪かったが、書くことで楽になり、売れるとさらに楽になったという。

詳しくみる ⇒参照元: 池袋ウエストゲートパークでヒカルはその後どうなった?マコトと...

リカ事件の動機

別人格のヒカルは何を憎んでいたか?

本来の姿のヒカル

リカ事件の犯人は、親友のリカを殺すことで本来の姿のヒカルを苦しめるのが目的でした。

また、シュンを殺害したのも、本來の姿のヒカルを苦しめるためでした。

別人格のヒカルは、何も不自由なく生活しているヒカルの姿が許せなかったのです。

そのため、親友のリカを殺したり、ヒカルの仲の良かったシュンを殺害したりすることで、ヒカルを苦しめようとしました。

詳しくみる ⇒参照元: 【IWGP】リカ事件の犯人は?女優小雪や加藤あいの役どころも...

ヒカルが多重人格になった理由

ヒカルが多重人格になったのはなぜですか?

小学生から中学生まで、父親から性的暴行を受けたため

ヒカルは、小学生から中学生にかけて父親から性的暴行を受け、それが原因で多重人格になりました。

父親は優秀な指揮者で、母親は大学勤務。

ヒカルは恵まれた環境で育ちましたが、成長するにつれ父親の暴行がエスカレートしていきました。

ヒカルの親友であるシュンは、ヒカルの明るい顔と暗い顔を描いてマコトとマサにメッセージを送ろうとしましたが、裏のヒカルとドーベルマン山井によって殺害されてしまいます。

裏のヒカルは凶悪な性格で、シュンとリカの殺害の首謀者です。

裏のヒカルとドーベルマン山井のつながりは、物語の重要な伏線となっています。

詳しくみる ⇒参照元: 池袋ウエストゲートパークのヒカルは多重人格?父親との過去につ...

G-BOYSとブラックエンジェル

マコトの母親がはまっていた組織の名前は?

ドリームコネクション

池袋ウエストゲートパークでは、G-BOYSがじじいBOYSと小競合いをしていた。

マコトはボーリング場にいるとコギャル(女子高生のギャル)達が現れマサをリンチ。

仲間のマドカを腹ませた責任を取って月曜までに金を持って来いと脅される。

G-BOYSとマコトはマサの為に密かに金策に励むもマドカのお腹の子供は違う人のものだと判明。

ここでシュンはヒカリのもう一つの顔を知ることになった。

一方、池袋ウエストゲートパーク周辺では黒づくめの集団が暴れまわっていた。

ブラックエンジェルというグループを京一と山井が立ち上げたのだった。

そしてカナが黄色いパーカーを被った何者かに刺されてしまう。

G-BOYSとブラックエンジェルは東口と西口で別れた。

さらに山井と京極会は手を結ぶ。

マコトはブラックエンジェルの集会に呼ばれ、仲間の証であるネックレスを渡された。

そしてシュンから助けてほしいと連絡をもらったマコトがシュンの家に行くとブラックエンジェルのロゴがPCに残されていた。

詳しくみる ⇒参照元: 池袋ウエストゲートパークのあらすじをネタバレ!ドラマ最終回の...

池袋ウエストゲートパーク最終回の謎

殺害されたシュンはどんな姿で発見されたのか?

死体

ブラックエンジェルスのリーダーであるシュンは、タカシのサウナで死体となって発見された。

マコトは、シュンの残したヒカルの2枚の似顔絵から、シュンがヒカルの二重人格について何か伝えたかったのではないかと考える。

一方、Gボーイズとブラックエンジェルスの抗争は激化し、元Gボーイズのミツルが殺害される。

池袋の抗争はクライマックスを迎え、犯人の正体が明らかになる。

タカシの仲間を思う気持ちが強く描かれた回となった。

詳しくみる ⇒参照元: 【Iwgp】Tvドラマ版池袋ウエストゲートパークを徹底解説(...

池袋ウエストゲートパーク:悲劇の捜索

G-BOYSが捜索していた組長の娘の運命は?

殺害されていた

池袋ウエストゲートパークの若者グループ、G-BOYSは、ヤクザから誘拐された組長の娘の捜索を依頼されます。

手がかりを追う中、娘の最後が目撃されたマンションに住む同級生を見つけます。

しかし、誘拐犯を確保したものの、娘はすでに殺害されていました。

激怒したヤクザの組長は犯人を殺害し、落とし前として小指を切り落とします。

詳しくみる ⇒参照元: 池袋ウエストゲートパークのあらすじをネタバレ!ドラマ最終回の...

多重人格のドラマにおける表裏の人格の関係性

裏のヒカルの存在に最初に気付いた人物は誰ですか?

シュン

多重人格の物語では、通常は表の人格が裏の人格の存在を知りません。

しかし、池袋ウエストゲートパークでは、裏の人格が表の人格の存在を認識しています。

物語では、裏の人格の登場回数は限られており、ほとんどは表の人格が登場します。

裏の人格の存在が明らかになったのは物語の後半で、仲間の中で最初に気付いたのはシュンでした。

シュンが裏の人格に気付いたのは、ドラマの8話で、マサの彼女が妊娠したことを表の人格が彼女に告げた際、マサの彼女と友人が表の人格を暴力的に襲った時に裏の人格が登場したことで気付きました。

詳しくみる ⇒参照元: 池袋ウエストゲートパークのヒカルは多重人格?父親との過去につ...

池袋ウエストゲートパークの抗争

池袋ウエストゲートパークで黄色と黒色のカラーギャング同士の抗争で、黄色のカラーギャングを率いていたのは誰ですか?

安藤崇

池袋ウエストゲートパークは、池袋の不良たちを描いたドラマで、黄色と黒色のカラーギャング同士の抗争が描かれています。

黄色のカラーギャングG-Boysのリーダーは安藤崇(タカシ)です。

安藤崇はマコトの高校時代の同級生で、池袋ウエストゲートパークで黄色をカラーとして使用しています。

タカシは池袋の不良の間でカリスマ性があり、多くの仲間を集めています。

ドラマでは、タカシと黒色のカラーギャングレッドエンジェルのリーダーとの抗争が描かれています。

詳しくみる ⇒参照元: 池袋ウエストゲートパークのあらすじをネタバレ!ドラマ最終回の...

池袋ウエストゲートパーク後のヒカルとマコトの関係

ヒカルとマコトは、事件から1年後にはどのような関係でしたか?

付き合っていた

池袋ウエストゲートパークで事件が起きてから1年後、マコトとヒカルは付き合っていました。

その後3年経っても付き合っていなかったことから、友達以上恋人未満の関係だった可能性があります。

当時流行していた友達以上恋人未満の関係だったのかもしれませんが、お互いを大切に思っていたようです。

詳しくみる ⇒参照元: 池袋ウエストゲートパークでヒカルはその後どうなった?マコトと...