Academic Box Logo

有野晋哉と濱口優の無人島生活を振り返る: 「よゐこ」の友情と絆

有野晋哉と濱口優の無人島生活を振り返る: 「よゐこ」の友情と絆

ライターのYUKOです。今回は、「よゐこ」の有野晋哉さんと濱口優さんの無人島生活を振り返ります。

よゐこの無人島生活

無人島で生き残りを賭けてよゐこがこなすゲームは何か?

ミニゲーム

よゐこの無人島生活は、TV番組「いきなり!黄金伝説」の無人島0円生活を題材にしたゲームです。

お笑いコンビ「よゐこ」の濱口と有野、しゃくれが登場し、無人島での一週間の生き残りを賭けて、様々なミニゲームをこなしていきます。

ゲーム内では番組でナレーターを務める平井誠一氏のボイスも収録されており、おなじみのセリフを聞くことができます。

詳しくみる ⇒参照元: とったど〜 よゐこの無人島生活。

有野晋哉の人気上昇のきっかけ

有野が現在人気を集めるきっかけとなった番組は?

ゲームセンターCX

有野晋哉は、濱口優とのコンビ「よゐこ」のツッコミ担当で、ゲーム好きとして知られています。

以前は濱口の濃いキャラクターに埋もれがちでしたが、「ゲームセンターCX」への出演を機に人気が急上昇しました。

この番組は海外でも人気があり、有野のTwitterフォロワーの半数近くが外国人です。

番組では、有野の青春時代のゲームに関するエピソードがよく語られ、ゲームが友達だったというエピソードも明かされています。

また、ゲームが下手と言われる一方、「めちゃイケ」のゲームコーナーでは上手な姿も見せており、他のメンバーと比べて敗北数が激減するなど、ゲームの腕前も向上しています。

詳しくみる ⇒参照元: 有野晋哉

無人島料理のリズムゲーム

テンポよく料理をしていく濱口のリズムゲームで、料理する食材が複数の場合はどうなりますか?

油鍋にする

よゐこの無人島りょうりでは、調理パートで濱口のリズムに合わせて料理をする。

食材が複数ある場合は、選ばれなかった食材は濱口が全て油鍋にしてしまう。

鍋で煮る、網焼き、揚げるの3種類の調理方法があり、食材によって調理の難易度が異なる。

食材の組み合わせによっては、特定の料理しか作れない場合がある。

詳しくみる ⇒参照元: とったど〜 よゐこの無人島生活。

海洋生物の捕獲方法

ワカメやアワビを捕獲するにはどうすれば良いですか?

網で魚をとる

このゲームでは「あみで魚をとれ!

」というミニゲームで、ワカメ、マヒトデ、アカヒトデ、クルマエビ、ホタテ、アワビなどの海洋生物を捕獲できます。

獲物の影の色を覚えて、赤、青、緑のエサを組み合わせて同じ色のエサを作り、海に仕掛ける必要があります。

仕掛けた日数によって、種類や量が変化します。

引き上げるときは、網のロープにかかる負荷と濱口の体力のバランスを見て、引っ張る力を調整する必要があります。

詳しくみる ⇒参照元: とったど〜 よゐこの無人島生活。

よゐこ番組でゲストが進行役を担う理由

バラエティ番組「よゐこの〇〇で〇〇してみた」にゲストとして出演した芸能人が、番組の進行を任される場面が多いのはなぜ?

ゲスト側が番組を盛り上げるため

バラエティ番組「よゐこの〇〇で〇〇してみた」に出演した芸能人は、自身の得意分野のモノマネやエピソードを惜しみなく披露し、番組の進行を任される場面が多く見られる。

ゲスト側が番組を盛り上げるために、積極的に参加していることが伺える。

コロッケは岩崎宏美や美川憲一などのモノマネを披露し、鈴木おさむ、勝俣州和、キャイ~ンは自身の経験談を語っている。

詳しくみる ⇒参照元: よゐこ濱口、有野との"2人しゃべり"が減...

よゐこの仲の良さの秘密

よゐこのラジオでは、二人でどんな話をしていた?

ゲーム

よゐこの二人の関係は、血が通い合うほど仲が良い。

普段は横に並んで話をすることが多いが、ラジオでは二人きりで向き合って話をする。

また、ゲストも多数出演しており、有野の家族もよく聞いていたという。

家族からは、光浦靖子が出演した回で、「光浦さんはあなたのことをよく見ているわね」と言われたそうだ。

詳しくみる ⇒参照元: よゐこ濱口、有野との"2人しゃべり"が減...

よゐこの芸風と不仲説の真実

よゐこの芸風の特徴は?

自虐的なネタ

よゐこは、単独での出演が多いことから不仲説が流れているが、実際は仲が良い。

また、気配を消す達人と呼ばれていたが、現在はラジオ番組に多く出演している。

彼らの芸風の特徴は自虐的なネタで、アニメ・ゲームに関する知識が豊富だが、スポーツには無関心。

2010年には、円谷プロ協力の下、古代怪獣「ガンモナイドン」を製作した。

詳しくみる ⇒参照元: よゐこ

無人島サバイバル生活ガイド

無人島でのサバイバルはいつから始まるか?

3週間目以降

無人島生活は、島の謎を解明するミッションから始まり、その後サバイバル生活に突入します。

サバイバル生活では、各ゲーム内容が日ごとに難しくなり、無人島の生活日数を伸ばすことが目標となります。

濱口の漁での成果物や有野の制作物などは「無人島ずかん」に記録され、10種類以上の道具、30種類以上の食材、40種類以上の料理が登場します。

また、ゲーム内でとれるものにはすべて3Dモデルが用意されており、臨場感のある捕獲体験が得られます。

データファイルは3つまで作成でき、無人島から帰還しても同じデータファイルで再開すれば、無人島生活1日目からの再スタートとなりますが、解放した図鑑の内容は残ります。

濱口のミニゲームには、「モリで魚をつけ!

」があり、酸素がなくなると終了します。

奥に進むほど大物が潜んでおり、獲物をゲットした際に濱口と一緒に「獲ったど~!

」と叫ぶとボーナステンションが追加されます。

詳しくみる ⇒参照元: とったど〜 よゐこの無人島生活。

よゐこのシュールな芸風と役割分担

よゐこのコントにおける濱口の役割は?

極度の“天然ボケ”

よゐこのコントでは、ボケ・ツッコミの観念がありません。

名義上はツッコミ担当の濱口は天然ボケのため、結果的にボケとツッコミの区別が曖昧になっています。

しかし、初期段階からシュールなコントが売りだったこともあり、よゐこは「シュールコントの元祖」として認識されています。

濱口の天然ボケは、シュールさを倍増させる台詞の「棒読み」にも表れています。

近年ではベタなパターンに変わってきており、コントでもネタに応じて主にボケを担当する方という決まりがなくなっています。

進行役は、有野が仕切っています。

詳しくみる ⇒参照元: よゐこ