Academic Box Logo

「望まれぬ花嫁は一途に皇太子を愛す」最終回ネタバレと原作結末!!!全話あらすじも徹底解説!

「望まれぬ花嫁は一途に皇太子を愛す」最終回ネタバレと原作結末!!!全話あらすじも徹底解説!

ライターのYUKOです。今日は、「望まれぬ花嫁は一途に皇太子を愛す」の最終回ネタバレと原作結末をご紹介します。

ティナーリアとキースの越境の愛

皇太子・キースがティナーリアに対して疑心暗鬼を抱く理由は何か?

敵国から送り出された花嫁であるため

敵国から送り出されたティナーリアは、皇太子キースに迎え入れられる。

しかし、キースはティナーリアに対して疑心暗鬼を抱いていた。

10年前、キースとティナーリアは出会っていたが、現在ではティナーリアが敵国から送り込まれた花嫁であることにより、キースは疑念を抱いていた。

それでも、ティナーリアは一途にキースを愛し続け、次第にキースの心も溶けていく。

二人は国境を越えた愛を育んでいく。

詳しくみる ⇒参照元: 全話ネタバレ【望まれぬ花嫁は一途に皇太子を愛す】|最新話から...

望まれぬ花嫁の政略結婚

ティナーリアはなぜバルディア国の皇太子と結婚することになったのか?

戦いに敗れたから

望まれぬ花嫁は一途に皇太子を愛すは、リデア国の第3王女であるティナーリアが、隣国バルディアとの戦いに敗れた結果、皇太子キースと政略結婚させられる物語。

ティナーリアは、キースに初恋相手であることを隠しながら、彼に尽くす。

しかし、キースは元恋人がおり、ティナーリアを望んでいない。

ティナーリアの献身的な愛が、キースの心を徐々に溶かしていく。

詳しくみる ⇒参照元: 望まれぬ花嫁は一途に皇太子を愛すネタバレ全話!最終回の結末も...

「望まれぬ花嫁」原作小説の公開状況

「望まれぬ花嫁」の原作小説「もう一度会えたなら、いっぱいの笑顔を」の現在の公開状況は?

公開停止中

「望まれぬ花嫁」の原作小説「もう一度会えたなら、いっぱいの笑顔を」は、書籍化に伴い2022年10月17日に小説家になろうでの公開が取り下げられ、削除されています。

現在、原作小説を読むには紙書籍や電子書籍を購入する必要があります。

なお、スピンオフ作品「筆頭侍女様の恋物語」は無料で公開されています。

詳しくみる ⇒参照元: 「望まれぬ花嫁は一途に皇太子を愛す」原作はどこで読める?

ティナの献身的な愛情

ティナがキースにしたかったこととは?

プレゼント

ティナは多忙なキースを気遣い、何かプレゼントをしたいと考えます。

そんな中、庭園で寝ているキースを見つけたティナは、キースにプレゼントを渡そうとしますが、うまくいきません。

しかし、王妃の妊娠が公表され、キースの立場が揺らぎ始めたことで、ティナはついにキースにハンカチを渡すことを決意します。

詳しくみる ⇒参照元: 全話ネタバレ【望まれぬ花嫁は一途に皇太子を愛す】|最新話から...

ティナーリアの夢と決意

ティナーリアがキースにしたかったこととは?

役に立つこと

ティナーリアは、キースに幼少期の夢を話して感謝の気持ちを伝えたいと思っていました。

しかし、それは不可能だったため、代わりにキースに役立つことを考えていました。

そのため、ティナーリアは日々刺繍をしたり、本を読んだりして、自分のスキルを高めていました。

彼女は、キースが王と王妃と一緒に春の園遊会に出席することを知ると、仕立て直したウェディングドレスを着て参加することにしました。

これは、キースにさらに失望されないためと、ひどい扱いを受けるかもしれないが、役に立ちたいという思いからでした。

詳しくみる ⇒参照元: 望まれぬ花嫁は一途に皇太子を愛すネタバレ全話!最終回の結末も...

皇太子と妃候補の切ない物語

キースはティナーリアにダンスを断った理由を何と言った?

手を差し伸べてきた

キースは王妃が男の子を出産したことを知り、弟である第2皇子・べインディアの誕生が自分の王位を脅かす存在として現れたことを憂慮していた。

そんな中、ティナーリアはキースに料理のレシピを求め、その際にキースはダンスを断った理由を尋ねられた。

キースは手を差し伸べてティナーリアを誘った。

その後、ティナーリアは暴漢に襲われたキースを庇い、意識を失ってしまった。

意識を取り戻したティナーリアは、キースを心配して部屋を後にした。

数日後、回復したティナーリアにキースが訪ねてきて、怪我をさせてしまったことを謝罪したが、ティナーリアはキースのせいではないと伝えた。

キースは孤児院に料理の材料を一緒に届けることをお礼とし、ティナーリアと仲良く話している様子を王妃候補のクリアーナが悔しそうに見ていた。

詳しくみる ⇒参照元: 望まれぬ花嫁は一途に皇太子を愛すネタバレ全話!最終回の結末も...

片思いの皇太子に捧げる花嫁の物語

敵国に人質として送られたティナは誰を想っていたか?

キース

敵国バルディンに人質として送られたリデアの姫ティナは、幼い頃に一度だけ笑いかけてくれたバルディンの皇太子キースに長年片思いをしていた。

不遇な花嫁という立場ながら、キースを想い続け、彼の幸せを願っていた。

しかし、キースは彼女に「恋人がいる」と冷たく言い放ち、ティナの想いは報われずにいた。

そんな中、ティナの美しい作画で描かれる報われない想いと美しい世界観が読者を引き込む。

原作はゆめ古池マヤの小説「もう一度会えたなら、いっぱいの笑顔を」。

詳しくみる ⇒参照元: 『望まれぬ花嫁は一途に皇太子を愛す』ネタバレ!小説の最終回や...

ティナの美しさを褒める存在に嫉妬するキース

ティナを褒める存在に対して、キースの心に生じた感情とは?

嫉妬

ティナは幼い頃からリデア王妃に疎まれ、王族としての教育を受けていなかったにもかかわらず、侍女として完璧な作法を身に付けていた。

そんな中、ティナの美しさを褒める存在が現れると、キースは嫉妬心を抱く。

ティナの欠点やキースの変化が描かれた9話では、キースがティナに惹かれている様子が伺える。

また、キースの元には王妃が男児を出産したとの連絡が入る。

この第二皇子は、キースと王位を争う可能性がある。

詳しくみる ⇒参照元: 全話ネタバレ【望まれぬ花嫁は一途に皇太子を愛す】|最新話から...

ティナ、設計図を盗み出し捕らわれる

ティナが部屋から出た直後に見つかった理由を教えてください

ティナが設計図を持っていたため。

ティナは敵国に設計図を渡さないために、マリアの協力を得てディノア侯爵の部屋に忍び込み設計図を盗み出しました。

しかし部屋から出た直後、夫人に見つかってしまい、手に持っていた設計図がばれて捕らえられてしまいました。

キースはティナの味方でいてくれましたが、板挟みになる状況で、ティナを信じてほしいと願っています。

詳しくみる ⇒参照元: 全話ネタバレ【望まれぬ花嫁は一途に皇太子を愛す】|最新話から...

皇太子と令嬢の和解と嫉妬

ティナとキースの間に起きた和やかな出来事とは何ですか?

孤児院への訪問

ティナとキースは襲撃事件を経て、和やかな時間を過ごす。

キースはティナに襲撃の謝罪をし、お礼として孤児院への訪問を申し出る。

ティナはキースのせいではないと訴え、一緒に孤児院に行きたいと懇願。

キースはティナの言葉に吹き出し、二人で穏やかな時間を過ごす。

しかし、この様子をクリアーナが悔しそうに眺めており、ライオネルを使って二人を引き離そうと企む。

詳しくみる ⇒参照元: 全話ネタバレ【望まれぬ花嫁は一途に皇太子を愛す】|最新話から...

皇太子の揺れる心

皇太子がティナーリアに対して抱く感情の揺れ動きについて説明してください

美しさに心揺れ動く

庭園で恋人であるクリアーナの姿を見てティナーリアを避けるようになるも、孤児院での手伝いを続ける中でハンカチを渡そうとするとまたしても彼女を避けてしまう。

生誕祭では、従兄弟のジークリードがティナーリアの美しさに惹かれ、彼女にキスをするのを目撃したことで、皇太子はティナーリアに対する自分の気持ちに戸惑う。

詳しくみる ⇒参照元: 望まれぬ花嫁は一途に皇太子を愛すネタバレ全話!最終回の結末も...

ティナの片思いとキースの気づき

幼い頃、ティナを世話していた人物は?

キース

ティナは幼い頃、人質としてリデアに囚われていたキースの世話をしており、その時からキースに片思いをしていた。

そのため、ティナはバルディンに送られても「キースの側にいられる」ことを幸せに感じていた。

しかし、当時ティナは灰色の頭巾を被っていたため、キースはティナが誰なのか気づいていなかった。

また、ティナは現在皇太子妃となっているが、屋敷のはずれにある棟に送られており、キースと顔を合わせる機会はほとんどない。

しかし、ある日庭で顔を合わせた際、キースはティナの微笑みに心が安堵するのを感じ、彼女に自分のジャケットを差し出すなど優しさを見せるようになった。

詳しくみる ⇒参照元: 『望まれぬ花嫁は一途に皇太子を愛す』ネタバレ!小説の最終回や...