Academic Box Logo

風神雷神エキスポ事故の真実: 原因、真相、そして現在

風神雷神エキスポ事故の真実: 原因、真相、そして現在

ライターのYUKOです。今回は、風神雷神エキスポ事故についてお話しします。

エキスポランド遊園地の歴史と事故

エキスポランド遊園地の歴史と事故https://leisurego.jpエキスポランドで起きた事故の名前は?

風神雷神事故

エキスポランドは大阪万博のアミューズメントゾーンとして1970年に造られ、1974年に再開された遊園地でした。代表的なアトラクションには、巨大観覧車の「テクノスター」、世界最長記録のジェットコースター「ダイダザウルス」、宙づり式ジェットコースター「オロチ」などがありました。2007年5月5日、立ち乗りジェットコースター「風神雷神Ⅱ」の部品が外れ、1名の死亡と20人以上の負傷者が出る事故が発生しました。この事故後、エキスポランドは客足を伸ばせず、2009年に破産手続きを申請し倒産しました。詳しくみる ⇒参照元: 風神雷神の事故の原因・詳細・真相・遊園地|エキスポランド

「風神雷神II」脱線事故の顛末

「風神雷神II」脱線事故の顛末https://pbs.twimg.com「風神雷神II」脱線事故の発生から下ろされるまでにかかった時間は?

約10分後

「風神雷神II」は午後12時48分に出発し、約3分後に脱線事故が発生。1名が死亡、1名が重傷、18名が軽傷を負った。事故現場は一時騒然となり、脱線から下ろされるまで約10分を要した。乗客は事故発生時、何が起こっているのか把握するのに時間がかかった。真下にいた人たちは、すさまじい金属摩擦音や衝撃音を聞いたと証言している。詳しくみる ⇒参照元: エキスポランド事故の全貌とその後は?事故の原因と判決も

「風神雷神II」脱線事故の悲惨な現場

「風神雷神II」脱線事故の悲惨な現場https://i.ytimg.com「風神雷神II」が脱線事故を起こした際、亡くなった女性はどのような衝撃を受けたのか?

手すりに激突

「風神雷神II」の脱線事故では、1名の女性が亡くなり、21名が負傷しました。亡くなった女性は、手すりに激突したことで頭部が切断され、その衝撃で死亡しました。この事故は来場者に大きな精神的ショックを与え、目撃した約15名が気分不良や過度のストレス、PTSDを訴えて病院で治療を受けました。乗り合わせていた女性も頭部を強打して入院し、ICUで治療を受けていました。同僚は精神的ショックでしばらく出勤できず、来場者の中には現場を目撃して体調を崩す人もいました。この事故により、乗り合わせていた人だけでなく、目撃した人々にも深刻な影響が及びました。詳しくみる ⇒参照元: エキスポランド事故の全貌とその後は?事故の原因と判決も

風神雷神Ⅱ事故の真実

風神雷神Ⅱ事故の真実https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com事故の原因となった車軸の劣化を検知する検査は通常いつ行われていたか

毎年1月から2月

遊園地「エキスポランド」のアトラクション「風神雷神Ⅱ」の事故を調査した結果、安全管理のずさんさが指摘された。事故の原因は車軸の劣化による破損で、事故直前に目撃された異変には金属音や白い煙の発生があった。風神雷神Ⅱの車軸は開業以来15年間交換されておらず、目視のみの点検で良好と報告されていた。また、通常は毎年1月から2月に行われる劣化検査が、1年3ヶ月間行われていなかったことが判明した。事故後、現場に居合わせた人々から、金属音や白い煙、コースター部品の飛散などの証言が得られた。詳しくみる ⇒参照元: 風神雷神の事故の原因・詳細・真相・遊園地|エキスポランド

「風神雷神II」事故の悲劇:遊園地の重大な過失

「風神雷神II」事故の悲劇:遊園地の重大な過失https://image.space.rakuten.co.jp「風神雷神II」の事故の原因となった、遊園地側の重大な過失とは?

装置検査の怠慢

「風神雷神II」の事故は、15年間点検が行われていなかった車軸の金属疲労が原因で発生しました。さらに、JIS検査基準である「探傷試験」も実施されておらず、事故の予兆とみられる不安定な走行が報告されていたにもかかわらず、適切な対応が取られていませんでした。これらの遊園地側の重大な過失が、悲惨な首切断事故につながりました。詳しくみる ⇒参照元: エキスポランド事故の現在!風神雷神脱線の原因や目撃者

風神雷神Ⅱ事故:席を譲った女性の悲劇

風神雷神Ⅱ事故:席を譲った女性の悲劇https://i.imgur.com事故で死亡した女性が、事故直前にとった行動は何か?

席を譲ること

ある19歳の女性が、エキスポランドの「風神雷神Ⅱ」というアトラクションに乗る際に、後ろに並んでいた家族連れが離れないようにと、自分が乗る予定だった1両目を譲りました。その結果、女性は2両目に乗り込み、事故に巻き込まれて死亡しました。女性はもともとネイリスト志望で、希望に満ちた明るい性格だったとされています。事故の目撃者によると、女性の頭は手すり車体に挟まれて2つに割れていたそうです。詳しくみる ⇒参照元: 風神雷神の事故の原因・詳細・真相・遊園地|エキスポランド

エキスポランドの事故とその後

エキスポランドの事故とその後https://i.ytimg.comエキスポランドでは風神雷神Ⅱ以外にも事故が起きていたの?

起きていた

エキスポランドでは、風神雷神Ⅱの事故以外にも多数の事故が発生していた。2006年にはアトラクション「Gフォース」で車両が停止し、25分間地上約9.7メートルに取り残される事故が発生。再開初日には「ワイルドマウス」でコンピューターの不具合により緊急停車する事故が起きた。その後も、「OROCHI」ではセンサーの誤作動による2周連続運行、「急流すべり バックスピン」では小学1年生がボートの縁に頭を打つ事故が発生した。これらの事故を受け、安全対策が講じられたものの、原因が特定されない事故もあり、客足は例年の2割以下に激減。経営難もあり、再開の見込みが立たず閉園となった。詳しくみる ⇒参照元: エキスポランド事故の真実!首が飛んだという写真や目撃情報は本...

エキスポランド事故の衝撃: 風神雷神II以外の事故

エキスポランド事故の衝撃: 風神雷神II以外の事故https://sibucho-laboratory.comエキスポランドで風神雷神II以外の事故があったアトラクションと原因を教えてください

ワイルドマウス(緊急停止), OROCHI(不具合), バックスピン(安全ベルト不具合)

風神雷神IIの事故前にもエキスポランドでは複数の事故が発生していた。小型ジェットコースター「ワイルドマウス」の緊急停止、ジェットコースター「OROCHI」の不具合、急流すべり「バックスピン」の安全ベルト不具合による小学生の怪我などが相次いでいた。この杜撰な管理が、風神雷神IIの悲劇につながった可能性がある。詳しくみる ⇒参照元: エキスポランド事故の現在!風神雷神脱線の原因や目撃者

エキスポランド事故の真相

エキスポランド事故の真相https://i.ytimg.com事故が起きたアトラクションの名称は?

風神雷神Ⅱ

エキスポランドで事故が起きたアトラクションは「風神雷神Ⅱ」というジェットコースターでした。このアトラクションは、1990年の国際花と緑の博覧会で運行された「風神雷神」をモデルに作られたもので、スタンディングタイプのアトラクションでした。事故は2007年5月5日に発生し、車軸の破損により車両が脱落して点検用通路の手すりに接触し、1人の女性が死亡しました。事故後、このタイプのアトラクションは日本や海外でもほとんど作られなくなりました。詳しくみる ⇒参照元: エキスポランド事故の真実!首が飛んだという写真や目撃情報は本...