Academic Box Logo

市川一家4人殺人事件: 長女のその後と犯人・関光彦の現状

市川一家4人殺人事件: 長女のその後と犯人・関光彦の現状

ライターのYUKOです。今日は、市川一家4人殺人事件のその後と犯人・関光彦の現状についてお伝えします。

市川一家4人殺人事件の真相

市川一家4人殺人事件の犯人は?

19歳の少年・関光彦

1992年に起きた市川一家4人殺人事件は、19歳の未成年である関光彦による強姦及び強盗殺人事件であり、被害者の家族を殺害し、少女を長時間監禁・強姦した悲惨な事件である。

事件のその後や現在についても詳しく記載されている。

詳しくみる ⇒参照元: 市川一家4人殺人事件!関光彦死刑囚や少女(長女)のその後や現...

市川一家4人殺人事件の犯人、関光彦の生い立ちと事件の背景

市川一家4人殺人事件で、関光彦死刑囚は被害者長女にどのような行為を行っていたか?

強姦

市川一家4人殺人事件の犯人である関光彦は、被害者長女をラブホテルに連れ込み、夜を明かしました。

その際、強姦を行っていたことが明らかになっています。

また、関光彦は父親の殺害と被害者長女の妹の殺害も犯しています。

この事件は、父親の会社からの通報により発覚しました。

関光彦はサラリーマンの家庭に生まれ、弟が1人いました。

しかし、父親がギャンブルや酒、女遊びを優先するようになり、両親は離婚しています。

詳しくみる ⇒参照元: 市川一家4人殺人事件の犯人「関光彦死刑囚」や生き残った長女の...

市川一家4人殺人事件

この事件はいつ起きたのか?

1992年3月5日から3月6日朝にかけて起きた。

1992年に起きた市川一家4人殺人事件は、未成年による強盗殺人事件であり、千葉県市川市幸2丁目にある被害者宅で起きた。

犯人の19歳の男Sは、フィリピンパブの女性を家に連れ帰り監禁し、暴行した後、暴力団に200万円を要求されるなどの過去を持っていた。

その後、Sは15歳の少女を車でひき、病院に連れて行くと偽って監禁し、強姦した。

少女は逃げ出し、被害を友人に打ち明けて被害届を出したが、Sは少女の住所や名前を手帳から知っており、そのマンションに押し入ることを考えていた。

詳しくみる ⇒参照元: 市川一家4人殺人事件の長女の現在は?犯人や被害者のその後とは

暴力団からの脅迫

なぜ強盗を企てたのか?

暴力団からの脅迫により資金を工面するため。

1992年、関光彦死刑囚は暴力団からの脅迫により資金を工面するために長女の家に押し入り、家族を惨殺した。

彼は入念な下見を行い、家族の在宅状況を把握し、防犯カメラを避けて侵入した。

侵入後、祖母を発見し、家を物色したが金目のものは見つからず、強行手段を取った。

詳しくみる ⇒参照元: 市川一家4人殺人事件!関光彦死刑囚や少女(長女)のその後や現...

市川一家4人殺人事件:犯人と被害者の現在

事件当時の関光彦の年齢は?

19歳

市川一家4人殺人事件は1992年に千葉県市川市で発生した強盗殺人・強姦事件です。

犯人の関光彦は当時19歳の少年でした。

事件の概要は、関光彦が少女を強姦し、身分証明書を脅し取った後、1か月後に少女のマンションに強盗目的で押し入り、少女を除く家族4人を絞殺・刺殺しました。

関光彦はその後も少女を監禁し、強姦しました。

事件の発端は、関光彦がパブで働いていたフィリピン人ホステスを監禁・暴行したことでした。

ホステスが店に泣きついたことで暴力団が関光彦を追い詰め、その結果、関光彦は被害者少女の自宅前で少女を襲い、事件につながりました。

事件後、生き残った被害者少女はその後、一時は精神的に不安定な状態でしたが、現在は自立して生活しています。

関光彦は死刑判決を受け、現在も獄中です。

詳しくみる ⇒参照元: 市川一家4人殺人事件の犯人「関光彦死刑囚」や生き残った長女の...

関光彦の生い立ちと市川一家4人殺人事件

市川一家4人殺人事件の犯人、関光彦は幼少期にどのような境遇で育ったか

父親から虐待を受けていた。

市川一家4人殺人事件の犯人である関光彦は、父親から虐待を受けており、恵まれない幼少期を過ごした。

祖父は成功したうなぎ料理屋のオーナーだったが、関光彦は祖父の仕事に対する情熱を受け継がなかった。

父親は家族よりも遊びを優先し、関光彦に悪影響を与えた。

このような家庭環境が、関光彦の残忍な事件につながった可能性が指摘されている。

詳しくみる ⇒参照元: 市川一家4人殺人事件!関光彦死刑囚や少女(長女)のその後や現...

市川一家4人殺人事件の犯行全貌

事件のきっかけとなった出来事は何か?

フィリピン人ホステスの監禁

この事件は、関光彦死刑囚がフィリピンパブで働いていたホステスを監禁したことから始まりました。

ホステスは2日後に監禁から逃れ、雇い主は暴力団員に相談したため、関氏は暴力団員の監視下に置かれるようになりました。

詳しくみる ⇒参照元: 市川一家4人殺人事件の全貌|犯人関光彦の生い立ちや生き残った...