Academic Box Logo

平成の懐かしの品々がよみがえる!平成レトロの魅力に浸ろう

平成の懐かしの品々がよみがえる!平成レトロの魅力に浸ろう

ライターのYUKOです。今回は、平成レトロの魅力についてご紹介します。

平成レトロの魅力と「すーぱーレトロEXPO」

平成カルチャーの人気が高まっているのはなぜ?

平成レトロの魅力

平成時代(1989~2019年)のカルチャーが「平成レトロ」として人気が高まっています。

キュレーターのM.A.JOYさんと出展者の江崎びす子さんが、平成レトロの魅力や「すーぱーレトロEXPO」の見どころを紹介。

イラストレーター・漫画家として活動する江崎びす子さんは、平成カルチャーの保護と発信を行っています。

イラストレーター・漫画家であり「すーぱーレトロEXPO」のキュレーターであるM.A.JOYさんは、レトロ系アーティストのためのイベントを開催しています。

イベントでは、江崎びす子の作品展示や似顔絵イベントが行われます。

詳しくみる ⇒参照元: 平成レトロが尊い!平成を深堀りしたら、今求めていることが見え...

平成レトロの流行:ノスタルジーと新鮮味

平成レトロが流行っているのはなぜ?

世代間のノスタルジーと新鮮味

平成レトロは、ミレニアル世代とZ世代の間でトレンドとなっています。

ミレニアル世代は幼少期の文化を懐かしみ、Z世代は高性能なツールと異なる製品に新鮮味を感じています。

この世代間のノスタルジーと新鮮味が、平成レトロブームを牽引しています。

平成レトロのアイテムとしては、たまごっちやゲームボーイ、ファッションアイテムなどが再注目されています。

また、企業もレトロマーケティング戦略を活用して、懐かしさを売りにした商品やサービスを展開しています。

詳しくみる ⇒参照元: 令和の若者が熱中する「平成レトロ」とは何か?|@Dime ア...

平成レトロ再燃でデコブーム復活

平成初期に流行ったデコブームが再燃した要因は?

自己表現と差別化

平成レトロブームの再来で、身の回りの物を装飾するデコブームが再び注目を集めています。

このブームが再燃した背景には、DIYやSNS映えの流行に加え、自己表現や他人との差別化に対するニーズの高まりがあります。

平成初期には携帯電話や小物などをデコるのが流行しましたが、現在ではマスクもキラキラにデコレーションされるなど、現代の必需品にもデコブームが波及しています。

福岡のデコショップ「アストレイア」では、オンラインでデコマスクが販売されています。

詳しくみる ⇒参照元: いまブームを巻き起こしている「平成レトロ」って?

「平成レトロ」の象徴!「写ルンです」が誕生したのはいつ?

フィルムカメラ「写ルンです」が誕生したのは何年?

1986年

ミレニアル世代が懐かしく思う「平成レトロ」の象徴として、1986年に誕生したフィルムカメラ「写ルンです」が挙げられます。

かつては、限られた枚数を大切に撮影し、現像されるまで仕上がりが分からなかったという懐かしさがあります。

詳しくみる ⇒参照元: いまブームを巻き起こしている「平成レトロ」って?

平成レトロブームの復活アイテム

平成レトロブームで再流行している代表的なアイテムを3つ挙げると?

写ルンです、たまごっち、プリクラ

平成レトロブームにより、かつて一世を風靡したアイテムが再び脚光を浴びている。

その代表格が写ルンです、たまごっち、プリクラの3つだ。

写ルンですは使い捨てフィルムカメラで、レトロな写りが魅力。

たまごっちはお世話するキャラクター育成ゲーム機で、ピーク時には世界で4,000万個以上が販売された。

プリクラはシール状の証明写真を撮影できる自動撮影機で、平成の若者に大流行した。

これらのアイテムは、平成の懐かしさやアナログの温かみを求める人々に支持されている。

詳しくみる ⇒参照元: 令和の若者が熱中する「平成レトロ」とは何か?|@Dime ア...

平成レトロの再流行

かつて流行したたまごっちは、なぜ再ブームを巻き起こしたの?

女子小学生をターゲットに変更し、通信機能を追加

2016年に再ブームしたポラロイド写真は、若い世代に「不完全さ」が新鮮に映ったことが要因とされています。

一方、たまごっちは1996年に大ブームを巻き起こした後、1998年にブームが去りましたが、2004年にターゲット層を女子小学生に変更し、通信機能を追加したことで再びブームに火がつきました。

現在も売れ続けています。

詳しくみる ⇒参照元: いまブームを巻き起こしている「平成レトロ」って?

平成レトロが若者に支持される3つの理由

若者が平成レトロに興味を示す理由として、前向きなイメージがあるのはなぜ?

ギャル文化の影響

平成レトロの流行は、魅力的なデザイン、前向きなイメージ、人とのつながりの希求という3つの要因によって支えられています。

平成文化のギャル文化から、若者は前向きなイメージを受け取っています。

派手なファッションや明るい色彩は、現在では世間で再評価されており、若者に人気があります。

また、新型コロナウイルスの影響で対面型のコミュニケーションが減少したことにより、平成レトロが人とのつながりを求める若者に受け入れられています。

詳しくみる ⇒参照元: 令和の若者が熱中する「平成レトロ」とは何か?|@Dime ア...

平成ヒット商品ランキング

カルピスウォーターが発売されたのは何年?

平成3年

平成時代に人気だった商品は、飲み物部門ではカルピスウォーター、お菓子部門ではじゃがりこが1位を獲得した。

カルピスウォーターは平成3年に発売され、薄めずに飲める手軽さと美味しさで好評を博した。

他にも、C.C.レモン、なっちゃん、桃の天然水など、懐かしい飲み物がランクインしている。

お菓子部門では、じゃがりこ、アルフォート、明治 エッセル スーパーカップが上位にランクインし、爽やばかうけなど、今も愛され続けているお菓子が名を連ねている。

詳しくみる ⇒参照元: 【ランキング】平成の懐かしい食品!1位は今も売れてるロングセ...

平成レトロの懐かしき文化

平成レトロとはどのような意味ですか?

平成時代を懐かしむ文化的風潮

平成レトロとは、平成元年(1989年)~平成一桁(1990年代中盤)の生活文化を懐かしむ風潮です。

特にファッション、おもちゃ、グッズなどが「平成レトロ」を味わえます。

平成生まれであれば、写ルンですやフィルムカメラ、カセットテープやMDプレーヤー、たまごっち、ゲームボーイなどの懐かしいグッズに共感できるでしょう。

平成レトロの流行は、現在20歳以上の世代を中心に浸透しています。

詳しくみる ⇒参照元: 【平成レトロ】平成時代に流行った懐かしのグッズ、ファッション...

平成の懐かしおもちゃ旅

平成時代に大ヒットし、お店から消えてしまうほどの人気となったおもちゃは何?

ベイブレード

平成時代に流行したおもちゃの中で、最も記憶に残っているのはタカラトミーから発売された「ベイブレード」です。

ベイブレードは、組み立てるタイプのコマで、大ヒット商品となり、品切れが続出するほどの人気ぶりでした。

当時、ベイブレードは非常に流行し、お店から消えるほど売れ行きが好調だったことを覚えています。

ベイブレードは、子供から大人まで幅広い層に愛されたおもちゃでした。

詳しくみる ⇒参照元: 平成から令和に!子どもの頃流行った平成のおもちゃを振り返りま...

1998年から2003年の社会情勢

この時期に流行語となった言葉は?

IT革命

1998年以降、PHSと携帯電話の加入者数が急増し、NTTドコモの「iモード」により携帯電話からインターネットにアクセスできるようになった。

これに伴い、「IT革命」や「ブロードバンド」が流行語となり、IT化が急速に進化した。

また、渋谷のマークシティ、セルリアンタワー、六本木ヒルズなど、巨大な商業施設とオフィス棟を備えた大型ビルが東京都内に次々と建設され、「仕事とプライベートが両立する」都市空間が形成されていった。

この頃、40〜45歳の女性の間では、ボールペン字や筆ペンなどの硬筆・毛筆系講座や介護福祉士講座、パッチワーク講座などが人気を博した。

詳しくみる ⇒参照元: 「平成」ってどんな時代だった?流行語で振り返る30年

平成初期の出来事

平成3年の大相撲人気に関わった力士は?

若貴

平成3年は大相撲ブームが到来し、若貴をはじめとする力士たちが人気を集めた。

また、トレンディドラマが流行し、「愛は勝つ」や「どんなときも」といった曲がヒットした。

スーパーファミコンもこの年に発売された。

平成4年にはドラマ「ずっとあなたが好きだった」で佐野史郎がマザコン男の「冬彦さん」を怪演し話題を呼んだ。

平成5年には皇太子徳仁親王と雅子様がご結婚され、Jリーグが開幕した。

レインボーブリッジもこの年に開通した。

平成6年には向井千秋が日本人女性初の宇宙飛行をおこない、J-POPが流行した。

ドラマ「家なき子」で主役が言ったセリフ「同情するならカネをくれ」が流行語大賞に選ばれた。

PlayStationとセガサターンもこの年に発売された。

詳しくみる ⇒参照元: 「平成」を振り返る~あのとき流行した本・音楽・映画・ゲーム~

平成の30年を振り返る

平成の30年間で、最もインパクトがあったカルチャーや流行は何だったと思う?

インターネットの普及

平成の30年間は、たまごっち、アムラー、だんご三兄弟など、多様なブームが生まれた時代です。

中でも、インターネットの普及は、SNSや動画サイトなど、新たなカルチャーや情報手段をもたらし、それらにまつわる習慣や風習が次々と誕生しました。

ワンレンボディコンの女性たちがジュリアナ東京のお立ち台で踊っていたバブル景気真っ只中の平成元年から、インターネットが急速に普及し始めた平成5年頃までの時代は、女性たちがディスコで踊りまくるなど、勢いのある時代でした。

また、女性の社会進出に伴い、「オヤジギャル」と呼ばれる、電車の中でスポーツ新聞を読み、ガード下で一杯飲む女性たちも話題になりました。

詳しくみる ⇒参照元: 「平成」ってどんな時代だった?流行語で振り返る30年

懐かしのおもちゃ大集合

当時大流行した、大人も子供も楽しめた話題のおもちゃは何?

たまごっち

当時大流行したおもちゃは「たまごっち」という電子ペットで、大人も子供も夢中になって遊んだ。

当時の大きさはPASMOと同じくらいで、現代版に進化して今でも楽しめる。

また、平成版の人生ゲームも人気があり、平成の出来事などを懐かしみながら家族みんなで楽しめる。

詳しくみる ⇒参照元: 【平成のおもちゃ】平成に流行ったおもちゃ!平成初期・平成レト...