Academic Box Logo

変な家2の衝撃的結末を大解剖! 行先のない廊下と真犯人の正体

変な家2の衝撃的結末を大解剖! 行先のない廊下と真犯人の正体

ライターのYUKOです。衝撃的な結末を迎えた「変な家2」について、行先のない廊下や真犯人の正体など、詳しく解説します。

謎めいた家の間取り図

謎めいた家の間取り図https://books.j-cast.com家の設計図にある謎とは何か?

行先のない廊下

「変な家2〜11の間取り図〜」は、謎めいた家の間取り図をめぐる物語です。家には不可解な部屋や行先のない廊下があり、主人公はそれらの秘密を解明しようとします。物語の後半では、設計士が謎を解き明かし、驚くべき結末が明かされます。読者は、予想外の展開やドキドキするストーリーに引き込まれます。詳しくみる ⇒参照元: 『変な家2〜11の間取り図〜』のネタバレあらすじを結末まで解...

「変な家2」ラストの謎解き

「変な家2」ラストの謎解きhttps://satonari.com「変な家2」のラストの筆者とミツコの対談では、父親がミツコに何を頼んだのか?

義足の隠し

人気サスペンスYouTuber雨穴氏の著書「変な家2 ~11の間取り図~」のラストでは、筆者とミツコの対談が行われます。そこで判明したのは、ミツコの父親がミツコに「今夜ヤエコの義足を隠してくれ」と依頼していたこと。この依頼が物語にどのような影響を与えるのか、ラストの解釈が読者に委ねられています。詳しくみる ⇒参照元: 【変な家2】ラストについて考察(義足は誰が隠したのか?)【ネ...

『変な家』ラストの真犯人考察

『変な家』ラストの真犯人考察https://books.j-cast.com義足を隠した真犯人は誰でしょうか?

家のお手伝いさんMr.X

ミツコは、少年期の辛い経験から娘ミツコと母ヤエコを毛嫌いしていたため、2人を別の家に住まわせていました。新しい家の作りは、義足のヤエコを殺害しやすいように設計されており、ミツコの母は夫の正彦にミツコの元に向かわせ「ヤエコの義足を隠してほしい」と伝えました。正彦は否定的でしたが、妻の言うことに逆らえず、ミツコに伝えてしまいます。葛藤の末、ミツコはヤエコの義足を隠すことを了承してしまい、これがヤエコの転落事故につながりました。ミツコは、ヤエコが正彦とミツコの会話を聞いていたと考えていますが、作者は別の可能性を示唆しており、その人物こそが家のお手伝いさんMr.Xであると推測しています。詳しくみる ⇒参照元: 変な家2 徹底考察!ラストで義足を隠した真犯人は母親説!ミツ...

行き先のない廊下の謎

行き先のない廊下の謎https://omocoro.jpなぜ「行き先のない廊下」が生まれたのでしょうか?

謎のまま

「行き先のない廊下」は、母親と良好な関係ではなかった著者が、亡くなった母親の残した謎めいた家を調査する物語です。著者は根岸さんの推測や過去の新聞から、廊下ができた理由を推測しますが、まだ腑に落ちない部分が残ります。小説では解決しない謎を残したまま終わります。YouTubeでは、著者の出演による動画も公開されており、小説とは異なる視点から謎に迫っています。雨穴先生の多才さも垣間見ることができ、小説、漫画、動画など、さまざまな媒体で活躍されています。詳しくみる ⇒参照元: 変な家2結末をネタバレ!後日談や行き先のない廊下を徹底調査!

謎のクローゼット鍵:義足を隠した真犯人考察

謎のクローゼット鍵:義足を隠した真犯人考察https://realsound.jpミツコのクローゼットの鍵をXがどうやって知ったのか?

設計段階で渡された

ミツコのクローゼットの鍵が机の引き出しにあるペンケースの中にあり、その場所を知っているのはミツコだけだったとされています。しかし、この家はヒクラハウスが設計しており、設計時点からヤエコを殺害することを想定していたと考えられます。そのため、建築段階からクローゼットの鍵をXに手渡していた可能性があります。詳しくみる ⇒参照元: 変な家2 徹底考察!ラストで義足を隠した真犯人は母親説!ミツ...

義足の隠し場所の謎

義足の隠し場所の謎https://pakkan-blog.comクローゼットの鍵を隠した人物は誰でしょうか?

シオリ

「資料4 ネズミ捕りの家」にはシオリが「急に眠くなった」という描写があり、またシオリはミツコの部屋に居たり、学校でミツコと一緒にいることが多いため、ペンケースを見てクローゼットの鍵の在り処を知っていた可能性があります。また、シオリはミステリー作品で黒幕として登場すると盛り上がるという期待もあります。詳しくみる ⇒参照元: 【変な家2】ラストについて考察(義足は誰が隠したのか?)【ネ...

間取り図に潜む謎と考察の妙

間取り図に潜む謎と考察の妙https://omocoro.jp設計士と筆者2人の考察における曖昧さをどのように捉えるべき?

想像力の補完

設計士と筆者の間取り図考察は興味深く、謎解きの醍醐味を味わえるが、曖昧な部分も存在する。読者は想像力を駆使し、自ら情報を補足することで、作品をより深く考察し楽しめる。ハッキリとした答えを求めるよりも、想像力を膨らませ、答えのない物語を自分なりに解釈する姿勢が推奨される。詳しくみる ⇒参照元: 変な家2のネタバレ感想と考察!行先のない廊下から始まる11の...

柱の謎と行先のない廊下

柱の謎と行先のない廊下https://i.ytimg.com主人公が幼少期につけていた柱の傷にまつわる、不思議な出来事とは?

知らない人の傷

主人公は幼い頃、成長を記録するために柱に傷をつけていた。ある日、自分がつけたはずのない傷があることに気づき、母親に尋ねるが、「いたずらでつけたのでは?」と曖昧な返答が返ってくる。母親の様子に違和感を感じた主人公は、実家建て直しによりその柱を失う。果たして、もう一人の子供が存在したのか、謎は残されたままとなっている。詳しくみる ⇒参照元: 変な家2結末をネタバレ!後日談や行き先のない廊下を徹底調査!

11軒の家を繋ぐ「鍵」

11軒の家を繋ぐ「鍵」https://pbs.twimg.com母親が隠した「鍵」から明らかになる、11軒の家を繋ぐ意外な関係性とは?

家族の繋がり

「変な家2〜11の間取り図〜」の捜査資料から浮かび上がるのは、11軒の家を繋ぐ意外な関係性です。謎を解く鍵は、主人公の根岸さんの表情が示す通り「母親」にあります。登場人物の告白により、ある衝撃的な事実が明らかになり、それが真実かどうか読者には判断がつきません。結末では、主人公の父親が義足を依頼したことや、それが義足ではないことが明かされます。また、前作「変な家」は2024年3月15日に映画化され話題となっています。詳しくみる ⇒参照元: 『変な家2〜11の間取り図〜』のネタバレあらすじを結末まで解...

「変な家2〜11の間取り図〜」:謎解きミステリーの醍醐味

「変な家2〜11の間取り図〜」:謎解きミステリーの醍醐味https://stat.ameba.jp「変な家2〜11の間取り図〜」とはどんなジャンルの作品ですか?

謎解きミステリー

「変な家2〜11の間取り図〜」は、11の間取り図をベースにした謎解きのミステリー小説です。覆面作家雨穴さんの第二弾小説で、2023年12月15日に飛鳥新社から発売されました。前半に提示される11の捜査資料から、設計士の栗原がつながりをを見つけ、真実を明らかにしていきます。本作は「変な家」のファンや、間取りに興味がある方、わかりやすいミステリー作品を求めている方におすすめです。詳しくみる ⇒参照元: 『変な家2〜11の間取り図〜』のネタバレあらすじを結末まで解...

謎の行先のない廊下

謎の行先のない廊下https://anabre.net実家の奇妙な廊下は何に使用されていたのか?

不明

雨穴氏の「変な家2」には、読者から寄せられた11軒の家が収録されており、それらの家には奇妙な特徴がある。富山県の根岸さんは、実家に「行先のない廊下」があったと証言。廊下にはドアや窓がなく、収納スペースとしては細すぎるという。根岸さんは父親に尋ねたが話を逸らされ、母親には聞けなかった。著者と根岸さんの会話からいくつかの疑問が浮上したが、解決にはまだ情報が足りない。詳しくみる ⇒参照元: 変な家2のネタバレ感想と考察!行先のない廊下から始まる11の...

いかがでしたか? 他の記事も ぜひご覧ください ↓↓