Academic Box Logo

「変な家」の謎めいた廊下と衝撃的なネタバレ: 家系図で紐解く衝撃の結末

「変な家」の謎めいた廊下と衝撃的なネタバレ: 家系図で紐解く衝撃の結末

ライターのYUKOです。今回は、映画「変な家」の謎めいた廊下と衝撃的なネタバレについて、家系図で紐解いていきます。

雨穴:謎に包まれたウェブライター

雨穴さんの肩書きは何ですか?

ウェブライター

雨穴さんは本業をウェブライターとされていますが、YouTubeやメディアで活躍するキャラクターとしての「雨穴」をウェブライターと呼べるかどうか疑問を呈しています。

YouTubeチャンネルでは、全身タイツと仮面姿で歌や踊りを披露し、シュールなセンスと高いクオリティのミステリー動画を投稿しています。

詳しくみる ⇒参照元: 【ネタバレ】「変な家」家系図を徹底考察|結末や子供部屋の謎と...

歪んだ家と左手供養

片淵家が変な間取りだった理由は?

左手供養の儀式

片淵家の祖先は、不慮の死を遂げた左手のない娘のミイラを供養する「左手供養」という忌まわしい儀式を行っていた。

本家は、この儀式を続けるために、左手の子供である桃弥を監禁していた。

そのため、本家の間取りには、桃弥を監禁するための隠し通路や牢屋があった。

詳しくみる ⇒参照元: 【ネタバレ解説】映画『変な家』あらすじラストの意味は?知ると...

初心者向けミステリーの特徴

ミステリーの初心者にとって本作の特徴は?

親切でわかりやすい

「変な家」という物語は、ミステリーの初心者にとって親切でわかりやすい作品です。

このシリーズの特徴は、物語の内容をイラストや図解で視覚的に理解しやすいように工夫されている点です。

特に間取り図には重要なポイントが強調されており、ミステリーの初心者でも理解しやすいように配慮されています。

物語は架空のもので、実際にあった出来事ではありませんが、オウム真理教の事件を題材にしています。

物語の結末は未解決の謎が残り、読者の想像力に委ねられています。

詳しくみる ⇒参照元: 『変な家2〜11の間取り図〜』のネタバレあらすじを結末まで解...

左手供養の呪い

なぜ'変な家'は建てられたのか?

左手を入手するための儀式

柚希は”変な家”を建てた人物の妹であり、もう一軒の”変な家”は姉夫婦の家だった。

姉夫婦は消息不明で、柚希の母は本家に近づかないよう警告した。

本家には隠し通路と地下牢があり、地下牢には幽閉された子どもと人間の手首が奉納された祭壇があった。

片淵家は一族の呪いを鎮めるために左手首を献上しており、”変な家”は他人の左手を入手するための儀式に合わせ建てられていた。

詳しくみる ⇒参照元: 【ネタバレ】「変な家」家系図を徹底考察|結末や子供部屋の謎と...

変な家2の謎の間取り図

行先のない廊下とは何か

両親の部屋と住人の部屋をつなぐ廊下

人気作家雨穴の小説「変な家2」は、11の間取り図から謎を解くミステリー。

設計士の栗原は、寄せられた調査資料から奇妙なつながりを発見。

資料の1つ「行先のない廊下」は、根岸弥生の家に存在し、両親の部屋と根岸の部屋をつないでいるが、行き先がない。

栗原はこのような一見バラバラな間取り図に隠された事実を解明していく。

詳しくみる ⇒参照元: 3分で分かる『変な家2』のあらすじ&ネタバレ結末の考察・感想...

奇妙な家における事件の真相

雨宮の動画に登場する変態間取りの家で起きた事件の犯人は?

柚希

「変な家」の奇妙な間取りの家に住んでいた柚希は、娘を殺害して雑木林に遺棄し、夫を殺害した犯人だった。

この事件は、オカルト動画制作者である雨宮の動画で紹介され、間取りの奇妙さが話題となった。

雨宮はミステリー愛好家の栗原と共に事件を調査し、柚希の正体と犯行の動機を暴いていく。

詳しくみる ⇒参照元: 【ネタバレ】映画『変な家』結末の意味は?雑木林の事件は何故起...

謎に包まれたお面クリエイター・雨穴の「変な家2」

雨穴さんの本名が知りたいです

非公開

雨穴さんは、ウェブライター、ホラー作家、YouTuberで、すべてが謎に包まれたお面クリエイターです。

本名や素顔だけでなく、地声も非公開で、声は女性っぽく変声していますが、体形からして男性のようです。

2023年12月に発売されたホラー小説「変な家2」は、雨穴さんが実際に訪れた不思議な家を題材にした作品です。

主人公である雨穴さんは、「変な間取り図を集めるのがライフワーク」としており、前作よりもさらに奇妙で不気味な家でさまざまな恐怖体験をします。

雨穴さんの作品は、人間の複雑な関係性や家族の絆を描いており、読者に深い印象を残します。

詳しくみる ⇒参照元: 雨穴の「変な家2」ネタバレと感想と考察【前編】 11の謎が最...

死体遺棄事件の真犯人は?

誰が死体遺棄事件の犯人なのか

喜江

東京の雑木林で発生した死体遺棄事件の犯人は、被害者の姉である綾乃を洗脳し、儀式のためにホームレスを犠牲にしていた母親の喜江であった。

喜江はホームレス向けの炊き出しボランティアを利用して犠牲者を選択しており、犯行後にホームレスの方向に視線を向けていたことから、犯人が示唆された。

原作小説のシンプルな描写とは異なり、映画版では雨宮が襲われたり追いかけられたりするシーンが追加され、ホラーとしての完成度が高まっている。

詳しくみる ⇒参照元: 【ネタバレ】映画『変な家』結末の意味は?雑木林の事件は何故起...

映画「変な家」の続編は制作される?

映画「変な家」の続編が制作される可能性はあるのか?

ありそう

「変な家」の原作には続編の材料となる要素があり、人気の高い作家であることから、映像化される可能性がある。

ただし、映画化が最適な楽しみ方かどうかは不明。

詳しくみる ⇒参照元: 【ネタバレ】「変な家」家系図を徹底考察|結末や子供部屋の謎と...

変な家の謎:間取りに隠された秘密

この家の間取りの奇妙な特徴は何ですか?

子どもを隠すように設計されている。

「変な家」は一見普通の民家だが、間取りには奇妙な秘密が隠されている。

2階の子供部屋には二重扉が設置され、トイレが備え付けられているが、窓は1つもなく、まるで子どもの存在を隠すように設計されている。

この家では過去に子どもを使った殺人が行われていたという恐ろしい噂が浮上する。

動画クリエイターの雨宮と建築士の栗原が、この家の謎を解明していく。

詳しくみる ⇒参照元: 【ネタバレ解説】映画『変な家』あらすじラストの意味は?知ると...

「変な家」の闇:喜江の恐ろしい秘密

喜江は普段どのような活動を行っていた?

ホームレス支援ボランティア

「変な家」の実写映画では、喜江はホームレス支援ボランティア活動を通じて、左手を切り落とすための犠牲者であるホームレスを確保していました。

彼女は、この活動を利用して、左手供養の儀式に必要な左手を調達していたのです。

また、彼女は綾乃の家の隣に住むおばさんと協力して、片淵家の崩壊を計画していた可能性があります。

喜江は、ホームレスを殺害し、その左手を切り落とすことで、身元不明の犠牲者を生み出し、捜査を回避していたのです。

さらに、綾乃と慶太が左手供養を悩んでいた時期に本家に左手を送りつけたのも喜江だったと考えられています。

詳しくみる ⇒参照元: 映画『変な家』考察ネタバレ「喜江ラストの意味,最後の窓の新解...

変な家の真犯人

片淵家の本家で殺害された人物は誰?

宮江恭一

「変な家」の事件の真犯人は、桃弥ではなく、東京の家の住人・綾乃の夫である慶太でした。

慶太は片淵家の分家の者と協力して、宮江恭一という人物の死体を用意し、桃弥が宮江恭一を殺したように偽装しました。

しかし、この事実がバレてしまい、慶太は義祖父の重治と甥の清次を殺そうとしました。

映画では、原作になかった因習村的な要素が追加され、ホラー要素が強くなっています。

原作では、子どもに親類を殺させる「左手供養」という儀式でしたが、映画では誰の手でも良いようになっています。

詳しくみる ⇒参照元: 【ネタバレ解説】映画『変な家』あらすじラストの意味は?知ると...

変態家の秘密

柚希の夫は事件に関係しているの?

関係している

柚希は、夫が東京の変態家の事件に関与していると疑い、雨宮に埼玉の変態家の調査を依頼した。

調査を進める中で、柚希の夫は事件の被害者である宮江恭一と無関係で、東京の変態家の関係者であることが判明。

柚希の真の目的は、事件に巻き込まれた姉・綾乃を探すことだった。

姉が現在住む“本家”では、呪いを鎮めるために恐ろしい儀式が行われており、雨宮と栗原は間取りの謎を通じて家族が抱える闇に迫る。

結末では、雨宮と栗原が柚希の姉たちを儀式から救い出し、雑木林の遺体遺棄事件の犯人を暴く。

詳しくみる ⇒参照元: 【ネタバレ】映画『変な家』結末の意味は?雑木林の事件は何故起...

左手供養の謎

遺体の左手首が切断されていた意味は何ですか?

左手供養の偽装

山奥で発見された宮江恭一さんの遺体は、左手首が斬られていた。

片淵家には「左手供養」のしきたりがあり、生まれつき左手のない桃弥が人殺しをしなければならない運命だった。

しかし桃弥に人殺しをさせないため、片淵家の分家のリストにあった人物Tに話をつけ逃す代わりに、本物の死体を探し、桃弥が殺したように見せかけた。

詳しくみる ⇒参照元: 3分で分かる『変な家』のあらすじ&ネタバレ解説・感想まとめ

変な家の謎と失踪事件の接点

埼玉の家で発見された遺体から何がなくなっていた?

左手

「変な家」の記事を書いた主人公のもとに、夫が殺害された可能性があるという女性・宮江柚希からメールが届く。

柚希によると、夫の恭一は3年前に失踪し、埼玉県内の山中で遺体となって発見されたが、左手だけが行方不明になっていたという。

主人公は柚希の協力のもと、埼玉県内に東京の家と間取りが同じ家があることを突き止める。

その家は数か月前に全焼していたが、脱衣所の隣には小部屋があり、子供部屋の真下に位置していた。

また、この家は東京の家の建築時期と同じ2018年3月に売りに出されていた。

しかし、埼玉県では遺体がバラバラになっておらず、埼玉の家には遺体処理用の車庫がないなど、東京での事件とは異なる点がみられる。

主人公は、栗原と埼玉の家の間取りについて話し合い、用途不明の三角形の部屋が庭に増設されていることや、庭の一部がそのまま残されていることについて疑問を抱く。

詳しくみる ⇒参照元: 変な家ネタバレを家系図付きで解説!喜江が黒幕なのか左手供養の...