Academic Box Logo

別所沼公園の歴史的魅力を探る: 豊かな過去がもたらす現代の憩いの場

別所沼公園の歴史的魅力を探る: 豊かな過去がもたらす現代の憩いの場

ライターのYUKOです。別所沼公園の歴史的魅力について、過去から現在までの豊かなストーリーをご紹介します。

別所沼公園の歴史

埼玉県に寄付された都市公園は?

別所沼公園

別所沼公園は、1951年に旧浦和市が荒れていた昭和園を買い取り、都市公園として整備を開始した公園です。

公園にはボートが楽しめることで人気があり、最盛期には貸しボートが40隻もあったそうです。

しかし、公園の整備が市の財政を悪化させたため、1956年に浦和市は公園を埼玉県に寄付しました。

その後、公園には埼玉県県立美術館が建設されましたが、美術館の役割を終えた後は浦和市立郷土博物館や浦和土木事務所の庁舎として利用され、現在は別所沼公園の管理事務所になっています。

2001年に合併によるさいたま市の設置を記念して、公園の管理権が埼玉県から浦和市に移管され、現在はさいたま市が所有・管理しています。

詳しくみる ⇒参照元: 別所沼

浦和別所沼公園:湿地を緑のオアシスに再生

浦和別所沼公園の緑豊かな景観を生み出した主な植樹は何ですか?

メタセコイアとラクウショウ

浦和別所沼公園は、かつては湿地のため松や桜が枯れてしまう状態だった。

その後、湿地に強いメタセコイアとラクウショウが植栽され、現在の緑豊かな公園となった。

この公園には埼玉県原爆死没者慰霊碑があり、毎年慰霊式が行われている。

また、公園管理事務所のそばには50年に一度開花するリュウゼツランがあり、2003年に開花した。

市民団体による清掃活動が定期的に実施されている。

詳しくみる ⇒参照元: 別所沼