Academic Box Logo

佐世保女子殺害事件:徳勝もなみの釈放が迫る!犯人現在と家族のその後とは?

佐世保女子殺害事件:徳勝もなみの釈放が迫る!犯人現在と家族のその後とは?

ライターのYUKOです。佐世保女子殺害事件について、徳勝もなみの釈放が迫っているというニュースを元に、犯人の現在と家族のその後について紹介します。

佐世保女子殺害事件:犯人徳勝もなみの概要

事件を起こした徳勝もなみはどんな人物だったのでしょうか?

女子高生

佐世保女子殺害事件は、2014年7月に長崎県佐世保市で女子高生である徳勝もなみが友人を自宅で殺害した事件です。

事件当時、女子高生が加害者であったことが大きな衝撃を与えました。

被害者の遺体は徳勝もなみの自宅マンションで発見され、死因は後頭部を工具で複数回殴られた後、犬のリードで首を絞められた窒息死と判明しました。

さらに、頭と左手首が切断されていました。

詳しくみる ⇒参照元: 徳勝もなみの起こした佐世保女子殺害事件の概要とは?犯人の現在...

佐世保女子高生殺害事件と父親の対応

精神病院に入院させるために父親が奔走していたのはいつ頃?

2014年7月頃

2014年7月26日に発生した佐世保女子高生殺害事件の犯人である徳勝もなみは、事件前に精神状態が不安定になっており、父親の仁さんは精神病院への入院を検討していました。

仁さんは事件前日の7月25日に「佐世保こども・女性・障害者支援センター」に電話相談しようとしており、娘の犯罪を阻止することを優先するようになっていました。

しかし、事件発生時は、まだ入院には至っていませんでした。

詳しくみる ⇒参照元: 佐世保事件の犯人・徳勝もなみの現在!父親と兄など家族のその後...

佐世保女子高生殺害事件の背景

なぜ父親は警察に娘を告発したのか?

正常性バイアス

佐世保女子高生殺害事件では、女子高生が同級生を殺害し遺体を解体した。

事件前に父親は娘に殴打されていたが、動機は報道されていなかった。

新たに判明した情報によると、父親は「正常性バイアス」により、我が子の罪を警察に告発した可能性がある。

詳しくみる ⇒参照元: 佐世保同級生殺害事件:父親金属バット殴打事件は伏せられた:「...

佐世保女子高生殺害事件の犯人、徳勝もなみの素顔と犯行動機

徳勝もなみはいつ出所予定?

記載なし

2014年に15歳の徳勝もなみは、同級生の松尾愛和さんを猟奇的に殺害し、刑務所ではなく医療少年院に保護処分されました。

記事では出所時期についての情報は記載されていません。

徳勝もなみの父親は弁護士で、幼少期から学業・スポーツ共に優秀だったものの、周囲からは「変わっている」と言われていました。

中学では医学書を読み、猫を解剖するなど異常な行動をとり始め、実母を癌で亡くしてからさらにヒートアップしていったとされています。

詳しくみる ⇒参照元: 【2024現在】徳勝もなみはまもなく釈放間近?!弟の死因や兄...

狂気の殺人鬼、徳勝もなみの素顔

徳勝もなみの犯行動機は何だったのか

人を殺して解体してみたかった

徳勝もなみは、中学時代からの親友を殺害し、その動機は「体の中を見たかった」「人を殺して解体してみたかった」という狂気的なものであった。

被害者との間にトラブルはなく、単に殺害欲求を満たすために友人を選んだと供述している。

徳勝もなみは優秀な学業成績やスポーツ、美術での才能を持つ人物で、父親は弁護士、母親は元アナウンサーという裕福な家庭で育った。

高校1年時に不登校となり、事件の数日前に被害者に会いたいとメールを送っていた。

詳しくみる ⇒参照元: 徳勝もなみの起こした佐世保女子殺害事件の概要とは?犯人の現在...

徳勝もなみの闇:共感性欠如と身体解剖願望

徳勝もなみが人の身体を解剖して体の中を見たかった理由は?

共感性の欠如

徳勝もなみは、共感性が欠如した重度の自閉症スペクトラム障害であり、他者に攻撃的な傾向がある素行障害を併発していた。

被害者とのトラブルがなく、殺害したのは誰でもいいと考えていた。

また、人の身体を解剖して体の中を見たかったと悪びれることなく答えている。

現在も医療少年院に収監されており、専門的治療を受けながら社会生活に適応できるよう特別な教育を受けている。

弁護士との面会や手紙のやり取りを通じて事件の重大さや命の大切さを認識しているようだが、被害者の遺族は許せないとの発言をしている。

詳しくみる ⇒参照元: 【2024現在】徳勝もなみはまもなく釈放間近?!弟の死因や兄...

佐世保女子殺害事件の犯人、徳勝もなみの過去

徳勝もなみが起こした給食への薬物混入事件で、最初に被害にあった生徒はどのような行動をとったか

黙っていた。

徳勝もなみは、小学6年生の時にクラスメイトの給食にベンジンや液体漂白剤を混入する薬物混入事件を起こしました。

最初のターゲットとなった女子生徒の給食には、4度も薬物を混入しましたが、被害生徒は黙っていたため、事件は表面化しませんでした。

しかし、その後徳勝は他の生徒の給食にも薬物を混入し、その生徒が担任教師に報告したことで発覚しました。

この事件では、徳勝の母親が被害者やその両親に土下座して謝罪し、事態は収束しています。

詳しくみる ⇒参照元: 徳勝もなみの起こした佐世保女子殺害事件の概要とは?犯人の現在...

女子生徒による事件の謎

容疑者が小学校時代に起こした事件の動機は?

不明

佐世保高1女子殺害事件の容疑者は小学校時代に、クラスメイトの給食に複数回「漂白剤」を入れた事件を起こしている。

その動機は報道されていないため不明だが、同級生への怒りや恨み、好奇心などが考えられる。

類似事件として、タリウム母親毒殺未遂事件やグレアム・ヤング連続毒殺事件が挙げられる。

今回の事件では、被害者は容疑者の友人であり、殺害の動機は激しい争いや逆恨みなどが考えられる。

詳しくみる ⇒参照元: 佐世保高1女子同級生殺害事件の犯罪心理学:人を殺してみたかっ...

佐世保女子高生殺害事件: 徳勝もなみの逮捕とその後

徳勝もなみが逮捕された時の様子は?

淡々としていた

徳勝もなみが逮捕されたのは、娘の捜索願を出した松尾さんの両親の通報によるものだった。

取り調べでは淡々とした様子で受け答えし、殺害行為に対して取り乱したり、謝罪の言葉を述べたりすることはなかった。

被害者の父親の遺体と対面しても、悲しむ様子はなく無表情だった。

なお、徳勝もなみの兄・丈さんは早稲田大学を中退していた。

詳しくみる ⇒参照元: 佐世保事件の犯人・徳勝もなみの現在!父親と兄など家族のその後...

佐世保女子高生殺害事件:動機とその後

徳勝もなみが犯した事件の動機は?

人を殺して解体してみたかった

2014年に発生した佐世保女子高生殺害事件で、犯人の徳勝もなみは友人の松尾愛和さんを殺害しました。

動機は「人を殺して解体してみたかった」というもので、徳勝もなみのサイコパス性が指摘されています。

また、事件の影響で、徳勝もなみの家族は悲劇的な運命を辿りました。

母親はすい臓がんで死去、父親は事件発覚後自殺、兄は大学中退を余儀なくされました。

徳勝もなみは現在も第三種少年院に収容されており、出院後の再犯を危惧する声も上がっています。

詳しくみる ⇒参照元: 佐世保事件の犯人・徳勝もなみの現在!父親と兄など家族のその後...

徳勝もなみの悲劇:父親への憎悪の根源

徳勝もなみが父親を憎むようになった原因は何か?

母親の死と父親の再婚

徳勝もなみの母親は教育熱心で、彼女にとってのストッパー的な存在だった。

母親の死後、父親が20歳以上年下の女性と再婚したことで、もなみの父親への憎悪は頂点に達した。

もなみは寝ている父親を金属バットで殴り、頭蓋骨陥没骨折の重傷を負わせている。

事件後、もなみは「人を殺せれば父でなくてもよかった」と供述した。

詳しくみる ⇒参照元: 【2024現在】徳勝もなみはまもなく釈放間近?!弟の死因や兄...

佐世保事件の陰に浮かぶ宮崎事件の影

宮崎勤事件と佐世保女子高生殺害事件に共通する要素は何か?

遺体解剖と父親の自殺

佐世保女子高生殺害事件で犯人の父親が自殺したことと、宮崎勤事件で宮崎死刑囚の父親が自殺したことは共通している。

宮崎勤事件は、裁判所が単純な猥褻事件として収束させたが、裁判所が描いたストーリーでは理解できない要素が多く、精神鑑定結果も鑑定医によって異なるなど難解な事件だった。

事件の当事者と深く関わり、宮崎死刑囚の著作を2冊出した著者は、佐世保女子高生殺害事件の展開に宮崎勤事件との類似性を感じていた。

詳しくみる ⇒参照元: 佐世保女子高生殺害事件の遺体解剖と父親自殺は、あの事件とそっ...

高校生の凶悪犯罪:内面の未熟さが引き金に

なぜこのような事件が起きてしまうのか?

内面の未熟さ

高校生の凶悪犯罪が相次いで発生している。

これらの犯人は優等生が多く、動機として「人を殺してみたかった」「遺体をバラバラにしてみたかった」という異常な願望を挙げている。

過去にも同様の事件が発生しており、犯人は「精神障害」と診断され医療少年院に送致されている。

専門家は、犯人の特徴として「高い知能と内面の未熟さ」「他者への共感性の乏しさ」「劣等感からの不満蓄積」を挙げている。

詳しくみる ⇒参照元: 佐世保高1女子同級生殺害事件の犯罪心理学:人を殺してみたかっ...

佐世保事件の動機を解明する重要性

臨床心理士の矢幡さんと元刑務官の坂本さんとシンポジウムが行われる日はいつか?

今月17日(金)夜

佐世保の事件の動機が不明のまま処罰のみが行われるのは問題があり、社会がどう対処すべきかを考える必要がある。

この事件について、17日(金)夜に臨床心理士の矢幡さんと元刑務官の坂本さんとシンポジウムが行われる。

精神科医の人たちと事件について議論する予定。

詳しくみる ⇒参照元: 佐世保女子高生殺害事件の遺体解剖と父親自殺は、あの事件とそっ...

佐世保・長崎の殺人事件から学ぶ教訓

佐世保市で起きた2004年の事件は何ですか?

小6女児同級生殺害事件

長崎県佐世保市では2004年に小6女児同級生殺害事件が発生した。

その後、長崎県や佐世保市では「命を大切にする教育」が行われたが、今回の殺人事件では教訓が生かされなかった。

詳しくみる ⇒参照元: 佐世保同級生殺害事件:父親金属バット殴打事件は伏せられた:「...