Academic Box Logo

大奥の全貌を解明...あらすじ、登場人物、衝撃の結末を徹底解説

大奥の全貌を解明...あらすじ、登場人物、衝撃の結末を徹底解説

ライターのYUKOです。今回は、ドラマ「大奥」の全貌を徹底解説します。

大奥の世界

男子の人口が激減したきっかけとなった疫病の名称は?

赤面疱瘡

「大奥」は、男子の人口が女子の4分の1に激減した日本を舞台にした歴史改変SF作品です。

男子のみがかかる謎の疫病「赤面疱瘡」により、男子の役割がすべて女子に移行しました。

江戸城・大奥を中心に、歴史上男性とされている人物が女性に、女性とされている人物が男性に置き換えられています。

この作品は、男女逆転したパラレル時代劇として高い評価を受け、数々の賞を受賞しています。

詳しくみる ⇒参照元: 大奥(よしながふみ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

大奥:女将軍の権力

大奥で最も権力を持つのは誰ですか?

女将軍

「大奥」は、奇病により男性人口が激減した江戸時代を舞台にしたSF時代劇です。

男性が希少となったため、将軍職を含むあらゆる家業が女性から女性へと受け継がれ、男性は「子種」として大切に扱われています。

物語の中心となる「大奥」は、女将軍のために美男三千人が集う場所であり、権力は女将軍に集中しています。

詳しくみる ⇒参照元: <大奥>最終回までの全話の解説/考察/感想まとめ【※ネタバレ...

奔放な5代将軍綱吉と美青年右衛門佐

5代将軍の綱吉の主な特徴は?

奔放

5代将軍の徳川綱吉は、大奥だけでなく城の外でも男を漁るほど奔放な人物でした。

また、側室候補として大奥中が噂をするほどの美青年・右衛門佐を呼び寄せましたが、側室にはならず、綱吉の大奥総取締になりました。

綱吉は右衛門佐を気に入り、側用人・柳沢吉保や桂昌院の反対を押し切って側室候補にしようとしたが、年齢制限から見送られ、忠義を示す役目を懇願した右衛門佐を大奥総取締にしました。

詳しくみる ⇒参照元: ドラマ「大奥 シーズン1」あらすじ ネタバレ キャスト 相関...

男女逆転の大奥へ

疫病により男が激減した世で、主人公がどんな決断を下した?

大奥へ上がる

18世紀初頭、謎の疫病により男性が激減し、男女の役割が逆転した世の中。

貧しい家を救うため、主人公である剣術狂いの旗本家長男・水野祐之進は、女性だけの空間である大奥へ上がることを決断する。

大奥では御三の間という将軍の身の回りの世話をする地位に配属され、日々働きに励む。

祐之進の真面目な働きぶりが将軍の目に留まり、やがて御目見え以上に昇格する可能性も出てくる。

詳しくみる ⇒参照元: 『大奥』あらすじ・ネタバレ感想!二宮和也主演!男女逆転の大奥...

綱吉と有功の愛

5代将軍綱吉の生涯に最も大きな影響を与えた人物は?

有功

綱吉は幼い頃から傍にいた有功に愛の告白をしたが、有功はそれをきっかけに大奥を去り出家した。

有功は生涯綱吉を愛しており、綱吉も有功を愛し続けた。

綱吉は男好きで多くの側室がいたが、有功以外には愛する人はいなかった。

綱吉が「生類憐れみの令」を発布したのは、娘・綱吉に子どもが出来ないのは、自分が若い頃に猫を殺したからだと思っていた桂昌院の考えによるものだった。

綱吉は生涯有功を愛し続け、有功以外の男と結ばれることはなかった。

詳しくみる ⇒参照元: 『大奥(よしながふみ)』相関図とあらすじ~結末をネタバレ

大奥の秘密

大奥とはどのような場所だったか?

女性のみの禁制の場所

かつて日本全土に蔓延した「赤面疱瘡」により、男性人口が激減したことをきっかけに、女性の社会的地位が向上。

婚姻制度は崩壊し、男性は貴重な子種として扱われるようになり、貧困層の女性は花街で子種を授かり、婿をとることが富裕の証となった。

この状況下で、江戸時代唯一の女性将軍の最大の贅沢として、女性のみが立ち入ることのできる女人禁制の城「大奥」が築かれ、美男3千人が集められた。

詳しくみる ⇒参照元: 大奥(よしながふみ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

大奥の悲劇

倫子が大奥で孤立してしまった理由は?

浪費と身なりに問題があった

家治は倫子の派手な身なりを嫌がり、家治の妻・お品が京に戻ることに。

倫子は味方を失い、孤立無援となった。

倫子は信通に助けを求めるが、手紙はお知保に見つかり破り捨てられてしまう。

破れた手紙を復元すると、信通が倫子の姉と結婚したことが判明した。

詳しくみる ⇒参照元: 『大奥』1話のあらすじ 小芝風花が政略結婚!'将軍'亀梨和也...

大奥の秘密と吉宗の改革

吉宗の計らいにより、死罪を免れた水野は、どのような名前で新たな生活を送ったか?

町人・新吉

徳川吉宗の治世下の大奥には、未婚の上様の最初の相手は死罪になるという決まりがありました。

しかし、吉宗に見初められた水野裕之進は、吉宗の計らいにより死罪を免れ、町人・新吉という名を与えられました。

さらに、幼馴染のお信と婚姻を勧められ、彼女と新しい生活を送ることになりました。

詳しくみる ⇒参照元: 大奥(よしながふみ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

将軍たちの苦悩と幕末の動乱

将軍徳川家斉が政治の意思決定を掌握するきっかけとなった出来事は?

毒殺された孫の件

将軍徳川家斉は、政治に関与できない状況下で、母・治済の支配下にありました。

しかし、治済が家斉の孫を毒殺したことをきっかけに、家斉は危機感を抱き、大奥で蘭学を学び、赤面疱瘡根絶に向けた研究を開始しました。

この研究の結果、黒木らが副作用のない熊痘法を発見しますが、家斉の関与が治済にバレてしまいます。

治済は家斉を毒殺しようとしますが、逆に茂姫とお志賀に毒を盛られ、動かぬ体で一生を過ごすことになりました。

こうして、家斉は政治の意思決定を掌握するきっかけをつかんだのです。

また、13代将軍家定は幼少期から性的虐待を受けており、1853年の黒船来航後に日米通商条約が結ばれるなど、幕末の激動期を背景に、将軍たちの苦悩と生き様を描いています。

詳しくみる ⇒参照元: 『大奥(よしながふみ)』相関図とあらすじ~結末をネタバレ

男女逆転『大奥』の世界

大奥が男女逆転となった背景にある奇病は何ですか?

赤面疱瘡

「大奥」は、男性のみがかかる奇病「赤面疱瘡」が蔓延した世界を描いた男女逆転SF大河ロマンです。

この奇病により男性人口が激減し、女性が労働力の担い手となり、将軍職も女性が代々受け継ぐことになりました。

大奥は希少な男子を囲い、俗に美男三千人などと称される男の世界が築かれ、長い徳川の世を女たちが治めることとなりました。

3代将軍家光の時代には、家光の乳母である春日局が非情な策略を巡らせ、家光が生前乱暴した女性との間に生まれた千恵を身代わりとして将軍に据えます。

有功は家光として生きる千恵を妊娠させるための種馬として大奥に呼ばれ、春日局の死後、大奥総取締の座に就き、大奥の一切を取り仕切ることになります。

詳しくみる ⇒参照元: 『大奥(よしながふみ)』相関図とあらすじ~結末をネタバレ

幕末の登場人物たち

田沼意次の行動の動機は何か?

自分の信条

田沼意次は、自分の信条に従って行動しており、自分の行いが悪いことを自覚していません。

そのため、周囲から受け入れがたい人物と見られています。

しかし、意次の行動が誰かに気づきを与えることを願っています。

また、徳川吉宗は改革者であり、孫の家治に帝王学を授けています。

高岳は、松島局を蹴落として自分が大奥総取締役になりたいと野心を持っています。

五菜の猿吉は、倫子の担当として雑務をこなす門番です。

久我信道は、倫子の幼なじみで、倫子が淡い恋心を抱いています。

夜霧は、高岳付きの御中臈で、松島一派を敵対視しています。

お幸は、家治の母で、第9代将軍徳川家重の側室です。

詳しくみる ⇒参照元: フジ「大奥」キャスト&あらすじ【まとめ】|シネマトゥデイ

吉宗の英断

吉宗は、35歳以下の男子たちにどのような措置を講じたか?

暇を出した

吉宗は、幕府の財政再建と男子たちの幸せを願い、35歳以下の見目麗しい男子たちに暇を出し、外の世界で幸せを掴ませる英断を下した。

この決定に抵抗した藤波に対し、吉宗は「黙りゃ!

このたぬきじじい!

」と一蹴。

また、吉宗の片腕・加納久通(貫地谷しほり)は、怒りに狂う藤波に冷静に対応し、原作のイメージに忠実な演技を披露した。

貫地谷しほりの柔らかな雰囲気と、とんだくせ者という役柄のギャップも見どころの1つ。

このキャスティングにより、今後の家光・綱吉編にも期待が高まる。

詳しくみる ⇒参照元: <大奥>最終回までの全話の解説/考察/感想まとめ【※ネタバレ...

徳川吉宗の策略と水野の救出

徳川吉宗が水野を処刑場から解放したのはなぜ?

新たな人生を歩ませるため

徳川吉宗は、紀州家の次期将軍の座を狙い、月光院と間部の密通を暴露する策略を企てた。

しかし、その策略に気づいた江島は口を割らず、死罪となった。

吉宗の計画を阻止するため、月光院は天明院に頭を下げ、江島は流刑となった。

吉宗は8代将軍となり、水野を処刑場から解放した。

水野は新吉と名を変えて火消屋として新たな人生を歩み、吉宗は赤面疱瘡撲滅に尽力した。

吉宗の死後、家重が9代将軍となり、田沼意次は家重の才能を見抜き、忠誠を誓った。

家治が10代将軍となり、田沼、平賀源内、青沼は赤面疱瘡予防の種痘を確立した。

しかし、種痘の副作用や家治の死により田沼は失脚し、青沼は死刑、平賀源内は梅毒で亡くなった。

詳しくみる ⇒参照元: 『大奥(よしながふみ)』相関図とあらすじ~結末をネタバレ

吉宗と水野祐之進の特効薬開発

江戸の町で流行し始めた病気を治すために、吉宗が特効薬作りを命じた人物は?

水野祐之進

江戸の町に赤面疱瘡という病気が流行した。

吉宗は春日局の予言を思い出し、この病気を治せないと国が滅びると考えました。

そこで、薬問屋の婿になった水野祐之進に特効薬の開発を命じました。

水野祐之進は、猿の肝を使った治療を試みましたが、失敗に終わりました。

その後、水野祐之進は、検分の許可と異国の書の解禁を願い出て、吉宗はこれらを許可しました。

また、吉宗は後継者問題に悩んでおり、長女の家重が障がいを抱えているため、次女の宗武を次期将軍にしようとする老中・松平左近将監乗邑と、家重を支持する加納久通が対立していました。

詳しくみる ⇒参照元: 【大奥2023】のネタバレあらすじを最終回まで!

家光の激怒と千代姫の誕生

家光が激しく取り乱した原因は何か?

新しい相手候補の呼び寄せ

家光は有功と距離が縮まり、有功に名付けた猫の若紫をきっかけにさらに親密になった。

しかし、乳母の春日局は家光の新しい相手候補である捨蔵を大奥に呼び寄せ、家光は激しく取り乱した。

その後、家光は捨蔵との子である千代姫を出産した。

この出来事は、家光と有功の関係に影響を与え、大奥に波紋を投げかけることとなった。

また、家光を取り巻く環境や周囲の人物との関係性にも変化をもたらした。

詳しくみる ⇒参照元: 大奥(2023年版)(ドラマ)のあらすじ一覧