Academic Box Logo

不倫:浮気との境界線、慰謝料請求のポイントを弁護士が解説

不倫:浮気との境界線、慰謝料請求のポイントを弁護士が解説

ライターのYUKOです。今回は、不倫と浮気の境界線、慰謝料請求のポイントを弁護士が解説する記事をご紹介します。

不倫の法的リスク

不貞行為を犯した場合は、どのような法的責任を負う可能性がある?

慰謝料の支払義務

不倫は既婚者が配偶者以外の人と交際すること。

法律上は不貞行為と呼ばれ、配偶者以外の人と性的関係を持つことを指す。

不貞行為を犯した場合は、民事上の責任として慰謝料の支払義務を負うことになる。

慰謝料は、不貞行為によって配偶者に与えた精神的苦痛に対する賠償金である。

慰謝料の金額は、不貞行為の期間や程度、配偶者の精神的苦痛の程度などによって決定される。

詳しくみる ⇒参照元: 不倫とは?浮気との違い|浮気の兆候や慰謝料を弁護士が解説

不倫の定義と法的リスク

既婚者が配偶者以外の人と交際関係にあれば、どこから「不倫」とみなされますか?

交際関係の始まり

不倫とは、既婚者が配偶者以外の人と交際関係にある状態です。

不貞行為とは法律用語で、配偶者以外の人と性的関係を持つことを指します。

不倫と不貞行為の違いは、不貞行為は性的関係がある場合に成立しますが、不倫は交際関係の段階から成立する可能性があります。

不倫は人によって解釈が異なるため、相手が不倫だと認識すれば、夫婦関係の悪化や法的トラブルにつながるリスクがあります。

不貞行為に当たらない場合でも、法的リスクがないとは限らないことに注意が必要です。

詳しくみる ⇒参照元: 不倫はどこから?不倫の意味・不貞行為や浮気との違い|弁護士解...

不倫のきっかけと兆候

不倫を始めるきっかけで最も多いものは何か?

同じ会社

不倫に至る心理状態には、安らぎを求める夫と刺激を求める夫、虚無感を埋める妻と恋愛を求める妻などが挙げられます。

きっかけは多様ですが、出会いに関しては、夫は職場、妻は職場や習い事など新しい接点を持つ場所が多いです。

浮気の兆候としては、仕事が増える、残業が増える、携帯電話を頻繁に確認する、などが挙げられます。

詳しくみる ⇒参照元: 不倫とは?浮気との違い|浮気の兆候や慰謝料を弁護士が解説

妻の浮気サインと不倫の法的影響

不倫相手と夫を比べて、夫の欠点が目立つようになったら、それは何を示している可能性があるか?

浮気

妻が外見に気を遣うようになり、態度が変化し、休日の外出が増えた場合、浮気の可能性があります。

不倫は日本では犯罪ではありませんが、民法上の「不法行為」に当たり、慰謝料の支払いや離婚事由となる可能性があります。

不倫の慰謝料は、精神的苦痛に対する賠償金として請求できます。

詳しくみる ⇒参照元: 不倫とは?浮気との違い|浮気の兆候や慰謝料を弁護士が解説

不倫を生み出す脳と環境

男性が不倫する可能性を高める、声の特徴は何ですか?

低い声

最近の研究では、声と不倫の関係性が明らかになっています。

女性は低い声の男性を浮気相手として選択する傾向があり、不倫のリスクを高めます。

また、男性は声の高い女性を好む傾向があります。

さらに、年収が高くなる男性は不倫をする傾向があり、夫婦が離れて暮らす環境も不倫のリスクを高めます。

ただし、これらは相関関係であり、必ずしも高収入や離れて暮らしているから不倫をするとは限りません。

詳しくみる ⇒参照元: 不倫が起きやすい家庭、“科学的”4つの環境とは

不倫と浮気の境界線

配偶者以外と肉体関係を持たなければ浮気にならないのか

浮気は「配偶者や恋人がいるにもかかわらず他人に恋愛感情を持つ・愛情が移ってしまうこと」であり、肉体関係の有無は関係ありません。

既婚者が配偶者以外と肉体関係を持たなければ「不倫」にはなりませんが、「浮気」にはなります。

詳しくみる ⇒参照元: 不倫と浮気の違いを徹底解説!不倫のきっかけと慰謝料を請求する...

不倫慰謝料の請求期限と解決方法

不倫慰謝料の請求期限が迫っている場合に最初に取るべき行動は?

内容証明郵便で慰謝料を請求する

不倫慰謝料の請求には期限があり、過ぎると請求権が消滅します。

期限が迫っている場合は、まず内容証明郵便で慰謝料を請求しましょう。

その後、相手からの反応に応じて話し合いによる解決を試みます。

話し合いが難しい場合は、弁護士を代理人として立てたり、裁判手続きによる解決を検討します。

裁判所の手続きは時間がかかり費用も負担も大きくなりますが、話し合いによる解決は柔軟で費用を抑えることができます。

詳しくみる ⇒参照元: 不倫と浮気の違い。慰謝料請求や離婚できる不貞行為とは?

不貞行為の証拠

不貞行為があったと判断されるために裁判で必要なものは?

証拠

不貞行為を疑うきっかけには、残業や出張の増加、普段利用しない店舗での購入、スマートフォンロックの厳重化などが挙げられます。

不貞行為の証拠としては、不倫相手とのメールやメッセージ、性交渉をうかがわせる画像、不倫の自白などが挙げられます。

裁判で不貞行為を立証するには、これらの証拠が必要になります。

また、相手が不貞行為を認めた場合は、証拠は不要です。

詳しくみる ⇒参照元: 不倫と浮気の違い。慰謝料請求や離婚できる不貞行為とは?

ダブル不倫の慰謝料請求

慰謝料の請求をできるのは誰か?

不倫された配偶者

ダブル不倫では、夫に不倫された妻と、妻に不倫された夫が、それぞれ不倫相手と自分の配偶者に慰謝料を請求できる。

そのため、慰謝料請求は通常不倫の2倍の4方向になる。

慰謝料請求には、不倫の証拠が必要となる。

詳しくみる ⇒参照元: W不倫(ダブル不倫)の始まるきっかけや、ハマりやすい人の特徴...

浮気の境界線: 異性の友達との付き合いはどこから?

浮気と認められる明確な境界線は?

相手によって異なる

浮気の定義は、カップルによって異なるため、双方でよく話し合って決める必要がある。

浮気とみなされる境界線としては、自分がされて嫌なことはしない、相手の嫌がることはしない、意図せず嫌なことをしてしまった場合は謝る、などが挙げられる。

また、隠れて会うことや、相手に紹介できない関係は、多くの場合浮気とみなされる。

異性の友達と遊ぶこと自体が浮気かどうかは、肉体関係の有無や相手への隠し事の有無によって異なる。

詳しくみる ⇒参照元: 不倫と浮気の違いを徹底解説!不倫のきっかけと慰謝料を請求する...

不貞行為・不倫・浮気の相違点

法的な救済を受けるためには、パートナーとの関係においてどの行為が必要ですか?

不貞行為

不貞行為とは、配偶者以外の相手と肉体関係を持つ行為です。

不倫とは異なり、当事者のいずれかが既婚者であることが条件です。

不貞行為は、慰謝料や離婚などの法的な救済を受けるための重要なポイントになります。

一方、浮気はパートナー以外の相手との交際関係を指し、独身者同士でも成立します。

ただし、法的な救済を受けるためには、不貞行為に該当する必要があります。

独身者同士の浮気では、通常は慰謝料を請求することはできません。

詳しくみる ⇒参照元: 不倫はどこから?不倫の意味・不貞行為や浮気との違い|弁護士解...

W不倫の早期解決のための弁護士依頼の重要性

W不倫の早期解決のために、いつ弁護士に依頼するのが効果的か

なるべく早い段階

W不倫は複雑な関係性のため、初期対応から弁護士を介入させることで早期解決につながる。

弁護士が代理人として対応することで相手との直接交渉が不要となり、精神的負担を軽減できる。

また、慰謝料請求時に有利なアドバイスを受けたり、被害者として慰謝料請求する場合にも有効。

詳しくみる ⇒参照元: W不倫(ダブル不倫)の始まるきっかけや、ハマりやすい人の特徴...

不倫・浮気防止策:男女別ガイド

不倫・浮気を防ぐ方法として、女性が意識すべきことは?

女性であることを忘れないこと

男女別の不倫・浮気防止策が紹介されています。

男性編では、身だしなみや体臭に気をつけ、奥さんに愛情表現することが重要とされています。

女性編では、女性であることを忘れないことが強調されています。

中年になってもムードを大切にし、化粧や身だしなみに気を配ることで、男性に魅力的に映るよう努めることが推奨されています。

夫婦であっても、セックス以外のスキンシップを重視することが、雰囲気を醸成する上で重要とされています。

詳しくみる ⇒参照元: 不倫と浮気の違いを徹底解説!不倫のきっかけと慰謝料を請求する...

裁判所での不倫慰謝料請求

裁判所が勧める和解が決裂した場合、どのように決着がつくのか?

判決

調停不成立となった場合は裁判へ移行し、そこで和解が成立しない場合は判決によって不倫の有無や慰謝料の金額が言い渡される。

本人での裁判も可能だが、弁護士に依頼することで法的な内容を理解した主張を展開できる。

不倫慰謝料の請求には時効があり、請求前に時効が迫った場合は内容証明郵便や裁判を起こすことで猶予される。

慰謝料の相場はケースによって異なり、判例では配偶者から400万円、不倫相手から220万円が支払われた例がある。

詳しくみる ⇒参照元: 浮気・不倫の慰謝料|相場や請求できる条件、請求方法など

ダブル不倫の慰謝料請求のポイント

ダブル不倫で慰謝料請求をする場合、どうすれば有利に運べる?

弁護士に依頼する

ダブル不倫の慰謝料請求は複雑で、法律の知識がないと不利になりやすい。

そのため、弁護士に依頼して、慰謝料の増額を目指すことが有利に運ぶ秘訣となる。

弁護士は、慰謝料が増額するポイントを熟知しており、自分だけで請求するよりも高い金額での請求が可能。

また、相手が応じない場合にも弁護士が対応してくれるため、慰謝料請求がスムーズに進む可能性が高まる。

詳しくみる ⇒参照元: W不倫(ダブル不倫)の始まるきっかけや、ハマりやすい人の特徴...