Academic Box Logo

メキシコの売春事情を徹底解剖!!危険な側面と魅惑の体験を大公開

メキシコの売春事情を徹底解剖!!危険な側面と魅惑の体験を大公開

ライターのYUKOです。今回は、メキシコにおける売春事情について掘り下げていきます。

メキシコ・ティファナへのセックス観光

アメリカ人男性がメキシコ・ティファナに集まる理由は?

セックスを求めて

サンディエゴ在住のテクノロジー系男性「hookerfucker1」は、アメリカ人男性がセックスを求めてメキシコ・ティファナに集まる理由について、「アメリカ国内では困難になった」と説明しています。

ティファナは買春ツアーで評判がよく、売春が合法であるため、相手を見つけるのは容易です。

hookerfucker1はredditの掲示板で、ティファナの売春事情に関するアドバイスを提供しています。

詳しくみる ⇒参照元: 「女性を誘うのはもう安全じゃない」 #metoo を恐れ国境...

ティファナにおける買春ビジネスの歪み

アメリカ人男性はなぜティファナに買春に行くのか?

二流市民扱いされないため

ティファナでは売春は合法であり、アメリカ人男性客は好きなようにやりたい放題できると考えている。

そのため、彼らはこの街を狩場のように捉え、女性を「ターゲット」と呼び、品定めし、接近し、手に入れる対象と見なしている。

また、この街では質が高く手頃な値段で売春サービスが受けられ、クーポンやVIPカードで割引も手にすることができる。

このような背景から、アメリカ人男性はティファナに買春に行くのである。

詳しくみる ⇒参照元: 「女性を誘うのはもう安全じゃない」 #metoo を恐れ国境...

メキシコの魅力

メキシコでは、女の子がいくらで買えるのか?

約2400円

メキシコでは、400ペソ(約2400円)で若い女の子を買うことができる。

ある日本人が実際に購入したが、結局900ペソ(約5000円)ほど取られた。

しかし、彼は満足していた。

メキシコではタコスが美味しくて、毎日食べていた。

特にパストゥール(ケバブ肉)とビステック(牛肉)がおすすめ。

詳しくみる ⇒参照元: マリファナと売春婦の街メキシコシティー、あとタコスも。

メキシコシティの風俗で安全に女性を捕まえる方法

メキシコシティの風俗でチャレンジすべき相手は?

たちんぼ

メキシコシティの風俗で安全かつ手軽に女性を見つけるには、街中に立っているたちんぼ売春婦にアプローチするのが最も有効です。

レベルはまちまちですが、若い女性も中にはおり、手っ取り早く女性を捕まえられます。

ただし、メキシコシティは治安が悪いので注意が必要です。

詳細な場所はGoogleマップを参照してください。

詳しくみる ⇒参照元: メキシコシティの風俗や夜遊びの種類は?たちんぼはラテンの腰つ...

メキシコシティの風俗体験

メキシコシティのたちんぼ売春婦とホテルで交渉した際の料金はいくらでしたか?

約1,200円

ティファナの風俗に関する記事の中で、著者はメキシコシティのたちんぼ売春婦との遭遇について語っています。

著者はスペイン語で交渉し、コンドームが大量に入った透明なバッグを持ったグラマラスなラテン女性と200メキシコペソ(約1,200円)で合意しました。

この女性と一緒にヤリホテルに入り、熱く燃えるような体験をしたそうです。

詳しくみる ⇒参照元: メキシコシティの風俗や夜遊びの種類は?たちんぼはラテンの腰つ...

メキシコシティの危険な夜遊び

メキシコシティで最も危険な地区は?

テピト(TEPITO)地区

メキシコシティは治安が悪く、テピト地区は特に危険です。

強盗、誘拐、マフィア抗争などあらゆる犯罪が横行し、外国人も被害に遭っています。

テピト地区には格安の風俗店がありますが、治安上の問題があります。

詳しくみる ⇒参照元: メキシコシティの風俗や夜遊びの種類は?たちんぼはラテンの腰つ...

メキシコシティの風俗事情

メキシコシティの風俗で安全に遊べる場所は?

マッサージパーラー

メキシコシティは治安の悪いエリアが多いが、風俗や夜遊びは安価で楽しめる。

その中でも、安全に遊べるのが「マッサージパーラー」だ。

店舗で女の子を選んで対戦でき、料金は850メキシコペソ(約5,100円)。

3Pも可能で、清潔な環境で遊ぶことができる。

なお、エロマッサージは本番不可だが手コキサービスあり、置屋は危険を伴うため注意が必要だ。

詳しくみる ⇒参照元: メキシコシティの風俗や夜遊びの種類は?たちんぼはラテンの腰つ...

メキシコ到着から日本人宿への移動

空港シャトルバスを利用する際、カードにチャージした金額はどうなるか

全てチャージされてしまう

メキシコに到着した際には空港内の芝生で夜を明かし、早朝にフリーWi-Fiを利用して時間を潰した。

市内への移動はシャトルバスで、カードにチャージすることで利用可能。

チャージされた金額はカード代金も含めて全額チャージされるため、おつりは出ない。

メキシコ滞在中は地下鉄やバスでこのカードを利用することができる。

メキシコには日本人宿が2つあり、Wi-Fiの速度を重視するならペンションアミーゴがおすすめ。

詳しくみる ⇒参照元: マリファナと売春婦の街メキシコシティー、あとタコスも。

メキシコシティ女性のパンツスタイルへのこだわり

メキシコシティの女性がスカートを避ける理由は?

選択肢がない

メキシコシティの女性は、パンツスタイルを好み、スカートはめったに着用しません。

地元の女性にその理由を尋ねたところ、「選択肢がない」と答えたそうです。

彼女たちにとって、パンツスタイル以外はありえない選択肢のようです。

そのため、メトロなどで観察すると、ほとんどの人がジーンズや長ズボンを履いています。

たとえ暑い夏でも、足を見せることはほとんどありません。

ロングスカートも滅多に見かけません。

詳しくみる ⇒参照元: 女性必見!メキシコシティで絶対ngな服装とは|Viva! M...

売春の家族ビジネス

暴力的な同居人と、売春する母娘

売春による家族ビジネス

メキシコ国境近くのティファナでは、売春が家族ビジネスとして受け継がれているケースがある。

母娘で売春するケースだけでなく、祖母や曾祖母まで遡って売春してきた家も存在する。

パトリシアとラウラ母娘も取材を中断して売春に出かけた。

ラウラには20代の妹もいるが、取材には参加できなかった。

パトリシアの同居人は元兵士で障害手当を期待していたが、手当は得られず、暴力に及ぶようになった。

母親だけでなく、言語障害のあるラウラの弟にも暴力を振るっている。

詳しくみる ⇒参照元: 「女性を誘うのはもう安全じゃない」 #metoo を恐れ国境...

メキシコシティで女性がスカートを着ない理由

メキシコシティではなぜ女性がスカートを着用しないのか?

売春婦とのイメージが強いから

メキシコシティではミニスカートは売春婦のイメージが強く、女性はスカートを着用しない。

メキシコシティでは売春が公然と行われており、街角で客待ちをする売春婦が多く、彼女らはミニスカートを着用している。

そのため、メキシコシティではミニスカート=売春婦という暗黙のルールがあり、一般女性はスカートを避ける。

詳しくみる ⇒参照元: 女性必見!メキシコシティで絶対ngな服装とは|Viva! M...

メキシコシティでの痴漢対策:服装の落とし穴

メキシコシティで痴漢被害に遭わないためには、どんな服装を避ければよいですか?

ショートパンツにタイツの重ね着

メキシコシティでは、ショートパンツにタイツの重ね着は売春婦の典型的な服装と見なされます。

また、くるぶし丈のロングスカートも避けましょう。

先住民の女性を象徴する服装と認識されており、差別的な意味合いを持つ可能性があります。

そのため、メキシコシティの女性は通常、ロングスカートを着用しません。

痴漢対策としては、タイツを着用する場合は100デニール以上の厚手のものを選びましょう。

詳しくみる ⇒参照元: 女性必見!メキシコシティで絶対ngな服装とは|Viva! M...

メキシコシティのファッションの暗黙のルール

メキシコシティの女性が公共の場でパンツスタイルのファッションをする理由は何ですか?

安全のため

メキシコシティの女性は、自身の安全を守るため、肌を露出しないパンツスタイルのファッションを好んでいます。

そのため、パーティーやクラブなどの特別な場であっても、公共の場ではスカートをはかないのが一般的です。

また、高級志向の若い女性は、タクシーを利用することで、派手な服装でも安全に外出しています。

メキシコシティを訪れる際には、公共の場でパンツスタイルのファッションを心掛け、不必要な視線や危険を避けることが大切です。

特に女性は、ファッションに気を配り、安全にメキシコシティを楽しみましょう。

詳しくみる ⇒参照元: 女性必見!メキシコシティで絶対ngな服装とは|Viva! M...

旅人特有の雰囲気を避けるようになった旅人

なぜ旅人は旅人特有の雰囲気を嫌うようになったのでしょうか?

必要以上の関わりを避けるようになったから

旅人独特の雰囲気を苦手になった旅人は、過剰な交流を避け、SNSの連絡先を自ら聞くのをやめた。

同室で2週間過ごした人でも、今後も繋がりを保つ可能性があるが、それは「もったいない」という理由ではなく、その時期特有のものだと認識している。

メキシコシティでは、マリファナの香りが旅人の記憶に強く残ったが、旅人は喫煙者ではないものの、その香りを不快に思っていない。

詳しくみる ⇒参照元: マリファナと売春婦の街メキシコシティー、あとタコスも。

メキシコシティにおける女性の服装の注意点

メキシコシティで女性がミニスカートをはくと、どのような扱いをされる可能性がありますか?

売春婦と見られる

メキシコシティでは、女性がミニスカートをはいていると「売春婦」と認識される可能性が高く、男性から不快な声をかけられる場合があります。

また、外国人であっても「メキシコシティの暗黙のルールをよくわかっていない人」と見られてしまい、犯罪者に目を付けられる危険性もあります。

そのため、メキシコシティでは女性は足を露出する服装を避けるべきです。

詳しくみる ⇒参照元: 女性必見!メキシコシティで絶対ngな服装とは|Viva! M...
メキシコにおける風俗産業は、女性の人権や社会における女性の役割など、複雑な問題を提起しています。