Academic Box Logo

ビッグモーター不正問題: その実態と影響

ビッグモーター不正問題: その実態と影響

ライターのYUKOです。ビッグモーター不正問題について、その実態と影響を解説します。

ビッグモーター不正請求の深層:企業体質が浮き彫り

ビッグモーター不正請求の深層:企業体質が浮き彫りhttps://newsatcl-pctr.c.yimg.jpビッグモーターの不正請求の背景には、どのような企業体質があったとみられているか

成果至上主義

中古車販売大手「ビッグモーター」が不正な保険金請求を行っていたことが発覚し、社長が辞任した。元従業員や関係者によると、不正の背景には、会社全体の「利益優先主義」や「成果至上主義」の体質があったという。元工場長は、台風の時には故意に車を傷つけ、あたかも飛来物に当たったように見せかけて保険金を水増し請求していたと証言している。また、ビッグモーターは損保会社と密接な関係があり、不正請求を黙認するような構造があったとみられている。国土交通省は本格的な調査に乗り出し、不正の全容解明を目指している。詳しくみる ⇒参照元: ビッグモーター不正請求問題 背景に過酷なノルマ

ビッグモーター不正請求の仕組みと被害者

ビッグモーター不正請求の仕組みと被害者https://kanagawa-yc.jpビッグモーターによる不正請求の被害者は誰か?

交通事故の被害者

ビッグモーターは交通事故の被害者の車を修理する際に、車を傷つけたり、水増し請求をしたりする不正行為を行っていた。被害者は、交通事故に遭って車を修理するためにビッグモーターを利用した人たち。詳しくみる ⇒参照元: 【図解】ビッグモーターの不正請求の仕組みを超わかりやすく解説...

中古車販売店の保険金不正請求問題

中古車販売店の保険金不正請求問題https://yomiuri.co.jp故意に車を傷つけて保険金を不正に請求していた販売店は?

ビッグモーター

中古車販売大手のビッグモーターが、顧客から預かった車を故意に傷つけるなどして保険金を不正請求していた問題が明らかになりました。外部調査委員会の報告書によると、ドライバーでひっかいて傷をつけたり、ゴルフボールを靴下に入れてたたいて傷を広げたりするなど悪質な行為が行われていました。また、必要のない部品を交換するなどして修理代を水増しし、保険会社から不正に保険金を得ていた疑いがあります。サンプル調査では、44%のケースで不適切な行為が行われていたとされています。この不正行為は、顧客の信頼を裏切るだけでなく、車の安全性にも問題が生じる可能性があり、許されない行為です。詳しくみる ⇒参照元: 消費者への裏切り ビッグモーターの不正行為 今後の焦点は N...

ビッグモーター不正の闇:成果至上主義と歪んだ企業風土

ビッグモーター不正の闇:成果至上主義と歪んだ企業風土https://nhk.jp中古車販売大手「ビッグモーター」で不正が起きた理由は何ですか?

成果至上主義と歪んだ企業風土

中古車販売大手「ビッグモーター」では、故意に車体を傷つけたり、不必要な部品を交換したりするなど、さまざまな不正な手段を用いて保険金を水増し請求していました。この不正は、成果至上主義と歪んだ企業風土が原因とされています。元従業員は、「不正は日常茶飯事」だったと証言し、不正を始めた当初は罪悪感があったものの、次第に感覚が麻痺していったと語っています。調査報告書によると、検証対象となった案件のうち、不適切な行為が行われた疑いがあったものは約4割、作業員の半数近くが不正に関与したか、目撃したと回答しています。詳しくみる ⇒参照元: ビッグモーター 寄せられた声から見えてきた「不正」の実態

修理部門のノルマと修理費用の水増し

修理部門のノルマと修理費用の水増しhttps://kanagawa-yc.jp修理部門にノルマが課された理由は?

ノルマの達成のために

ビッグモーターでは、修理部門に営業ノルマに相当する「@」が課されていた。本来、修理部門にノルマは課されないが、ビッグモーターでは修理費用の水増しによる利益追求のためにノルマ制度が導入されていた。修理部門は、わざと傷をつけて修理費用を水増しし、損害保険会社に過剰な修理費用を請求していた。これにより、損害保険会社は大手保険会社を含む複数の企業から過剰な保険金を支払っていた。詳しくみる ⇒参照元: 【図解】ビッグモーターの不正請求の仕組みを超わかりやすく解説...

厳しいノルマ達成のプレッシャー

厳しいノルマ達成のプレッシャーhttps://i.ytimg.com社員のノルマを達成できなかった場合、どのようなペナルティが科せられるのか?

降格

自動車販売店「ビッグモーター」では、ノルマを達成できない社員には厳しいペナルティが科せられている。達成できない場合、「一発降格」となり、店長職であれば一般営業や受付業務、整備士などへの降格が行われる。降格による収入ダウンは大きく、月給で35万円から100万円の減少となる場合もある。このため、社員はノルマ達成にプレッシャーを感じている。詳しくみる ⇒参照元: 不正発覚の後も"ノルマ達成を指示"…ビッ...

ビッグモーター水増し修理の影響

ビッグモーター水増し修理の影響https://nhk.or.jpビッグモーターの水増し修理によって影響を受けたのは誰?

消費者

ビッグモーターの水増し修理により、利用者や保険会社が損害を被りました。利用者は、水増しされた分を自己負担で支払った場合、余計な負担を強いられました。保険を利用した場合、翌年以降の保険料が上昇しました。また、保険会社は過大な保険金を支払ったため、他の契約者の保険料も割高になった可能性があります。詳しくみる ⇒参照元: 消費者への裏切り ビッグモーターの不正行為 今後の焦点は N...

ビッグモーターの理不尽な降格処分

ビッグモーターの理不尽な降格処分https://response.jpビッグモーターの降格処分の決定基準は明らかだった?

ビッグモーターでは、環境整備点検の前日には夜遅くまで必死に準備や清掃を行う社員がいたほど、降格処分が理不尽に行われていた。上司の機嫌を損ねただけで降格になった者もいた。また、清掃が不十分だったり、チェックシートが不足していたりしただけで、他の評価が良くても0点とされて降格となる場合もあった。こうした横暴な処分は、経営陣の顔色をうかがう異常な企業風土の一因となり、不適切な保険金請求につながったと分析されている。高額な給与が社員を会社に残留させる要因の一つだった。詳しくみる ⇒参照元: ビッグモーター 寄せられた声から見えてきた「不正」の実態

ビッグモーター不正行為の全容

ビッグモーター不正行為の全容https://www3.nhk.or.jpビッグモーターの調査報告書で明らかになった全国の工場における不正行為の内容は何か?

多岐にわたる不正行為が組織的に実施された

ビッグモーターの調査報告書では、全国33工場すべてで水増し請求が行われていたことが明らかになりました。工場長の指示により、多岐にわたる不正行為が組織的に実施されており、その内容は、保険金請求時の修理費の過剰請求や、不必要な修理の推奨、保険会社への虚偽の請求などが含まれていました。また、一部の工場では、タイヤをパンクさせるための指導が行われていたことも報告されています。この不正行為は、損害保険会社による過剰請求の疑いを受け、2022年8月に報道されました。その後、ビッグモーターは特別調査委員会を設置し、調査を実施しました。調査報告書は2023年7月18日に公開され、この組織的な不正行為が明らかになりました。国土交通省は、この不正行為に関与した24人の自動車検査員を解任し、ビッグモーターに対して処分を行う予定です。詳しくみる ⇒参照元: ビッグモーター

保険金不正請求問題と損保業界への影響

保険金不正請求問題と損保業界への影響https://i.ytimg.com損保ジャパンが不正を把握した時期は?

2023年6月26日

2023年6月26日、ビッグモーターの不正請求疑惑が浮上し、損保ジャパンは損保各社と保険代理店契約を結ぶ大手4社、中堅3社に保険業法に基づく報告徴求命令を出した。損保ジャパンでは簡易査定チームを設立し、ビッグモーター向けの査定を行っていた。損害保険料率算出機構も保険会社に報告を求め、ビッグモーター関連の不正請求を今後の保険料率の算定に反映させることを発表した。保険会社とビッグモーターの関係は密接で、自賠責保険の割り振りがお互いの利益につながっていたと報じられている。詳しくみる ⇒参照元: ビッグモーター

自動車販売会社の不正防止策と信頼回復

自動車販売会社の不正防止策と信頼回復https://nhk.or.jp消費者の不安を解消するために自動車販売会社に求めることは?

丁寧な対応

ビッグモーターの不正問題を受けて、再発防止策として、企業の内部通報体制強化と損保業界による不正見抜きの体制強化が求められている。また、損保会社は利用者利益を優先し、政府は情報感度向上と企業外への告発しやすい制度強化を検討すべきだ。さらに、不正の実態解明、被害回復、信頼回復に向けた納得できる対策が求められている。詳しくみる ⇒参照元: 消費者への裏切り ビッグモーターの不正行為 今後の焦点は N...

自動車保険不正で広がる不安

自動車保険不正で広がる不安https://news.ntv.co.jp保険会社が自賠責保険の契約を有利にするために、何社を紹介していたか

ビッグモーター

保険会社は、自動車事故の契約者にビッグモーターを紹介し、紹介実績に応じて自賠責保険の契約を割り振っていました。不正の可能性がある情報が寄せられても、十分な調査をせずに紹介を再開し、損害査定も簡略化していました。これにより、消費者に不安が広がり、整備不良車の販売や必要な点検の未実施、不必要な保険の契約などの疑惑が浮上しています。金融庁は、契約者の保護に欠ける問題が認められた場合、厳しく対処する方針です。詳しくみる ⇒参照元: 消費者への裏切り ビッグモーターの不正行為 今後の焦点は N...

整備工場不正の背景:ノルマとプレッシャー

整備工場不正の背景:ノルマとプレッシャーhttps://cdn.snsimg.carview.co.jpビッグモーターにおける修理代金の基準はどのように決まっていたのか?

ノルマ

ビッグモーターでは、修理代金の基準が「平均14万円前後」というノルマで決められていた。このノルマが達成できなければ、社員は叱責や降格処分を受けていた。そのため、社員は経営陣の意向に過度に委縮し、顧客の要望よりもノルマ達成を優先する企業風土が形成されていた。このプレッシャーが、不正につながったと報告書は指摘している。また、国土交通省も、全国の整備工場に対して不正調査を行い、法令違反が認められれば営業停止などの処分を検討している。詳しくみる ⇒参照元: 消費者への裏切り ビッグモーターの不正行為 今後の焦点は N...

不正請求の仕組み:水増し保険金の行方

不正請求の仕組み:水増し保険金の行方https://kanagawa-yc.jp水増しした保険金の最終的な行き先は?

ビッグモーター

ビッグモーターは保険金請求を不正に水増しし、その差額を利益として得ていた。この不正請求の被害者は、保険料を支払っていた無関係の一般ユーザーである可能性が高い。ビッグモーター元幹部の中野優作氏は、この不正行為が修理件数の4割強で行われ、総額4995万円にのぼったと指摘している。詳しくみる ⇒参照元: 【図解】ビッグモーターの不正請求の仕組みを超わかりやすく解説...

ビッグモーター不正: 保険会社出向社員の不正認識判明

ビッグモーター不正: 保険会社出向社員の不正認識判明https://www3.nhk.or.jp保険会社からビッグモーターに出向していた社員は、不正認識に関与していたか?

いた

自動車販売大手ビッグモーターでは、損害保険会社から出向した社員の一部が、同社で行われていた不正を認識していたことが明らかになった。元工場長によると、出向社員は修理見積もりや顧客対応業務に従事し、不正に関する情報を有していた。ビッグモーターは当初、出向社員の不正関与を否定していたが、元工場長の証言により事実関係が覆った。この不正では、中古車の修理代金を水増し請求するなどの手口で、不正利益が得られていた疑いがある。ビッグモーターは現在、社内調査を進めており、出向社員の具体的な関与や不正の全容解明が待たれる。詳しくみる ⇒参照元: ビッグモーター"損保出向者 不正認識の人いた&qu...