Academic Box Logo

ダウン症における筋緊張低下: 様々な症状の主要な要因

ダウン症における筋緊張低下: 様々な症状の主要な要因

こんにちは、ライターのYUKOです。今回はダウン症における筋緊張低下について、その症状や原因について詳しくお伝えします。

ダウン症候群:染色体異常とその特徴

ダウン症候群とは何ですか?

染色体異常

ダウン症候群は、21番目の染色体が通常2本あるところ3本存在する染色体異常です。

新生児約600~800人に1人がダウン症候群で、心身の成長が緩やかで、合併症を伴うことが多くあります。

医療や支援が進んでいるため、多くの人は普通学校や社会生活を送れます。

詳しくみる ⇒参照元: ダウン症候群について

ダウン症候群と筋力低下

ダウン症候群の人々は筋力が強いというのは科学的に証明されているのか?

いいえ

ダウン症候群は21番染色体の余分な遺伝物質によって引き起こされ、妊娠中か出産後に診断されます。

ダウン症候群の人は筋力が低下し、運動能力の習得がより困難になります。

長年、ダウン症候群の人は強いという信念がありましたが、これは科学的に証明されていません。

実際には、筋緊張が低く、刺激に敏感で、他人からの影響を受けにくいです。

筋緊張の低下により、「柔らかく」感じられる場合がありますが、筋肉の力は低下しています。

したがって、ダウン症候群の人は多くの点で強いですが、筋肉の力は低くなっています。

また、この病気は骨量と骨の形状にも影響を与えます。

詳しくみる ⇒参照元: ダウン症候群:筋肉と骨への影響

ダウン症候群と運動機能

ダウン症候群の人の運動能力に影響を与える身体的特徴は何ですか?

筋緊張低下と超柔軟性

ダウン症候群の人は、筋緊張低下と超柔軟性という2つの特徴的な身体的特徴を持っています。

筋緊張低下は、筋肉や関節の感覚構造からの固有受容フィードバックに影響を与え、関節収縮と姿勢反応の効率を低下させます。

超柔軟性は、関節可動性の増加につながり、姿勢制御の欠如と関節の安定性の悪化を引き起こす可能性があります。

これらの身体的特徴は、ダウン症候群の人々の運動能力に影響を与え、関節脱臼のリスクを高めます。

詳しくみる ⇒参照元: ダウン症候群:筋肉と骨への影響

ダウン症の発生率と特徴

ダウン症の発生率はどの程度ですか?

1000人に1人

ダウン症は21番染色体が過剰に存在する疾患で、発生率は1000人に1人です。

母親の年齢が高いほど発生率が高くなり、35歳以上では300人に1人、40歳以上では100人に1人です。

ダウン症を持つ児童は音楽やリズムに優れた能力を発揮することが多く、新しい環境にすぐに慣れることは難しい傾向にあります。

詳しくみる ⇒参照元: ダウン症

ダウン症の基礎知識

ダウン症の原因は何か?

21番目の染色体が3本あること

ダウン症は、21番目の染色体が3本あることで起こる遺伝的疾患です。

3つのタイプがあり、標準型21トリソミー型、モザイク型、転座型に分けられます。

全般的に発達が遅く、筋緊張低下や合併症などの症状が見られます。

視覚的な認知処理が得意である傾向があります。

詳しくみる ⇒参照元: ダウン症とは?タイプの違いや発達の特徴、年齢別にみる生活の様...

ダウン症の赤ちゃんの筋肉の低緊張

ダウン症の赤ちゃんは、一般の赤ちゃんに比べて具体的にどのような状態にあるのか?

筋肉の緊張が低い

ダウン症の赤ちゃんは、筋肉の緊張が低く、体を支える筋肉の張りが弱い状態にあります。

これは専門用語で「筋肉の低緊張」や「筋緊張低下」と呼ばれます。

そのため、抱っこするとフニャフニャしているように感じることが多く、一般の赤ちゃんとは異なる特徴が見られます。

詳しくみる ⇒参照元: ダウン症の筋肉。緊張が低いことが様々な症状の大きな要因

ダウン症の赤ちゃんの筋肉緊張低下の影響

ダウン症のある赤ちゃんの筋肉の緊張が低いと、心身にどのような影響があるか

心身の成長に影響。

ダウン症のある赤ちゃんの筋肉の緊張が低いと、心身の成長に影響が出ることがあります。

具体的には、運動能力の低下や、姿勢の崩れ、呼吸器系の問題などが生じる可能性があります。

筋肉の緊張が低い状態は、「弛んだゴム」や「使い古したゴム紐」のように表現されることがあり、筋肉の力が弱く、伸びやすい状態を指します。

そのため、赤ちゃんは体を支えたり、動いたりするのが困難になり、発達が遅れることがあります。

また、姿勢の崩れは、骨格の変形や、呼吸器系の問題につながる可能性があります。

したがって、ダウン症のある赤ちゃんの筋肉の緊張が低い場合には、適切なケアやリハビリテーションが必要となります。

詳しくみる ⇒参照元: ダウン症の筋肉。緊張が低いことが様々な症状の大きな要因

ダウン症の子育てのヒント

ダウン症の特徴として、どのような身体的・発達的な症状が見られるか?

筋緊張低下、心臓・胃・目の問題、知能低下

ダウン症とは21番染色体の過剰によって起こる症候群で、標準型、転座型、モザイク型の3種類があります。

身体的な症状として筋緊張の低下、心臓、胃、目の問題がみられ、発達面では知能の低下が特徴です。

ダウン症の子育てには悩みや苦労が伴いますが、適切なサポートを受けることで、成長を促すことができます。

詳しくみる ⇒参照元: 【医師監修】ダウン症とは ー 症状や特徴、子育てのヒントにつ...

ダウン症児のケア

ダウン症児の運動機能にどのような影響がみられるか?

発達遅延

ダウン症児は、運動機能の発達が遅れる傾向があり、肥満になりやすいです。

また、言語発達の遅れもみられ、治療としては、理学療法、言語療法、作業療法などが行われる場合があります。

さらに、聴力や視力障害があることも多いため、定期的な検査が必要です。

詳しくみる ⇒参照元: 【医師監修】ダウン症とは ー 症状や特徴、子育てのヒントにつ...

ダウン症児の特徴を分かりやすく表現する喩え

ダウン症児育児経験者である著者が分かりにくいと感じた、ダウン症児の特徴を表現する喩えとは?

弛んだゴム

ダウン症児の特徴を表現する喩えとして、著者は「弛んだゴム」や「弛んだバネ」が分かりやすいと感じたと述べています。

これらの喩えは、本来はピンと張っているべきものが弛んでいるため、引き戻す力が弱い状態を表現しようとしています。

詳しくみる ⇒参照元: ダウン症の筋肉。緊張が低いことが様々な症状の大きな要因

ダウン症児との生活の悩み

ダウン症のある子どもの保護者が抱える悩みとはどのようなものがありますか?

乳児期・幼児期・児童期以降の悩み

ダウン症のある子どもの保護者は、乳児期、幼児期、児童期以降でさまざまな悩みを抱えています。

乳児期では、母乳の飲みづらさや、首がすわりづらいといった発達に関する悩みが中心です。

幼児期では、言葉の遅れや、集団行動への不適応が目立ち始めます。

児童期以降では、学習の遅れや、二次障害の発生が懸念されます。

二次障害とは、ダウン症に伴って起こる、白血病や心臓病などの合併症です。

保護者は、適切な医療と療育を受けることで、子どもの発達を促し、二次障害のリスクを軽減することができます。

詳しくみる ⇒参照元: ダウン症のある子どもとの生活

ダウン症の特徴と種類

ダウン症の特徴的な顔立ちの特徴は?

両目が広く見え、つり目で、鼻が低い

ダウン症は21番染色体が1本多いことによって起こる染色体異常の疾患です。

特徴的な顔立ちとして、両目が広く見え、つり目で、鼻が低くなります。

これは顔の中心部の骨の発達が遅いことが原因です。

また、筋緊張低下による力の弱さ、先天性心疾患、白内障、斜視などの眼の障害、消化管や耳の疾患も起こりやすいです。

ダウン症は標準型、転座型、モザイク型の3種類に分けられ、標準型が最も多く見られます。

詳しくみる ⇒参照元: ダウン症は老化が早い?40代から認知症も?ダウン症の寿命が伸...

ダウン症児の教育上の課題

ダウン症のある子どもが学業で直面する主な課題は何ですか?

授業についていくこと

ダウン症のある子どもは、成長するにつれて精神発達が遅れる傾向があり、知的能力に大きなばらつきがあります。

そのため、小学校以降は授業についていくことが困難になる場合が多く、特別支援学級や特別支援学校への転籍が必要になることがあります。

また、二次障害のリスクもあり、適切なサポートを受けないと、思春期以降にダウン症とは別の症状や状態を引き起こす可能性があります。

詳しくみる ⇒参照元: ダウン症のある子どもとの生活

ダウン症の赤ちゃんの体の柔らかさの理由

ダウン症の赤ちゃんの体が柔らかい理由は?

筋肉の緊張が低いこと

ダウン症の赤ちゃんの体の柔らかさは、筋肉の緊張が低いことに起因します。

この低緊張により、全身の筋肉や口の周りの筋肉が弱くなり、身体的成長や言語発達の遅れにつながります。

また、筋肉の緊張が低いと関節が過剰に曲がりや開き、可動範囲が大きくなります。

この関節の過可動性がダウン症の赤ちゃんの体の柔らかさの特徴となっています。

詳しくみる ⇒参照元: ダウン症の筋肉。緊張が低いことが様々な症状の大きな要因