Academic Box Logo

キングダム793話ネタバレ最新話!王翦敗走、秦軍崩壊の危機が迫る!

キングダム793話ネタバレ最新話!王翦敗走、秦軍崩壊の危機が迫る!

こんにちは、ライターのYUKOです。今回は、大人気のマンガ「キングダム」の最新話、793話のネタバレをお届けします。

キングダム最新話793話考察

王翦の決断の理由は何か?

亜光達の到着で時間稼ぎを図り、飛信隊と玉鳳隊の援軍を待つため

番吾の戦いで秦軍は最大規模の犠牲を出した。

その理由は、李牧の策略で王翦が撤退したにも関わらず、左右に分かれた兵に情報が伝わらず戦い続けたためと考えられる。

李牧は王翦を討つだけでなく、戦いを長引かせて秦軍の兵力を消耗させ、趙への侵攻を遅らせようとした。

一方、王翦は亜光の到着を待って時間稼ぎを図り、飛信隊と玉鳳隊の援軍を待っていたと考えられる。

詳しくみる ⇒参照元: キングダムネタバレ最新話793話の確定速報

亜光の死と王翦の決意

王翦は亜光の死をどう受け止めたか?

茫然自失

亜光が戦死し、王翦は茫然自失となった。

亜光は常に最前線で戦い、王翦を支えてきた頼れる部下だった。

亜光の死は王翦に大きな衝撃を与え、その場から動けなくなってしまった。

しかし、亜光の言葉を証明するためには、王翦は生き残らなければならない。

亜光の犠牲を無駄にしないため、王翦は奮起する。

また、王翦軍の倉央、糸凌、田里弥の安否も気になるところだ。

詳しくみる ⇒参照元: 最新ネタバレ『キングダム』792-793話!考察!亜光戦死!...

李牧の勝利と倉央の決意

司馬尚とカン・サロは何をしようとしているのか

王翦の首を取る

李牧率いる秦軍に追い詰められた司馬尚とカン・サロは、戦死した仲間の犠牲が無駄にならないように、王翦の首を取って青歌に戻ることを決意する。

そのために彼らは最前線に突入し、王翦の元まで到達した。

王翦本陣は限界に近づき、倉央は秦軍の勝利を悟る。

倉央は王翦を逃がすためにこの場に残ることを決意する。

詳しくみる ⇒参照元: 最新ネタバレ『キングダム』792-793話!考察!亜光戦死!...

王翦軍第一将・亜光、司馬尚に斬られ戦死

亜光が王翦を動かしたきっかけは?

倉央の一喝

亜光は王翦の目を覚まさせ、王翦軍が完全敗北する前に王翦を戦場から逃がすために、趙軍に向かって王翦の敗因が将校の責任であると叫びました。

また、亜光は王翦が復活し、中華全土にその偉大さを示すことを予言し、王翦は大将軍であると同時に国造りをする唯一無二の存在であると強調しました。

亜光の言葉に動かされた王翦はようやく立ち上がり、戦場を離れました。

亜光は李牧に「必ず最後に勝つのは王翦様である」と宣言し、司馬尚に斬られて戦死しました。

詳しくみる ⇒参照元: 最新ネタバレ『キングダム』792-793話!考察!亜光戦死!...

亜光:守備力の要

亜光が防御に特化している理由は?

守備力が高い

亜光は防御に特化した将軍であり、その守備力の高さから、正面から敵の攻撃を食い止めることができます。

そのため、味方が来るまでの時間を稼ぐことができ、反撃のチャンスを待つことができます。

また、趙軍が秦軍本陣に主力が集中したことで、道中の敵が減り、亜光が守ることで、信や亜花綿などの味方が到着するまでの時間を早めることができました。

詳しくみる ⇒参照元: キングダムネタバレ最新話793話の確定速報

李牧対王翦:最強の将軍は誰か?

王翦と李牧の戦いでは、どちらが勝利すると予想されていますか?

李牧

李牧と王翦の戦いは、李牧が勝利すると予想されています。

秦軍は番吾の戦いで大敗し、王翦は李牧を討ち取ることができませんでした。

秦王は李牧の裏切りを吹き込み、趙王に処刑させました。

その後、趙国を落とすことは容易となり、王翦は趙国を征服しました。

このことから、王翦は李牧が生きている間は勝つことができず、当時の最強は李牧だったことが分かります。

詳しくみる ⇒参照元: キングダムネタバレ最新話793話【確定速報】無敗の王翦ここで...

王翦の必勝の秘策

王翦が圧倒的に不利な戦いで勝利する自信を持つ理由とは?

秘策や勝ち筋がある

王翦は、不利な戦でも勝利を収める実績のある将軍です。

今回の戦いで、趙軍は地の利、数の利、軍容の利で優勢ですが、王翦はそれに打ち勝つ何かを持っていると推測されます。

王翦は「敵を欺くには、まず味方から」と発言しており、その秘策は戦いの直前まで明かされない可能性があります。

そのため、番吾の戦いは、李牧と王翦が騙し討ちを仕掛ける戦いになることが予想されます。

また、史実では騰が韓を滅ぼしているため、秦と韓が戦争状態になった場合、騰が韓を滅ぼす可能性が高いと考えられます。

詳しくみる ⇒参照元: キングダムネタバレ最新話793話【確定速報】無敗の王翦ここで...

司馬尚の反乱と新国の立国

趙国に対して恨みを持ち、中山国出身の民を守っていた可能性のある人物は誰?

司馬尚

趙国の王の傲慢さと暴虐により、李牧は趙王に振り回され、檻に入れられた。

一方、司馬尚は趙王の召集に応じず、青歌城から動かずにいた。

司馬尚が李牧を迎え入れ、番吾の戦いで共闘したのは、青歌軍の結束の強さと、趙国現状への不満から、李牧とともに趙国を変えようと立国を企てていた可能性がある。

李牧が処刑され、趙国も滅ぼされたため、司馬尚が想いを継いで立国に尽力した可能性がある。

詳しくみる ⇒参照元: キングダムネタバレ最新話793話【確定速報】無敗の王翦ここで...

キングダム793話考察:王翦の企み

王翦はなぜ逃走せず、何かを待っていると考えられているか?

飛信隊や王賁の到着を待っていると考えられている

キングダムの793話では、王翦を逃すことを考えて死亡した亜光と、王翦を逃すように託された倉央が登場します。

倉央は必死に王翦を逃そうとしますが、王翦は逃げようとせず、大ピンチに陥ります。

しかし、王翦には勝ち筋が見えていると考えられています。

その理由は、まだ戦場に現れていない飛信隊や王賁の到着を待っているためだと考えられています。

詳しくみる ⇒参照元: キングダムネタバレ790話最新話考察!メラ族が番吾を落とし形...

司馬尚の真の目的と青歌城の運命

司馬尚はなぜ趙王からの信頼を得ようとしているのか?

新国設立のため

かつて趙国に滅ぼされた中山国の末裔である青歌城の民を率いる司馬尚は、中山国の血を絶やさないために新国設立を目指しています。

趙王からの信頼を得ることで、青歌城の民の安全を確保し、新国設立に協力する武将を引き込みやすくなります。

司馬尚が大きな動きを見せなかったのは、趙国を憎み共闘する気持ちがないからではなく、故郷の土地を守ろうとしていたからです。

詳しくみる ⇒参照元: キングダムネタバレ最新話793話【確定速報】無敗の王翦ここで...

李牧と司馬尚の関係性

李牧と司馬尚の関係性はどのようなものですか?

上下関係ではない

李牧と司馬尚の関係性は明確ではありませんが、信頼関係はあるものの、上下関係ではない可能性があります。

司馬尚は李牧の策略に従わずに自由に戦う可能性があり、李牧の計画から逸脱する場面もあるかもしれません。

このすれ違いが秦軍にとって有利に働き、全滅を免れるきっかけとなる可能性があります。

詳しくみる ⇒参照元: キングダムネタバレ790話最新話考察!メラ族が番吾を落とし形...

王翦軍崩壊の危機

王翦軍に多大な犠牲をもたらした人物は?

亜光将軍

キングダム793話では、亜光将軍が司馬尚に討たれてしまう。

このため、秦軍の中央軍が敗走し、王翦軍に多大な犠牲をもたらす。

亜光将軍は王翦将軍に託され、殿を務め、司馬尚軍との間に立ちふさがる。

その結果、王翦軍は司馬尚軍と青歌の兵たちに追われることになる。

倉央は亜光将軍から王翦将軍のことを託され、殿を務める。

詳しくみる ⇒参照元: キングダム793話ネタバレ最新話確定速報!王翦敗走!秦軍崩壊...

玉鳳隊に配属された亜花綿の役割

亜花綿が玉鳳隊に配属された理由は?

王賁の「柔軟さ」と「コミュニケーション能力」の向上のため

王翦は王賁の才能を伸ばすために、玉鳳隊にクセのある亜花綿を配属した可能性がある。

亜花綿は柔軟な思考とコミュニケーション能力に優れており、王賁の足りない部分を補うと考えられる。

王翦は、亜花綿の配属により王賁がさらに成長することを期待していた。

詳しくみる ⇒参照元: キングダムネタバレ最新話793話の確定速報

キングダム793話考察:番吾城陥落の要因と飛信隊の活躍

李牧が番吾城の陥落を予想できなかった理由は?

伏兵の存在

楊端和は番吾周辺に寡兵を差し向けたが、これは単なる揺動ではなく、番吾城を落とすための伏兵を忍ばせている可能性がある。

李牧は番吾城に絶対の自信を持っているが、この伏兵が李牧の裏をかくことになり、番吾城陥落の要因となる可能性がある。

また、楊端和軍が活躍し、李牧の関心が左翼に向いている隙に、信は右翼の膠着状態を打開する策を講じると思われる。

詳しくみる ⇒参照元: キングダム793話ネタバレ最新話確定速報!王翦敗走!秦軍崩壊...

李牧の重なる罠

李牧が仕掛けるもう一つの罠とは何か?

地下道の伏兵

李牧は、土塁の砦の罠に加えて、地下道に伏兵を潜ませて王翦を確実に仕留める罠を仕掛けていると考えられています。

飛信隊は土塁の砦で李牧を捕らえられませんでしたが、李牧はすでに地下道を通って脱出していました。

李牧は、趙軍の主力が右翼側に固まっているのは、秦軍本陣の周辺が手薄になるのを狙って、司馬尚軍に加えて地下道からの伏兵を投入するためだと考えられています。

詳しくみる ⇒参照元: キングダムネタバレ最新話793話の確定速報