Academic Box Logo

オークの樹の下:漫画の全あらすじと考察、ネタバレ注意

オークの樹の下:漫画の全あらすじと考察、ネタバレ注意

ライターのYUKOです。このブログでは、漫画「オークの樹の下」の全あらすじと考察をお届けします。ネタバレにご注意ください。

政略結婚から始まる恋

初夜の翌朝、リフタンはどこに居なかった?

公爵令嬢のそば

吃音症で内気な公爵令嬢マクシミリアンは、政略結婚で下級騎士リフタンと結婚。

初夜はあったものの、翌朝リフタンの姿がなかった。

それから3年後、英雄として帰還したリフタンと再会したマクシミリアンは、次第に彼の優しさを知り、殻を脱ぎ捨てて成長していく。

リフタンの不器用ながらも一途な愛に支えられ、マクシミリアンは自信を取り戻し、幸せな日々を送っていく。

詳しくみる ⇒参照元: オークの樹の下【74話】ネタバレ|ツバサlog

オークの樹の下 外伝 23話 ネタバレ

リフタンがガイルに言われた言葉は何ですか?

面倒を見てくれた恩を返さなくていいのか

吃音症で内気な公爵令嬢のマクシミリアンは、貧しい生まれの下級騎士リフタンと政略結婚する。

しかし、リフタンは初夜の翌朝姿を消し、3年後に英雄として帰還する。

当初は冷淡だったリフタンだが、マクシミリアンは彼の不器用な愛や周囲の支えで成長していく。

23話では、リフタンが黒い角の傭兵団の団長ガイルに「面倒を見てくれた恩を返さなくていいのか」と問われる。

リフタンは「面倒を見てもらった覚えはない」と答える。

詳しくみる ⇒参照元: オークの樹の下 外伝【23話】ネタバレ|ツバサlog

「オークの樹の下」小説版の日本語翻訳版はあるのか?

「オークの樹の下」の原作小説の日本語翻訳版はありますか?

ない

原作小説は韓国語の作品で、韓国の電子書籍サイトRIDI BOOKSで掲載されている。

日本語翻訳版は未発売のため、日本語で小説を読むことはできない。

ただし、英語翻訳版は存在し、Kindle総合ベストセラーの15位を記録するなど、世界中で人気を博している。

詳しくみる ⇒参照元: オークの樹の下の小説はある?コミックシーモアで読めるのかも徹...

カプリス卿:マクシミリアンの癒しの存在

マクシミリアンにとって、カプリス卿はどのような存在か?

癒しの存在

カプリス卿は腕っぷしの強いワイルドな男性として描かれ、マクシミリアンが大切で仕方ない存在であることが示されています。

マクシミリアンがルースと図書室にいると聞いて、着替えもせずに追いかけてくる姿から、カプリス卿にとってマクシミリアンがどれほど癒しになっているかがうかがえます。

詳しくみる ⇒参照元: 【第33話更新】『オークの樹の下』の全話あらすじ(ネタバレあ...

カリプス卿の大胆な求愛

マクシーに対してカリプス卿が放った大胆な発言とはどのような内容だったか?

ベッドを共にするよう促した。

カリプス卿はマクシーに対して、容姿が醜いと感じるならば、彼がベッドでマクシーに夢中になるはずがないと大胆に発言しました。

この発言は、カリプス卿のマクシーへの好意を表現すると同時に、マクシーの容姿に対する卑下を否定するものでした。

また、カリプス卿の男らしさと優しさが際立つ発言で、マクシーを翻弄させました。

詳しくみる ⇒参照元: 【第33話更新】『オークの樹の下』の全話あらすじ(ネタバレあ...

マクシーの自己認識

マクシーは自分自身をどう思っているのか

嫌い

マクシーは、カリプス卿との会話の中で、自分の嫌いなものは自分自身だと答えています。

自分の好みや望みに関してもはっきりしておらず、自分自身を深く考えたことがないようです。

また、気楽な人生を送ったことがなく、それが自分自身を理解できていない原因となっている可能性があります。

詳しくみる ⇒参照元: 【第33話更新】『オークの樹の下』の全話あらすじ(ネタバレあ...

嫉妬のカリプス卿と高度魔法

カリプス卿が図書館に来た理由は?

嫉妬

マクシミリアンとルースが2人きりで図書館にいることに嫉妬心を抱いたため、カリプス卿は図書館にやってきました。

カリプス卿はマクシミリアンを独占したいと思っているのかもしれません。

ルースは、高度な魔法を扱うには数時間の準備が必要であり、場合によっては魔道具が必要であることをマクシミリアンに説明しました。

マクシミリアンは魔法石の魅力に惹き込まれています。

詳しくみる ⇒参照元: 【第33話更新】『オークの樹の下』の全話あらすじ(ネタバレあ...

リプタンの秘密の場所

マックを戸外に連れ出したリプタンの目的は?

秘密の場所を見せる

リプタンはマックを部屋から連れ出して、新しい戸口から外へ出た。

マックは不審そうな目であたりを見回したが、何も言わずにリプタンの後をついて歩いた。

彼らは裸の木とみすぼらしい散歩道がある場所へと向かった。

リプタンはマックの肩を抱き、マントの帽子を彼女にかぶせて寒さから守った。

マックは好奇心を感じたが、何も言わずにリプタンについていった。

詳しくみる ⇒参照元: オークの樹の下【74話】ネタバレ|ツバサlog