Academic Box Logo

右翼の定義と歴史: フランス革命から現代日本まで

右翼の定義と歴史: フランス革命から現代日本まで

ライターのYUKOです。右翼の定義と歴史についてご紹介します。フランス革命から現代日本までの経緯を考察します。

日本右翼の歴史と思想

日本右翼の歴史と思想https://x0.ifengimg.com日本右翼の源流を担った組織は何ですか?

玄洋社

日本右翼は、幕末維新期の「尊皇攘夷」運動に端を発し、1881年に頭山満らが設立した「玄洋社」が最初の団体である。玄洋社は「征韓論」を掲げ、对外侵略の思想を有していた。戦前の右翼は国粋主義と国家主義の2つに大別され、国粋派の代表組織として玄洋社、黑龍会などが、革新派の代表組織として老壮会、猶存社などが存在した。右翼の思想的源泉は「日本中心主義」であり、天皇の絶対性を強調し、武力による国土拡大を主張していた。戦後、右翼は街宣右翼と右翼思想に分かれ、前者は暴力的な活動を行っていたが、後者は保守政党の極右派と結びついて影響力を行使している。詳しくみる ⇒参照元: 全球右翼观察丨日本右翼的起源、历史与现状

左右派の起源: フランス革命の議場

左右派の起源: フランス革命の議場https://j.people.com.cn革命時に左右に分かれたのはどのような立場の人たちか?

保守派と自由派

政治光譜の「左派」と「右派」の用語は、18世紀末のフランス革命に端を発する。革命期、議会で保守派や君主制支持者は右側に、自由派や民主主義者は左側に座った。当初、左派は貴族や聖職者の利益に反対する人々で、自由放任資本主義を支持していた。しかし、現代ではこの立場は右派とみなされる。フランス革命でも、極左派は貧困層を支援するための政府介入を求めた。一方、イギリスでは保守派とされるエドマンド・バークも、フランス革命の自由市場左派と同様の経済的見解を持っていたが、反宗教的姿勢や暴力的な革命を批判した。詳しくみる ⇒参照元: 左派和右派

フランス革命期の議会における政治勢力の変遷

フランス革命期の議会における政治勢力の変遷https://assets.st-note.com立憲議会において、貴族や僧侶は国民代表として平等に扱われたか?

1791年憲法制定時は貴族や僧侶の特権は否定され、制限選挙で資産家のみが選挙権を有する「自由主義」的立憲議会が誕生。その後、民主主義派の勢力が強まり、男子普通選挙で国民公会が選ばれ、「民主主義」と「自由主義」を兼ね備えた政治体制が目指された。しかし、富裕層と貧困層の格差拡大により、経済的民主主義を求める山岳派が台頭した。詳しくみる ⇒参照元: 左翼・右翼

右翼の定義

右翼の定義https://kinokuniya.co.jp右翼とは何を指す?

保守主義・反動主義的な思想や勢力

右翼とは、保守主義や反動主義的な思想や運動を指します。左翼と対立する概念であり、フランス革命期に議長席から見て右側に位置した勢力に由来しています。右翼は自由市場の資本主義を擁護するリバタリアニズムや新自由主義、国家主義・民族主義・国粋主義を支持する勢力などを含みます。ただし、国や時代によって右翼と左翼の位置付けは異なる場合があります。詳しくみる ⇒参照元: 右翼

マルクス主義の起源と左翼的性質

マルクス主義の起源と左翼的性質https://vicryptopix.comマルクス主義が左翼扱いされる理由は何ですか?

ヘーゲル左派の影響

マルクス主義は、産業革命による格差是正のイデオロギーとして生まれた。マルクスはヘーゲルの国家思想から影響を受け、資本を社会で共有する共産主義を構想した。この共産主義を実現するためには、一時的に自由を否定するプロレタリア独裁が必要だと考えられた。しかし、プロレタリア独裁は長期化し、国民の自由を奪う独裁政権となり、マルクスの理想は実現しなかった。マルクス主義はヘーゲル左派の思想を受け継いでいるため、現在でも左翼扱いされている。詳しくみる ⇒参照元: 【図解・右翼・左翼とは】フランス革命から現代日本までわかりや...

フランス革命における「左翼」と「右翼」

フランス革命における「左翼」と「右翼」https://cv.bkmkn.kodansha.co.jpフランス革命期に「恐怖政治」を開始した派閥は?

山岳派

フランス革命中に「山岳派」は、政策実行のため「恐怖政治」を開始し、多くの政敵を処刑した。この「恐怖政治」は1794年の「テルミドールのクーデター」でロベスピエールらが失脚・処刑されたことで終焉を迎えた。以降はジロンド派残党や平原派が支配し、より穏健な共和暦3年憲法が制定された。また、山岳派よりも急進的な「過激派」や「バブーフ派」が活動していた。バブーフ派は私有財産制の否定や共産主義を主張していた。19世紀以降、フランスでは「左翼」と「右翼」の用語が政党の区分として用いられるようになり、20世紀初頭には社会主義勢力が「左翼」と総称されるようになった。詳しくみる ⇒参照元: 左翼・右翼

右翼と左翼の起源と意味

右翼と左翼の起源と意味https://liberal-arts-guide.comフランス革命時の議会において、左側に座っていた勢力は?

革新的勢力

フランス革命期の議会では、保守的勢力が右側に、革新的勢力が左側に座ったとされています。この区分は、その後も政治的対立を表す「右翼」と「左翼」という言葉の起源となりました。右翼は現状維持や伝統を重視し、左翼は変革を望む傾向があります。また、政治的なテーマは時代や国によって変化するため、右翼と左翼の具体的な立場も変化しています。詳しくみる ⇒参照元: 【図解・右翼・左翼とは】フランス革命から現代日本までわかりや...

右派政治の特徴

右派政治の特徴https://saygee.org世界の右派政治に共通する主な傾向は?

伝統的規範の維持

世界の右派政治は、伝統的な規範の維持を主張することが一般的である。彼らは、特定の地域や文化に適した制度や慣習が過去から受け継がれており、それらを保存すべきだと考えている。また、文化規範、言語、伝統の独自性を重視し、人々が自らの文化を保持する権利があると主張している。詳しくみる ⇒参照元: 右派

右翼の伝統重視の理由

右翼の伝統重視の理由https://gentosha.jp「右翼」が「伝統」を重んじる理由は?

威厳に満ちた歴史あるものに憧れる「伝統的感情」のため

「右翼」は、王制、天皇制、身分制などの伝統的な仕組みを重んじ、歴史的な権威を尊重する「伝統的感情」を持ちます。彼らは、人権を無視し、抑圧的であるとして左翼が批判する「革命」や「改革」から、伝統を守るために「保守」を志します。この「保守」すべき伝統は、国や民族によって異なり、結果として「右翼」は「国粋主義」や「民族主義」につながり、「国際主義」や「普遍主義」と対立します。詳しくみる ⇒参照元: 「右翼」と「左翼」の違い、説明できますか?|右翼と左翼|浅羽...

日本の右翼団体:起源と変遷

日本の右翼団体:起源と変遷https://picx.zhimg.com右翼団体の起源とされる出来事はいつ発生しましたか?

1868年1月3日

日本の右翼団体の起源は、1868年(明治元年)の明治維新とされています。明治維新前は、尊王派の志士が勢力を増し、維新後は政権に組み込まれました。その後、征韓論事件をきっかけとした士族反乱があり、玄洋社が結成されました。玄洋社は日本の観念右翼のはじまりとされています。1880年代の自由民権運動では、任侠集団が政治団体を結成して民権運動を支援しました。1910年代になると、官製右翼と呼ばれる団体が、社会主義運動の妨害や弾圧運動に役割を果たしました。官製右翼は明治の元勲とも結びつき、皇国思想による国家擁護を掲げました。また、大アジア主義の影響を受け、社会主義と接近した思想潮流も生まれました。詳しくみる ⇒参照元: 日本の右翼団体

「左翼」と「右翼」の思想の変遷

「左翼」と「右翼」の思想の変遷https://liberal-arts-guide.com共産主義を本来の「左翼」の思想と呼べるのはなぜですか?

平等社会を目指すから

共産主義は、市場主義の格差是正を目指し、平等な社会を理想として生まれた。しかし、実際は独裁政権となり国民の自由を奪ったため、「左翼」とは言えないものになった。一方、19世紀のフランス革命では、封建的秩序に対抗するナショナリズムが「左翼」的な立場だった。つまり、「左翼」は歴史的に、封建的秩序を打破し、平等な社会を目指す思想と関連している。詳しくみる ⇒参照元: 【図解・右翼・左翼とは】フランス革命から現代日本までわかりや...

米国政治の右傾化:その意味と影響

米国政治の右傾化:その意味と影響https://nippon.com米国政治の右傾化は過去の右傾化と何か異なるのか?

不明

米国は現在政治的右傾化に直面しているが、その原因や長期的な影響は不明である。右傾化は、国防支出の増加、新自由主義の台頭、特定の政策主張の広まりなど、さまざまな要因に起因する可能性がある。しかし、現在の右傾化が過去の右傾化とどのように異なるのか、またそれが単なる政治のサイクルの一部なのか、それともより深刻な社会構造の変化を示唆しているのかは不明である。詳しくみる ⇒参照元: 年终观察|试错还是转向?这些右翼掌权对世界意味着什么?_澎湃...

右翼と左翼の対立

右翼と左翼の対立https://himg2.huanqiu.com右翼のイデオロギーを10項目挙げた政治学者は誰ですか?

丸山眞男

右翼は、伝統や感情を重視し、自由や平等を理性で理解した理念と考える左翼とは対照的に、反啓蒙主義の立場をとる。彼らは、長い歴史の中で定着してきた制度や仕組みを、多少の弊害があっても簡単に変えるべきではないと考える。そのため、歴史主義やロマン主義の立場から、伝統や歴史を保守しようとする。このことから、右翼は国粋主義や民族主義に傾倒し、国際主義や普遍主義と対立する。また、市場原理主義や社会主義国、少数民族の闘争など、右翼と左翼の境界があいまいになるケースがある。詳しくみる ⇒参照元: 右翼

右翼と左翼の違い:根幹を理解する

右翼と左翼の違い:根幹を理解するhttps://liberal-arts-guide.com右翼と左翼の基本的な思想の違いは何か?

根幹

右翼と左翼の基本的な思想の違いは、「朝日現代用語知恵蔵」によれば、「根幹」にあるとされています。この根幹とは、体制維持を重視する「右翼」と、体制変革を重視する「左翼」という対立軸のことです。この対立軸は、フランス革命から現代に至るまで、歴史を通じて形成されてきたものです。詳しくみる ⇒参照元: 「右翼」と「左翼」の違い、説明できますか?|右翼と左翼|浅羽...

戦後日本右翼の変遷と政治との関わり

戦後日本右翼の変遷と政治との関わりhttps://ictj-report.joho.or.jp戦後における右翼勢力の復活と政治との関係はどのようなものか?

保守勢力が左翼を抑圧するために利用

戦後の日本右翼は、50-60年代に保守勢力が左翼を抑圧するために利用され、60年代以降は新右翼が台頭し、反体制思想を掲げて政治舞台に登場した。新右翼は「打倒YP体制」を主張し、反米・反ソ、「日本民族への回帰」を唱えた。70年代末からは新保守主義が台頭し、右翼は極端な国家主義や民族主義を主張するようになった。また、歴史問題については、侵略の否定や靖国神社参拝を主張している。詳しくみる ⇒参照元: 全球右翼观察丨日本右翼的起源、历史与现状