Academic Box Logo

イエローモンキーの魂を継ぐ、吉井和哉の音楽的遍歴を辿る

イエローモンキーの魂を継ぐ、吉井和哉の音楽的遍歴を辿る

ライターのYUKOです。今回は、イエローモンキーの魂を継ぐ、吉井和哉の音楽的遍歴を辿ります。

イエローモンキーのバンド名の由来と略称

イエローモンキーのバンド名の由来と略称https://renote.netイエローモンキーが「イエローモンキー」というバンド名に込めた思いは?

洋楽へのコンプレックス

イエローモンキーは、「洋楽へのコンプレックス」をバンド名に込めた。彼らは「日本のロック」にこだわりを持ちながらも、洋楽へのコンプレックスは消えないと考えていた。また、バンドのコンセプトとして「ルックスが良くて長身」を掲げ、メンバー全員が長身だった。略称「イエモン」は、音楽誌のライターが「ミスチル」と同様に名付けたことに由来する。ベストアルバムのタイトルに「イエモン」を採用したのは、ファンにこの略称を受け入れてもらうためだった。メンバー自身は「イエモン」を使用しないが、略称を嫌っているわけではないとしている。詳しくみる ⇒参照元: THE YELLOW MONKEY

吉井和哉の音楽ルーツ

吉井和哉の音楽ルーツhttps://aop-emtg-jp.s3.amazonaws.comロックへの覚醒のきっかけとなったミュージシャンは?

チープトリック

吉井和哉は、音楽のルーツを歌謡曲とし、小学生の頃から妖艶な曲を好んでいた。ロックへの覚醒は、中学生の時にチープトリックに出会ったことで、その後デヴィッド・ボウイの影響を受け、グラムロックに傾倒していった。吉井の音楽観は、デヴィッド・ボウイの音楽性やヴィジュアルに魅了されたことで固まった。詳しくみる ⇒参照元: 【日本のロックスター】The Yellow Monkey 吉...