Academic Box Logo

ゆずの魅力を大解剖!品種の特徴から活用方法まで

ゆずの魅力を大解剖!品種の特徴から活用方法まで

こんにちは、ライターのYUKOです。今回は、日本の柑橘類であるゆずの魅力について詳しくご紹介します。

ゆずの特徴と歴史

ゆずの原産地はどこ?

中国

ゆずは中国長江上流が原産で、奈良時代には日本に渡来していた。

古くから日本人に親しまれており、平安時代には「倭名類聚鈔」にも登場している。

中国では「ゆず」は「香橙」と表記される。

ゆずは1年を通して流通するが、旬は11月から12月頃。

夏に出回る「青ゆず」は果汁が少なく、秋以降の「黄ゆず」は果汁が豊富。

冬至にゆず湯に入る風習は血行促進や保湿効果があるといわれている。

詳しくみる ⇒参照元: ゆず 柚子 柚 ユズ | 香酸柑橘 品種の特徴 食べ方 選び...

ゆずの活用法で料理にワンランク上の風味を

柚子の皮を使う前に、どのような処理がポイント?

湯でて水にさらす

ゆず味噌や柚子胡椒は、ゆずの風味を料理に取り入れるのに最適な調味料です。

ゆず味噌を作る際は、ゆずの皮の苦味を抑えるために、湯でてから水にさらすことがポイントです。

柚子胡椒は、青柚子と青唐辛子を塩と一緒にすり合わせたものです。

薬味としてだけでなく、さまざまな料理に活用できます。

ゆずの皮や果汁を料理にプラスすることで、食欲をそそる香り豊かな一品に仕上がります。

大根とゆずの浅漬けや厚揚げのゆずあんかけなど、簡単なレシピも紹介しています。

詳しくみる ⇒参照元: ゆずの使い道にはどんなものがある?活用方法やレシピをご紹介

ゆずとゆず胡椒について

ゆず胡椒の「胡椒」は、何を指す?

唐辛子

柚子胡椒は、柚子の皮と青唐辛子を練り合わせた調味料。

九州では唐辛子のことを「コショウ」と呼ぶため、この名がついた。

ゆず茶は、ゆずの果実を砂糖やはちみつに漬け込んだもの。

ゆずには「木頭系」や「海野系」など、さまざまな種類がある。

多田錦は種なしでトゲも少ないが、果実はやや小さい。

花柚はゆずの近縁種で、「一才ゆず」や「常柚」とも呼ばれる。

詳しくみる ⇒参照元: ゆず 柚子 柚 ユズ | 香酸柑橘 品種の特徴 食べ方 選び...

柑橘類の豆知識

ブンタンの仲間で、果皮が黄色くゴツゴツとした柑橘類は何?

獅子柚子

獅子柚子とは、ブンタンの仲間で、果皮が黄色くゴツゴツしていて、生食には向かず、ジャムや砂糖漬けなどに利用される柑橘類です。

11月~12月頃に出回り、別名「鬼柚子」や「ジャガタラ柚」とも呼ばれます。

詳しくみる ⇒参照元: ゆず 柚子 柚 ユズ | 香酸柑橘 品種の特徴 食べ方 選び...

ユズの産地と歴史

ユズの主要な産地は国内のどこ?

四国地方(高知県、徳島県、愛媛県)

かつては埼玉県がユズの主要産地であったが、現在は高知県、徳島県が主な産地となっている。

四国地方の3県で国産ユズの約8割を占め、山間部に産地が集中している。

これは、農耕馬生産や林業などの産業の衰退に伴う活性化策として産地が形成されたため。

一方、東日本の産地は規模が縮小しており、関東地方全体では鹿児島県の半分にも満たない。

詳しくみる ⇒参照元: ユズ

ゆずの栽培と保存方法

家庭菜園で育てられるゆずの特徴は?

トゲなし

ゆずは耐寒性が高く家庭菜園にも適しているが、一般的な品種は枝に鋭いトゲがある。

家庭菜園の場合はトゲなしの品種を選ぶと良い。

ゆずの選び方は、果皮が色づき皮が張りがあり、香りが良くヘタの切り口が鮮度を感じられるものを選ぶ。

保存方法は乾燥を防ぎ、冷暗所または冷蔵庫の野菜室で保存。

長期保存には果皮を乾燥させる方法がある。

食べ方は果皮を削ったり果汁をしぼったりして、香りと風味を楽しむ。

詳しくみる ⇒参照元: ゆず 柚子 柚 ユズ | 香酸柑橘 品種の特徴 食べ方 選び...

ゆずの活用法:料理から器まで

果肉のくりぬかれたゆずの皮を器として使う場合に適した料理は?

おせち料理

ゆずは、料理の風味付けや飲み物だけでなく、果肉をくりぬいた皮を器として活用することもできます。

特に、おせち料理の紅白なますや酢の物などに入れると、華やかな見た目とゆずの香りがプラスされて風味が豊かに仕上がります。

さらに、断面に切り込みを入れるアレンジを加えることで、より見栄えの良い器になります。

詳しくみる ⇒参照元: ゆずの使い道にはどんなものがある?活用方法やレシピをご紹介

ゆずの活用法:飾り切りから保存方法まで

ゆずの皮の飾り切りの種類にはどのようなものがあるか

へぎゆず、松葉ゆず

ゆずの皮は、黄色い部分だけを薄く削った「へぎゆず」や、松の葉に見立てて細く切り込みを入れた「松葉ゆず」など、さまざまな飾り切りがあります。

お雑煮に添えると見た目が華やかになり、皮の白い部分は苦いので、黄色い部分だけを使うのがポイントです。

ゆずは香りが抜けやすいので、できるだけ早く使い切り、保存する場合はぴったりとラップに包みましょう。

ゆずは皮と果汁の両方を活用でき、料理やお菓子、器や香り付けなど、さまざまな使い道があります。

詳しくみる ⇒参照元: ゆずの使い道にはどんなものがある?活用方法やレシピをご紹介

ゆずで作る料理のヒント

ゆずのジャムの皮を加えるとどのような効果があるか

ゆずの風味が強くなる

ゆずジャムを作る際、ジャムを煮こむときに下ゆでしたゆずの皮を加えると、ゆずの風味がより強くなります。

ゆずの皮と果汁の量に合わせて砂糖の分量を調整することで、ゆずを大量消費したいときにもぴったりなジャムが仕上がります。

また、レンジで加熱するレシピでは、皮、果汁、調味料を混ぜ合わせてレンジで加熱することで、少量のゆずでも簡単にジャムを作ることができます。

詳しくみる ⇒参照元: ゆずの使い道にはどんなものがある?活用方法やレシピをご紹介

ゆずの由来と経歴

ゆずという名前の由来は?

柚子シャーベット

ゆずは、1996年3月に結成された北川悠仁と岩沢厚治の二人組デュオです。

名前の由来は、当時2人がアルバイト先で食べた柚子シャーベットにちなんでいます。

彼らのキャリアは、ストリートミュージシャンとして始まり、その後メジャーデビューを果たし、数々のヒット曲を生み出してきました。

ゆずは、日本のフォークデュオのパイオニア的存在として知られています。

詳しくみる ⇒参照元: ゆず プロフィールや経歴、魅力を徹底解説 カルチャ『Cal-...

ゆず:フォークの革新者

ゆずが自らをどのように呼んでいるか

平成爽やかフォークデュオ

1997年にインディーズ・デビューしたゆずは、「夏色」や「少年」などのヒット曲でブレイクし、ネオ・フォークと呼ばれる新たなフォークのジャンルを確立した。

彼らのライブでは、演者と観客全員で「ラジオ体操第一」を行い、アンコールでは「贈る詩」などが大合唱されるのが定番となっている。

また、「ダンスコーナー」ではラッキィ池田考案の振り付けを会場全員で踊り、ライブを盛り上げる。

ゆずはこれまで何度もNHK紅白歌合戦に出場しており、2017年には大トリを務めた。

ゆずのファンのことを「ゆずっこ」と呼び、公式ファンクラブは「ゆずの輪」である。

詳しくみる ⇒参照元: ゆず (音楽グループ)

ゆずの万能料理法

ゆで豚を美味しくする方法

熱々の状態でたれに漬けこむ

ゆずは鶏肉、鍋、お菓子、飲み物など様々な料理に使用できます。

料理にゆずの爽やかな風味を加えることで、食欲をそそり、さっぱりとした味わいに仕上がります。

例えば、ゆで豚を熱々の状態でたれに漬け込むと、肉に味がよく染み込みます。

また、ゆずの皮を鶏肉にすり込んでから調理すると、鶏肉にゆずの香りがしみ込み、あっさりとした風味の鶏塩うどんが楽しめます。

さらに、鍋つゆにゆずの皮を入れ、仕上げにゆず果汁をかけることで、爽やかな酸味と香りが食欲をそそるシャキシャキ野菜のゆず塩鍋が完成します。

お菓子では、ゆずの果汁とすりおろした皮を加えたゆずシャーベットが、爽やかな風味が楽しめるデザートとしておすすめです。

詳しくみる ⇒参照元: ゆずの使い道にはどんなものがある?活用方法やレシピをご紹介