Academic Box Logo

宝塚歌劇団 パワハラ被害者の実名を公表へ 遺族が記者会見で声明

宝塚歌劇団 パワハラ被害者の実名を公表へ 遺族が記者会見で声明

ライターのYUKOです。宝塚歌劇団のパワハラ被害者遺族が記者会見で声明を発表するとのこと。

宝塚歌劇団、パワハラ認め遺族に謝罪と補償

宝塚歌劇団、パワハラ認め遺族に謝罪と補償https://otakamu.com宝塚歌劇団は死亡した劇団員の遺族に対し、パワハラの存在を認め、どのような措置を講じたか?

謝罪と補償の合意

宝塚歌劇団は調査報告書でパワハラを否定していたが、遺族側と協議の結果、パワハラを認め、謝罪と補償に合意した。遺族は上級生など6人から謝罪文を受け取り、阪急阪神ホールディングスも責任を認めた。遺族側は、歌劇団が事実を究明せず、責任を曖昧にしてきたことを批判している。また、劇団員へのパワハラなどの問題を指摘し、改善を求めた。詳しくみる ⇒参照元: 宝塚歌劇団 25歳劇団員死亡 パワハラ認め謝罪 記者会見で説...

パワハラと劇団員死亡の責任

パワハラと劇団員死亡の責任https://pbs.twimg.comパワハラと劇団員の死亡の直接的な原因は何か

過密スケジュールによる過重負担

阪急阪神ホールディングスの嶋田泰夫社長は、パワハラと劇団員の死亡の直接的な原因は1つに特定するのは難しいと述べつつも、過密スケジュールの中で長時間活動を余儀なくさせて過重な負担を生じさせたことが大きな理由だと認めた。また、歌劇団側は、行為者に対するヒアリングの結果、悪意があったわけではないものの、故人の状況や心情に大きな影響を与えたことを深く反省しているとした。詳しくみる ⇒参照元: 宝塚歌劇団 25歳劇団員死亡 パワハラ認め謝罪 記者会見で説...

宝塚歌劇団パワハラ問題:劇団側が認めたものの、具体的な行為は未公表

宝塚歌劇団パワハラ問題:劇団側が認めたものの、具体的な行為は未公表https://i.pinimg.com宝塚歌劇団の調査報告書では、遺族側が主張するパワハラ行為をどう認定していたか?

当初は「確認できず」

宝塚歌劇団の女性団員が自殺した問題で、劇団側は当初、遺族側の主張するパワハラ行為を「確認できず」としていた。しかし、遺族側が具体例を挙げた「意見書」を提出した後に、劇団側は態度を一転させ、パワハラの存在を認めた。ただ、どの行為がパワハラに該当するかは明らかにしていない。遺族側は、上級生からヘアアイロンでやけどを負わされたり、「失敗はすべてあなたのせい」と叱責されたりしたことをパワハラ行為として主張している。詳しくみる ⇒参照元: 【解説】歌劇団側"パワハラ"認めるも…遺...

上級生の女性への行為の真意

上級生の女性への行為の真意https://president.ismcdn.jp上級生による女性への行為は、宝塚側が主張する「故意ではない」行為だったのか?

宝塚側は当初、女性の額にヘアアイロンを押し当てた行為を「故意ではない」としていたが、遺族代理人の弁護士は、女性のLINEと写真により、この行為が意図的なものである可能性を示した。LINEには、「わざとな気がする」という女性の記述があり、また、やけどから1か月以上経っても額に黒い痕が残っていたという。さらに、女性は皮膚科の医師に楽屋に薬を送るよう依頼しており、やけどの深刻さがうかがえる。詳しくみる ⇒参照元: 「パワハラ行為は15あった」宝塚歌劇団所属の女性 遺族側弁護...

宙組パワハラ加害者4人の詳細

宙組パワハラ加害者4人の詳細https://i.pinimg.com宝塚宙組のパワハラ加害者4人とは誰?

松風輝、芹香斗亜、花菱りず、優希しおん

宝塚歌劇団宙組で発生したパワハラ問題で、加害者として文春が報じた4人の名前は、松風輝、芹香斗亜、花菱りず、優希しおん。この4人は、有愛きいさんに対するモラハラ疑惑で告発された。詳しくみる ⇒参照元: 宝塚:宙組加害者(上級生)4人は誰で名前とヒアリング拒否【有...

宝塚ヘアアイロン事件の経緯と真相

宝塚ヘアアイロン事件の経緯と真相https://stat.ameba.jpヘアアイロン事件で負傷したのは誰か?

天彩峰里

宝塚歌劇団で2021年8月に発生したヘアアイロン事件では、天彩峰里さんが有愛きいさんの前髪を巻こうとした際、額にヘアアイロンを当てて火傷を負わせた。その後、宝塚歌劇団は長時間労働を強いる環境があったことを認めたが、いじめ・パワハラについては否定している。この事件は2023年1月に「文春砲」で報じられ、波紋を呼んだ。詳しくみる ⇒参照元: 宝塚:宙組加害者(上級生)4人は誰で名前とヒアリング拒否【有...

宝塚歌劇団のパワハラ疑惑調査報告書発表

宝塚歌劇団のパワハラ疑惑調査報告書発表https://stat.ameba.jp調査報告書では、遺族側が主張していたハラスメントは確認されなかったと結論付けていますが、何が認められなかったのでしょうか?

ヘアアイロンでのやけど被害、暴言、LINEグループでのハラスメント・いじめ

外部弁護士による調査チームの報告書では、遺族側が主張していたヘアアイロンでのやけど被害、上級生からの「うそつき野郎」などの暴言、LINEグループでのハラスメントやいじめの確認が取れなかった。また、遺族側は残業時間を277時間と主張する一方、劇団側は118時間と主張しており、残業時間の認定に100時間以上の差がある。詳しくみる ⇒参照元: 「パワハラ行為は15あった」宝塚歌劇団所属の女性 遺族側弁護...

歌劇団の再発防止対策

歌劇団の再発防止対策https://newsgawakaru.com歌劇団が今後再発防止のために対応すべきことは何か?

団員との契約関係や待遇の明確化、内部通報制度の整備

宝塚歌劇団での事件を受け、専門家は再発防止のために、団員との契約関係や待遇の明確化、内部通報制度の整備が必要だと指摘しています。歌劇団は上下関係が厳格ながら、責任の所在が不明瞭な部分があるため、それを明確にすることで団員に任せきりにせず、責任の所在を明確にすることが重要です。また、内部通報制度を整備することで、不適切な行為を内部から報告・改善できる体制を整えることが再発防止に不可欠だとされています。今回の事件は宝塚歌劇団という特殊な環境で起こったものではありますが、専門家は「宝塚は特別ではない」と指摘し、一般企業や組織でも同様の対策を講じる必要があると強調しています。詳しくみる ⇒参照元: 【解説】歌劇団側"パワハラ"認めるも…遺...

宝塚歌劇団パワハラ遺族へ謝罪と補償合意

宝塚歌劇団パワハラ遺族へ謝罪と補償合意https://www3.nhk.or.jp宝塚歌劇団の幹部に、ご自身の娘が同じ被害にあったらどう対処したかを問うと?

娘の命を守る

阪急阪神ホールディングスと宝塚歌劇団が、パワハラで亡くなった元劇団員の遺族に謝罪と補償を行うことで合意。劇団側は当初、パワハラを否定していたが、調査の結果、多数のパワハラを認め、遺族に謝罪した。遺族側の弁護士は、劇団幹部や上級生による執拗なパワハラの存在が認められたことを高く評価し、劇団内部の改革につながることを期待した。遺族は、劇団に相当額の慰謝料等の解決金を受け取ることで合意した。この合意は、パワハラによる被害者とその家族に寄り添い、組織におけるパワハラ根絶の重要性を改めて認識させる出来事となった。詳しくみる ⇒参照元: 宝塚歌劇団 25歳劇団員死亡 パワハラ認め謝罪 記者会見で説...