Academic Box Logo

ちびまる子ちゃんのコスプレが炎上?人気のアニメキャラの装いが物議を醸す

ちびまる子ちゃんのコスプレが炎上?人気のアニメキャラの装いが物議を醸す

ライターのYUKOです。ちびまる子ちゃんのコスプレが炎上した件について書きます。

「ちびまる子ちゃん」でのルッキズム発言が物議

さくらももこ脚本のアニメ「ちびまる子ちゃん」で物議を醸した場面の内容は?

振り袖姿の女性を皮肉る発言

フジテレビで放送されている人気アニメ「ちびまる子ちゃん」の最新回「成人の日」の巻で、物議を醸す場面が放送されました。

その場面では、主人公のまる子が、振り袖姿の女性に対して「すごいの出てきた」と皮肉を言う内容でした。

この発言が「ルッキズム」に当たると批判され、ネットで議論になっています。

詳しくみる ⇒参照元: 『ちびまる子ちゃん』最新回が'ルッキズム'と物議…振り袖姿の...

ちびまる子ちゃんのルッキズム論争

ちびまる子ちゃんの何が教育上良くないと言われるか?

ルッキズムを植え付けている

一部の視聴者は、ちびまる子ちゃんが容姿に基づく偏見や差別を助長していると指摘しています。

番組では、美しい女の子は好意的に描かれ、そうでない女の子は揶揄されたり差別されたりしています。

視聴者は、これが子供たちに無意識にルッキズムを植え付け、外見が重要な基準であるという考えを強固にするのではないかと懸念しています。

詳しくみる ⇒参照元: 【炎上】ちびまる子ちゃん 成人式回で「豪華な晴れ着でもブスだ...

ちびまる子ちゃん35周年記念企画

まる子の誕生日はいつ?

1965年5月8日

ちびまる子ちゃんは、2021年に原作35周年を迎え、2022年も記念企画が実施されています。

5月1日にはテレビアニメ放映が通算1500回を達成し、5月8日~29日には原作エピソードのリメイク週間が組まれました。

また、中国では本作初の3DCGアニメ映画が上映される予定です。

まる子ちゃんのモデルは作者のさくらももこさんで、A型、牡牛座、9歳の小学3年生です。

性格はマイペースで楽天的な怠け者で、お調子者です。

家族構成は、父ヒロシ(40歳)、母すみれ(40歳)、姉さきこです。

詳しくみる ⇒参照元: ちびまる子ちゃん

逃走中に子供は必要か?

子供は『逃走中』に参加すべきでない、という意見があるのはなぜか?

ハンターが強すぎて、手加減が必要な子供が参加するのは不公平だから

『逃走中』では、子供(キッズキャスト)が参加するようになってから、その必要性について議論が起きている。

子供がいると和むという意見がある一方で、ハンターが強すぎて子供は不公平だとの意見もある。

しかし、子供がいることで視聴者が番組に感情移入しやすくなるという側面もある。

詳しくみる ⇒参照元: 逃走中にキッズはいらない?おーちゃんが炎上で河合は賛否両論?

ちびまる子ちゃんアニメの歴史

アニメちびまる子ちゃんの連載はいつまで続いたか?

2008年2月28日

ちびまる子ちゃんのアニメは、2007年4月19日にレギュラー番組として放送を開始し、当初半年間の放送予定でしたが、延長され、2008年2月28日に終了しました。

その後、2013年10月1日に実写テレビドラマが放送され、2018年8月27日に原作者のさくらももこが死去しました。

現在は、さくらが生前に制作した脚本を元に新作漫画が不定期に掲載されています。

詳しくみる ⇒参照元: ちびまる子ちゃん

逃走中の話題になった人々

ちびまる子ちゃんの逃走中で、ハンターに追いかけられていた小学2年生のおーちゃんを助けたのは誰?

本田望結

今回の『逃走中』では、小学2年生のおーちゃんがハンターに追いかけられ、本田望結が助けた。

本田望結も6年前はハンターが怖くてまともに動けなかったとのこと。

また、河合郁人も話題になり、嫌われ役になった。

詳しくみる ⇒参照元: 逃走中にキッズはいらない?おーちゃんが炎上で河合は賛否両論?

ちびまる子ちゃんのナレーション交代が好評の理由

「ちびまる子ちゃん」のナレーションが交代になったが、ファンからの拒絶反応が比較的目立たなかった理由は何?

キートンさんの声のイメージが強い作品だったため

「ちびまる子ちゃん」のナレーションがキートン山田さんからきむらきょうやさんに交代したが、ファンの拒絶反応は比較的目立たなかった。

これは、キートンさんの声が作品と強く結びついていたため、交代後のきむらさんの声も受け入れられやすかったのではないかと考えられる。

キートンさんは放送開始から30年以上ナレーションを務めており、彼の声は「ちびまる子ちゃん」の代名詞ともなっていた。

そのため、交代後のきむらさんの声も「ちびまる子ちゃん」のイメージと乖離せず、受け入れられやすかったと推測される。

詳しくみる ⇒参照元: ちびまる子ちゃん:ナレーション交代、どうして'炎上'しなかっ...

河合郁人の「逃走中」での行動が話題に

河合郁人の番組内での行動はどのような評価を得ている?

バラエティらしいと評価されている

河合郁人は「逃走中」に出演した際、番組を盛り上げるためにバラエティらしい行動を取ったことで評価された。

何も見せ場なく捕まる他の出演者とは異なり、河合郁人はスタッフが求める役割を適切に果たし、それが多くの番組から求められる理由であると考えられている。

ただし、一部からはクズ役には不向きとの指摘もあったが、最終的には良心的な一面を見せた。

詳しくみる ⇒参照元: 逃走中にキッズはいらない?おーちゃんが炎上で河合は賛否両論?

キャスト交代の反発を抑える要因

声のキャスト交代に対して、なぜキートンさんの卒業では反発が少なかったのでしょうか?

本人の申し出だったから

キートンさんの卒業が本人の申し出であったことが、交代に対する反発を少なくさせた。

過去にも、アニメ「クレヨンしんちゃん」でしんのすけの声が交代した際、本人の意思による交代だったため、反発よりも惜しむ声が多かった。

また、今回の「ちびまる子ちゃん」側のキートンさんを送り出す姿勢も、交代を受け入れる声の後押しとなった。

詳しくみる ⇒参照元: ちびまる子ちゃん:ナレーション交代、どうして'炎上'しなかっ...

まる子の充実した日々

主人公は、充実した日々を過ごすことになる

まる子

「ちびまる子ちゃん」のアニメ映画版では、主人公のまる子とその家族は、充実した日々を送ることになります。

しかし、まる子の彼は、会いたい人がいることを打ち明け、まる子の心に影を落とします。

詳しくみる ⇒参照元: ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年

ちびまる子ちゃん漫画版の最終作

さくらももこが直接手掛けた最後の「ちびまる子ちゃん」の漫画は何?

ちびまる子ちゃん キミを忘れないよ

「ちびまる子ちゃん」の漫画版が「りぼん」で2015年10月号から2016年1月号まで短期集中連載され、2015年12月25日に「ちびまる子ちゃん キミを忘れないよ」のタイトルで単行本として発売されました。

この漫画は、さくらももこが直接手掛けた最後の「ちびまる子ちゃん」の漫画となりました。

その後、不定期掲載分はさくらのアシスタントが作画を担当しています。

詳しくみる ⇒参照元: ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年