Academic Box Logo

お酒が抜ける時間と運転再開の目安:飲酒後のアルコール分解について徹底解説

お酒が抜ける時間と運転再開の目安:飲酒後のアルコール分解について徹底解説

ライターのYUKOです。今回は、飲酒後のアルコール分解について徹底解説します。

アルコール分解にかかる時間

ウイスキーを1杯飲むと、体重55~65kgの成人男性の場合、体から抜けるのに約何時間かかるか

1時間

アルコールが体から抜ける時間は個人差が大きく、体格やアルコール分解酵素の有無によって左右されます。

また、アルコール含有量によっても分解時間が異なります。

例えば、体重55~65kgの成人男性の場合、ビール355ml缶1缶で約2時間、3缶で約6時間、アルコール度数の強いウイスキー1杯で約1時間かかります。

詳しくみる ⇒参照元: お酒が抜ける時間はどのくらい?二日酔いのアルコール分解を早め...

アルコールの分解と飲酒後の運転制限時間

飲酒後、運転が可能になるまでの目安は何時間後?

飲酒後数時間

アルコールの分解には時間がかかり、種類によって抜けるまでの目安が異なります。

お酒を飲んだ後は、数時間経ってから運転することをおすすめします。

アルコールが抜ける時間の目安を把握しておくことで、翌日にお酒の影響が出ないように対策できます。

詳しくみる ⇒参照元: アルコールが分解されてお酒が抜ける時間は?飲酒したら運転は何...

アルコールの代謝メカニズム

お酒を体外に排出する場所はどこ?

肝臓

アルコールを摂取すると、胃で約20%、小腸で約80%が吸収され、血流にのって肝臓に運ばれます。

肝臓では、アルコール脱水素酵素(ADH)によってアセトアルデヒドに分解され、さらにアルデヒド脱水素酵素(ALDH)によって酢酸に分解されます。

酢酸は体内でエネルギー源として利用されます。

なお、アルコールの分解速度は飲酒習慣や血中アルコール濃度によって大きく異なります。

詳しくみる ⇒参照元: アルコールが抜ける(分解)時間と計算方法|飲酒後の運転は何時...

アルコールが抜ける時間

体重68kgの場合、アルコール度数7%のハイボールが抜けるのにかかる時間はどれくらい?

約3時間

体重52kgの場合、アルコール度数7%のハイボールが抜けるのに約2時間30分かかる。

体重68kgの場合、約3時間かかる。

アルコールの抜ける時間は、体重や飲んだお酒の純アルコール量によって異なる。

純アルコール量は、アルコール度数と摂取量から計算できる。

ハイボールはウイスキーの割合が多いほどアルコール度数が高くなるので、注意が必要。

詳しくみる ⇒参照元: アルコールが抜ける時間はどれくらい?アルコール分解時間が過ぎ...

お酒が抜けるまでの時間計算

男性がアルコール度数5%のビール500mlを1本飲んだ場合、お酒が抜けるまでにかかるおおよその時間を計算してください

4時間

お酒が抜けるまでの時間は、飲んだお酒の純アルコール量と、1時間に分解できる純アルコール量によって決まります。

純アルコール量は、お酒の量(ml)×アルコール度数×0.8で求められ、分解できるアルコール量は、男性の場合5g/時間とされています。

したがって、男性がアルコール度数5%のビール500mlを1本飲んだ場合、純アルコール量は20gとなり、お酒が抜けるまでにかかる時間は20g÷5g/時間=4時間となります。

詳しくみる ⇒参照元: お酒が抜けるまでの時間って?知っておきたい運転や授乳への影響

飲酒による運転能力の低下

飲酒後に、男性の運転能力にどのような影響が出たのか

大きく低下

実験に参加した男性らは、飲酒後、反応の正確性、スピード、視野の広さが低下。

また、バランス感覚も悪く、片足立ちで2秒しか立てなくなった。

この状態での運転は、基準値の2倍以上のアルコールが検出され、飲酒運転の危険性が非常に高いことが判明。

飲酒後4時間経過しても、一部の参加者にはまだアルコールが残っていた。

詳しくみる ⇒参照元: 飲酒運転は絶対だめ! でもアルコールはいつ抜ける?

アルコール分解時間

アルコール度数5%のビール中瓶1本を飲んだとき、体重60kgの人がアルコールを分解するのにかかる時間は?

3.3時間

アルコールの分解時間は、体重と摂取した純アルコール量によって異なります。

純アルコール量は、アルコール度数と摂取量から計算できます。

体重60kgの人がアルコール度数5%のビール中瓶1本を飲むと、純アルコール量は20gとなり、分解時間は約3.3時間かかります。

しかし、個人差や体調によって、この時間は変動します。

詳しくみる ⇒参照元: アルコールがぬけるまでの時間は?飲酒運転の罰則や早くぬく方法...

二日酔い対策と適量の把握

適切なお酒の量の把握方法は?

「これくらいなら大丈夫」「これ以上はダメ」と考える

二日酔いやアルコールの体内残留を感じた際は、安静と水分補給が重要。

しかし、根本的な解決策は、適切なお酒の量を把握すること。

自分の適量を知り、周囲にも迷惑をかけないように飲みすぎに注意することが肝要。

その場の雰囲気に流されず、体調管理を優先し、適度に楽しむことが大切。

詳しくみる ⇒参照元: 体内に残るお酒を早く抜く方法

二日酔いを防ぐ方法

お酒を飲んだ後の二日酔いを防ぐ方法を教えてください

お酒を飲まない。

二日酔いとは、お酒を飲みすぎた翌日に現れる頭痛、吐き気、胸やけなどの不快な症状です。

二日酔いを防ぐには、お酒を飲まないことが最も効果的です。

しかし、飲酒してしまった場合は、十分な水分補給や休息をとることで症状を緩和できます。

また、二日酔いの症状が出た場合は、市販の二日酔い薬を服用することも検討できます。

ただし、薬に頼りすぎると肝臓に負担がかかるので注意が必要です。

二日酔いを予防するためには、お酒を飲む前に十分に水分補給を行い、飲酒中は水分をこまめに摂取することが大切です。

また、空腹時に飲酒すると二日酔いになりやすくなるので、食事をしながらお酒を飲むようにしましょう。

詳しくみる ⇒参照元: 体内に残るお酒を早く抜く方法

飲酒後の体調管理

飲酒後の運転が禁止されるのは、体内にアルコールが残っているため?

はい

飲酒後はアルコールが体内に残り、体調に悪影響を及ぼします。

アルコールの分解時間は個人差がありますが、計算で求めることができます。

飲酒後は免許取消などの処分や罰金刑が科せられるため、飲酒後の運転は絶対にやめましょう。

また、悪酔いや二日酔い対策としてカリウムを摂取することもできます。

詳しくみる ⇒参照元: アルコールが抜ける時間はどれくらい?アルコール分解時間が過ぎ...

アルコール分解を早める方法

アルコールを早く分解するにはどうすれば良いですか?

水分とオルニチンを摂る

アルコールを分解するオルニチンを含むしじみや牡蠣などの食べ物を意図的に摂取したり、水分を多く摂ったりすることで、アルコールの分解を早めることができます。

また、アルコールの分解速度は個人差が大きく、生まれつきアルコール分解酵素ALDHを多く持つ人や肝臓が健康な人は分解が早い傾向にあります。

ただし、過度な飲酒は肝臓を疲弊させ、分解速度が低下する可能性があるため注意が必要です。

詳しくみる ⇒参照元: お酒が抜ける時間はどのくらい?二日酔いのアルコール分解を早め...

アルコール処理時間計算方法

お酒が身体から抜けるまでの時間が知りたい

体重×0.1で割り、純アルコール量を割る。

アルコールが体から抜ける時間は、純アルコール量を体重×0.1で割った時間で計算できます。

純アルコール量は、アルコール度数と摂取量から算出できます。

例えば、ビール500ml(アルコール度数5%)の純アルコール量は20g、日本酒1合の純アルコール量は21.6g、ウイスキー水割りダブル(アルコール度数40%)の純アルコール量は20.6g、ワイン1杯(120ml)の純アルコール量は11.5gです。

詳しくみる ⇒参照元: アルコールを飲んで何時間以内だと飲酒運転になるの?実際のとこ...

二日酔いの際の注意点

二日酔いの時は、どのような行為が危険ですか?

サウナやスポーツ

二日酔いの時は脱水症状になりやすく、サウナやスポーツで汗を流すとさらに脱水症状が悪化し、アルコールの排出に必要な水分まで奪われてしまう。

また、飲酒によって血圧のバランスが乱れているため、サウナやスポーツを続けると心臓や脳にダメージを与える可能性がある。

二日酔いの時は水分を十分に摂り、安静にしておくことが大切。

アルコールを摂取した後は、ビタミンB1やカリウムを補給し、肝臓の働きを助けるたんぱく質を摂取すると二日酔いや疲労感の軽減に役立つ。

詳しくみる ⇒参照元: アルコールが抜ける(分解)時間と計算方法|飲酒後の運転は何時...

タクシー運転手の飲酒規則とアルコール検知器の管理

タクシーに乗車するまでの9時間で抜けるお酒の量はどれくらい?

個人差あり

タクシー運転手は厳格な飲酒規則を遵守し、アルコール検知器の点検と保守が義務付けられています。

アルコール検知器のチェックには、アルコール溶液の噴霧と、メーカーの取扱説明書に基づく管理と保守が含まれます。

飲酒後、お酒が抜ける時間は人によって異なります。

詳しくみる ⇒参照元: アルコールを飲んで何時間以内だと飲酒運転になるの?実際のとこ...

アルコール分解時間の目安

体重50kgの人がワイン1単位を分解するのにかかる時間は?

5時間

体重50kgの人がワイン1単位を分解するのにかかる時間は、体重(kg)×0.1=1時間で分解できるアルコール量(g)の計算式から5時間と算出できます。

ただし、体質や肝臓の大きさなど個人差があり、寝ている間は分解速度も落ちるので、計算した時間を過ぎても分解には時間がかかる可能性があります。

詳しくみる ⇒参照元: ワインが体から抜ける時間は?酔いがさめるまでにどれくらいかか...