Academic Box Logo

King Gnu全国5大ドームツアーファイナルで常田が魅せたぶっ飛んだ演奏

King Gnu全国5大ドームツアーファイナルで常田が魅せたぶっ飛んだ演奏

こんにちは、ライターのYUKOです。King Gnuの全国5大ドームツアーが完走しましたね。今回は常田大希のライブレポートでツアーを振り返ってみましょう。

King Gnuライブの熱狂的オーディエンス

King Gnuライブのオーディエンスの熱気はどうだったか?

凄まじかった

King Gnuのライブは、1階から2階まで熱気に包まれ、オーディエンスは一瞬一秒を存分に楽しんでいた。

バンドの人気急上昇を受け、オーディエンスの期待は高かったが、King Gnuのパフォーマンスはそれを軽々と超えていた。

人気曲を合唱したり、常田大希のポストクラシカルな演奏に引き込まれたり、井口理のMCで笑ったりと、誰もが楽しめる「ごちそう」と、誰も体験したことのない「刺激物」のバランスが絶妙だった。

詳しくみる ⇒参照元: 常田大希は今、なにを見て、なにを感じ、なにを創ろうとしている...

常田大希の頭脳と心:King Gnuとmillennium paradeの狭間で

常田大希の新プロジェクト、millennium paradeの狙いは?

King Gnuでの活動との違いを追求

常田大希は、人気バンドKing Gnuのギター&ヴォーカルとして活躍する一方、新プロジェクト「millennium parade」を始動させました。

このプロジェクトでは、King Gnuとは異なる表現を模索し、自身の頭脳と心をさらけ出しています。

millennium paradeの活動を通して、常田はKing Gnuでの音楽活動とは異なる、自分自身の新たな側面を表現しようとしています。

インタビューでは、彼の才能と意欲の奥にある寂しさが垣間見えました。

King Gnuの全国ツアーの熱狂と「白日」のヒットに対する冷静な眼差しにも、彼の音楽に対する真摯な姿勢が表れています。

詳しくみる ⇒参照元: 常田大希は今、なにを見て、なにを感じ、なにを創ろうとしている...

King Gnu ライブレポート:大団円を迎えた5大ドームツアー

King Gnuのライブで印象に残った曲は何ですか?

King Gnuのライブでは、「BOY」のシンクロ演奏で会場が盛り上がり、「雨燦々」ではオーディエンスが一体となり、「三文小説」では光の演出が鳥肌ものでした。

また、「仝」では神々しいストリングスが響き渡り、「赤い照明が放射され、常田によるピアノフレーズが響き渡る」中、井口によるハイトーンのボーカリゼーションが観客を魅了しました。

詳しくみる ⇒参照元: 【ライブレポート】King Gnu、全国5大ドームツアーが札...

King Gnuドームツアーファイナル、巨大空間が似合う圧巻のパフォーマンス

ライブ会場のドームで、King Gnuのステージが似合っていたのはなぜ?

巨大なライブ空間が似合っていた

King Gnuのドームツアーファイナルは、巨大なライブ空間が似合う彼らのパフォーマンスが炸裂した。

ヒット曲「白日」では淡いモノクロームなシルエットの世界観を演出。

最新曲「泡」ではアブストラクトなサウンドとレーザーの演出で深海を漂うような雰囲気を醸し出した。

また、「Vinyl」では、ドラマーによる高まるビートと新井和輝によるベースが会場を盛り上げた。

さらに、常田大希のギターソロが冴え渡り、会場は熱狂の渦に包まれた。

ライブの後半には、火花が上がりまくる演出とともに常田大希による低音ボイスから始まった「W●KAHOLIC」が披露され、観客を熱狂の渦に巻き込んだ。

詳しくみる ⇒参照元: 【ライブレポート】King Gnu、全国5大ドームツアーが札...

King Gnu 5大ドームツアー ファイナルの熱狂

ファイナルのオーディエンスに井口はどんな言葉で挨拶した?

祭りで盛り上がろう!

King Gnuのライブでは、デジタルロック「一途」で幕を開け、重厚な「STARDOM」で盛り上がり、柔らかな「MIRROR」からヒット曲「CHAMELEON」を披露した。

その後、「DARE??」から「Vivid Red」へと繋ぎ、国民的ヒット曲「白日」では淡いモノクロームな世界観を演出した。

井口は「ファイナルへようこそ!

今日は祭りといこうか」とオーディエンスに呼びかけ、配信も含めて約12万人の観客と盛り上がった。

さらに、「硝子窓」でメロウに歌い上げ、「泡」ではアブストラクトなサウンドを響かせた。

そして、「2 Μ Ο Я Ο」で「この時がずっと続きますように」と歌い、後半は「Vinyl」で盛り上がりを最高潮に達した。

詳しくみる ⇒参照元: 【ライブレポート】King Gnu、全国5大ドームツアーが札...

King Gnuライブレポート:濃厚な至福の空間

ライブ本編の時間はどれくらいだったか

あっという間

ライブ本編は、King Gnuの音楽のキャッチーなサウンドとポジティブなギターソロによって会場中に至福の空気が拡散され、大合唱やロッキンな展開、神々しいストリングスと光演出が相まって、濃厚な時間が過ごされた。

ライブはあっという間に感じられ、ステージ上のメンバーが去った後も、鳴り止まない拍手と歓声、客席を埋め尽くすスマホライトのあかりが会場を照らした。

アンコールでは、井口が「あっという間のライブ本編だった」と語り、ソニーの人たちにも信じてもらえなかった5大ドームツアーの完走への決意を語った。

詳しくみる ⇒参照元: 【ライブレポート】King Gnu、全国5大ドームツアーが札...

「2992」: 常田大希が託す未来への思い

常田が「2992」に託した未来への思いは?

多様な価値観の肯定

「2992」は、常田大希氏が2019年に立ち上げたmillennium paradeが制作した楽曲。

常田氏は、はるか未来に残るであろうこの作品に、多様な人々と価値観が肯定される社会への期待を投影している。

レコーディングでは、メンバーそれぞれが独自の音楽活動を展開するなど多彩な顔ぶれが参加。

常田氏がすべての判断を下す中で、各メンバーの良さを引き出すタイプの作り手として、共同作業を進めている。

詳しくみる ⇒参照元: 「常田大希 破壊と構築」 ドキュメンタリー ダイジェスト 保...

King Gnuライブ:エモーショナルな展開と壮大な演出

ラストの曲で常田が行った煽りの内容とは?

会場中を煽る

King Gnuのライブでは、エモーショナルな生演奏や煌びやかな演出が繰り広げられた。

ラスト近くには、常田が拡声器を持って会場中を煽る「Slumberland」が披露され、さらに勢いそのままに「Sorrows」へと移行した。

ハイテンションナンバー「Flash!!!」で最高潮の盛り上がりを見せ、King Gnuの成長ぶりを印象付けた。

ライブではレーザーや炎などの演出が目を引き、まるで天界からの視点のような極上の展開が繰り広げられた。

詳しくみる ⇒参照元: 【ライブレポート】King Gnu、全国5大ドームツアーが札...

King Gnuの熱狂的なライブ体験

King Gnuのライブの特徴は?

派手な演出と熱気

King Gnuのライブは、炎の噴射やタオルを回すなど派手な演出で、会場全体が熱気に包まれるのが特徴です。

ステージでは、常田が「ありがとー!

」と挨拶し、メンバー4人が手を取り合って深々と頭を下げます。

ライブの最後には、常田のギターがステージに残され、フィードバックノイズが余韻として会場に響き渡ります。

この熱狂的なライブパフォーマンスが、King Gnuを人気バンドへと押し上げています。

彼らは国内5大ドームツアーを史上最速で完走し、現在はアジアツアーで海外進出を果たしています。

詳しくみる ⇒参照元: King Gnu、初の5大ドームツアー完走 ファイナル札幌公...

King Gnuライブハイライト

King Gnuのライブで最も印象に残ったパフォーマンスは何か?

エモーショナルな「):阿修羅:(」

ライブは、アブストラクトなサウンドで幕を開け、「2 Μ Ο Я Ο」では常田と井口の歌声が会場を包み込んだ。

その後、「Vinyl」では新井のベースが躍動し、常田のギターソロが炸裂。

ステージが火花に包まれる中、常田の低音ボイスで「W●KAHOLIC」がスタートし、アッパーな「):阿修羅:(」へと突入した。

新井が笑顔でキーボードを奏で、常田のフレーズが胸に響く中、レーザーと炎が飛び交った。

常田のギターソロから生演奏のエモーショナルな展開がスペシャルな「):阿修羅:(」が印象に残った。

また、「IKAROS」では天界からのような極上の展開が繰り広げられ、「Slumberland」では常田が拡声器で会場を煽り、観客を熱狂の渦に巻き込んだ。

詳しくみる ⇒参照元: King Gnu、初の5大ドームツアー完走 ファイナル札幌公...

King Gnu史上最速5大ドームツアー、38万人動員

5大ドームツアーの観客数は?

約38万人

King Gnuは史上最速の全国5大ドームツアーを行い、約38万人を動員しました。

ファイナル公演である札幌ドーム公演は、映画館でのライブビューイングとオンラインライブでも配信され、同時におよそ12万人が歓喜しました。

また、アジアツアーもスタートし、すでに3万5,000枚のチケットが完売しています。

詳しくみる ⇒参照元: 【ライブレポート】King Gnu、全国5大ドームツアーが札...

King Gnuのアジアツアー

King Gnuのアジアツアーでは何都市を巡る?

7公演

King Gnuは初のCDシングル「Prayer X」で5大ドームツアーを国内で完走後、4月6日からアジア4都市で合計7公演のアジアツアーに踏み出します。

このツアーでKing Gnuは日本国外でもシンパを増やし、セレモニーを続けていきます。

詳しくみる ⇒参照元: 【ライブレポート】King Gnu、全国5大ドームツアーが札...

常田大希の音楽的ルーツとソロプロジェクト

常田大希がソロプロジェクトを始めたきっかけは?

「Daiki Tsuneta Millennium Parade」が原型

常田大希は音楽一家に生まれ、幼少期から音楽に囲まれて育ちました。

5歳からチェロを習い始め、中学3年には合唱部に兼部し、NHK全国学校音楽コンクールに出場しています。

その後、ソロプロジェクト「millennium parade」を「Daiki Tsuneta Millennium Parade」を原型としてスタートさせました。

詳しくみる ⇒参照元: 常田大希

常田大希の音楽制作の秘密

常田大希は音楽制作でどのような特徴があるか?

楽器を多用し、クラシックの要素も取り入れる

常田大希は、東京藝術大学の器楽科チェロ専攻を中退後、King Gnuの楽曲制作をすべて担うなど、若くして音楽シーンのトップに上り詰めた。

彼の音楽制作の特徴は、チェロやドラムなど10以上の楽器を操り、クラシックの要素も大胆に取り入れることで、誰も聞いたことのない世界観を生み出している点にある。

また、millennium paradeなどのプロジェクトでも映像表現に挑戦するなど、その創造力は多方面にわたる。

詳しくみる ⇒参照元: 「常田大希 破壊と構築」 ドキュメンタリー ダイジェスト 保...

King Gnu常田の葛藤と新プロジェクトの謎

常田大希が「King Gnu」とは別に始めた新プロジェクト「millennium parade」の目的は?

意図は明らかにされていない

King Gnuの常田大希は、日本の大衆音楽の傾向やリスナーの音楽の捉え方に対して葛藤を抱えている。

彼は、日本の音楽文化の状況を変えるようなサプライズを願っているが、それが実現するかについては期待していないようだ。

そんな中、常田は「millennium parade」という新プロジェクトを始動させたが、その目的は明らかにされていない。

詳しくみる ⇒参照元: 常田大希は今、なにを見て、なにを感じ、なにを創ろうとしている...
King Gnuの全国5大ドームツアーは、史上の最速記録を打ち立て、38万人を動員しました。このツアーの成功は、バンドの楽曲の進化と観客の熱狂的なサポートによるものでした。