Academic Box Logo

ポケモンショックの真実:原因、後遺症、ピカチュウの10まんボルト事件の全貌

ポケモンショックの真実:原因、後遺症、ピカチュウの10まんボルト事件の全貌

ライターのYUKOです。今日は、ポケモンショックの真実についてお話しします。

ポケモンショックの真実

ポケモンショックの真実https://newsee-media.comポケモンショックの原因となったものは何ですか?

光の点滅

1997年に放送されたアニメ「ポケットモンスター」の第38話「でんのうせんしポリゴン」で、ロケット弾攻撃シーンの強い光の点滅が原因で、約680人の小中学生が痙攣や体調不良を訴える放送事故が発生しました。この事件は「ポケモンショック」と呼ばれ、4か月間放送が中断されました。光の点滅、特に赤色と青色の繰り返しは、大脳を広範囲に刺激し、体調不良を引き起こす危険性があると考えられています。詳しくみる ⇒参照元: ポケモンショックの後遺症や死亡例は?ポリゴンは悪くない

アニメ「ポケットモンスター」放送事故(ポケモンショック)

アニメ「ポケットモンスター」放送事故(ポケモンショック)https://newsmatomedia.com放送事故を引き起こしたアニメの回は何話か?

第38話

1997年12月16日に放送されたアニメ「ポケットモンスター」の第38話「でんのうせんしポリゴン」は、光過敏症発作を引き起こす放送事故を引き起こし、全国で651人が救急搬送される事態となった。この事故は「ポケモンショック」として知られ、当時の人気アニメだったポケモンの影響力の大きさを物語る出来事となった。事故発生時は345万人が視聴していたと推定されており、救急搬送された視聴者のほとんどは子供だった。事故を受けて、アニメ放送における光過敏症対策が強化されることとなった。詳しくみる ⇒参照元: ポケモンショックの症状と原因!死者数や後遺症・ピカチュウ10...

「ポケモンショック」後のテレビ放送ガイドライン

「ポケモンショック」後のテレビ放送ガイドラインhttps://trance-cell.com「ポケモンショック」を防ぐきっかけとなった、テレビ東京の制定したガイドラインとは何ですか?

点滅の周期や色の制限

1997年の「ポケモンショック」を受けて、テレビ東京は、視聴者の健康への影響を考慮した放送に関するガイドラインを制定しました。このガイドラインは、点滅の周期や色を制限したり、点滅でなくても輝度差のある縞模様の使用を避けるよう求めています。これらは、光過敏性発作を引き起こす可能性のある刺激を軽減することを目的としています。また、このガイドラインは、過去に発生した同様の事件でNHKが原因を特定し適切な報道を行っていれば、「ポケモンショック」のような大規模な事態を防げた可能性があったと認識しています。詳しくみる ⇒参照元: 光過敏性発作

ポケモンショック:ピカチュウ映像が引き起こした大量発作事件

ポケモンショック:ピカチュウ映像が引き起こした大量発作事件https://newsee-media.comピカチュウの映像が原因とされる「ポケモンショック」の被害者数は?

約700名

「ポケモンショック」は、1997年に放送されたアニメ「ポケットモンスター」第38話で特定の映像を見た視聴者が「光過敏性発作」を起こし、約700名が病院に運ばれた事件です。被害者のほとんどは小・中学生児童で、130人以上が入院しました。この事件は世界でも史上初めて、テレビ番組が原因で多数の視聴者が病院に搬送された出来事とされています。事件後、問題の映像を含む第38話は封印され、現在では視聴できません。詳しくみる ⇒参照元: ポケモンショックの原因&死者や後遺症は?ピカチュウの10まん...

ポケモンショックの衝撃

ポケモンショックの衝撃https://newsmatomedia.comポケモンショックによって、大人は何歳まで影響を受けたのか?

42歳

ポケモンショックの影響は子供だけでなく、42歳の大人にも及びました。その後、半年後には小学校教員が問題の映像を子供たちに視聴させたところ、女子児童1名が気分不良を訴えて保健室に搬送される事態が発生しました。この事件を受け、テレビ東京はポケモン関連の番組・コンテンツをすべて休止。アニメの放送は『学級王ヤマザキ』に差し替えられ、バッシングの対象となりました。ただし、ポケモンショックの原因はコンテンツ自体ではなく、チカチカとした点滅演出にあったとされています。詳しくみる ⇒参照元: ポケモンショックの症状と原因!死者数や後遺症・ピカチュウ10...

ポケモンショックの映像手法

ポケモンショックの映像手法https://newsee-media.comデジタルなポケモンであるポリゴンが登場するエピソード放送により引き起こされた事件で用いられた映像手法は?

パカパカ、ストロボ、フラッシング

アニメ「ポケットモンスター」の放送中に用いられた激しい光の点滅表現が「ポケモンショック」と呼ばれる事件を引き起こし、その結果、アニメの放送は休止され、テレビ局は放送基準を設けました。この事件では、背景色や画面全体を短時間の間に激しく点滅させる「パカパカ」、「ストロボ」、「フラッシング」と呼ばれる映像手法が多数使用されており、赤色と青色の光が交互に点滅する表現が特に問題視されました。この事件を受けて、現在では子供向けのアニメ開始時に「テレビを見るときは部屋を明るくしてテレビから離れて見てください」というテロップが表示されるようになりました。詳しくみる ⇒参照元: ポケモンショックの原因&死者や後遺症は?ピカチュウの10まん...

ポケモンショックの引き金となった映像

ポケモンショックの引き金となった映像https://newsee-media.comポケモンショックを引き起こしたシーンは?

ピカチュウが「10まんボルト」を放つシーン

ポケモンショックは、1997年に放送されたアニメ「ポケットモンスター」の第38話「でんのうせんしポリゴン」の視聴後に発生した光過敏性発作の一種です。このエピソードでは、主人公たちが特殊な電脳空間を「ポリゴン」というポケモンに乗って移動するシーンや、特殊な空間でのエピソードゆえに背景が不自然な動き方をするシーンが多く登場しました。これらのシーンが視聴者に通常では行われない眼球運動を誘発し、光過敏性発作を引き起こしたと考えられています。ポケモンショックの症状としては、全身痙攣発作、意識障害、視覚系症状、不定愁訴、不快な気分、卒倒、頭痛、吐き気などが報告されています。ポケモンショックの症状が出て病院に搬送された人の大部分が、症状が出たタイミングとして報告しているのが、この放送の終盤に流れた、ピカチュウが「10まんボルト」をワクチンミサイルに放ち爆発が起こるシーンです。このシーンは、ピカチュウの技がミサイルに命中して爆発を起こした直後のシーンで、約4秒間にわたって赤と青の激しい点滅が1秒あたりに約20回から30回ほど繰り返されています。ほとんどの被害者がこのシーンを見ているタイミングで症状が出たと報告している事から、「ポケモンショック」の原因はこのピカチュウが「10まんボルト」を放つシーンである可能性が高いと見られています。詳しくみる ⇒参照元: ポケモンショックの原因&死者や後遺症は?ピカチュウの10まん...

ポケモンショックで傷ついたポリゴン

ポケモンショックで傷ついたポリゴンhttps://newsmatomedia.comポリゴンはポケモンショックを引き起こした原因なのか?

ノー

「ポリゴンは悪くない」という風潮がある中、ポケモンの公式Twitterが「ポリゴンが見つからない」とツイートし、ファンを歓喜させた。しかし、後にこのツイートは削除されており、ポリゴンが許されたかどうかは不明。ポケモンショックによりアニメから消えたポリゴンは、汚名を着せられ、最も被害を受けたポケモンかもしれない。詳しくみる ⇒参照元: ポケモンショックの症状と原因!死者数や後遺症・ピカチュウ10...

ポケモン ミミッキュの中身の真相

ポケモン ミミッキュの中身の真相https://b-o-w.jpポケモン ミミッキュの中身がポリゴンという噂の真偽は?

根拠無し

ポケモン ミミッキュの中身がポリゴンだという噂は根拠のない都市伝説です。ポケモンには「アローラ番号」で区別され、ミミッキュの中身がポリゴンであるという関連性はありません。また、ポケモンショックのような過剰な光の点滅を避ける対策として、テレビは離れて明るいところから視聴し、遮光眼鏡や遮光フィルムの使用が推奨されています。詳しくみる ⇒参照元: ポケモンショックの後遺症や死亡例は?ポリゴンは悪くない

光刺激のリスク

光刺激のリスクhttps://ge-soku.comポケモンショックを引き起こした光刺激の特徴は?

赤色と青色の繰り返し

ポケモンショックは、特に赤色と青色の繰り返しが多い激しい光刺激によって引き起こされたとされています。この光刺激は、灰色の照射に比べて大脳を広範囲に刺激し、発作や眼・視覚系症状、湿疹などの症状を引き起こしました。また、ポケモンショックだけでなく、テレビ、家電、スマホ、ゲーム機から発せられるブルーライトも健康被害を引き起こす可能性があると考えられています。詳しくみる ⇒参照元: 約650人を病院へ送った大事件。日常に潜むポケモンショックと...

光過敏性発作

光過敏性発作https://pbs.twimg.com特定の光刺激に反応して発作を引き起こす症状はなんですか?

光過敏性発作

光過敏性発作はてんかんの一種で、視覚刺激に対して異常な反応を示し、強い光にさらされると脳が過剰に興奮して発作を起こします。映画やテレビゲームなどの光刺激の普及により、症例が増加しています。1997年のポケモンショックが日本では有名な事例です。特に10Hzから20Hzの点滅周期の光刺激が誘発しやすくなっています。詳しくみる ⇒参照元: 光過敏性発作

ポケモンショックでアニメから姿を消したポケモン

ポケモンショックでアニメから姿を消したポケモンhttps://img.pokemon-matome.netアニメ版ポケモンでタブー扱いされるようになったポケモンは何?

ポリゴン

1997年放送の「ポケットモンスター」第38話「でんのうせんしポリゴン」で発生した「ポケモンショック」がきっかけで、その回に登場したポケモン「ポリゴン」はアニメ版ではタブー扱いされています。ポリゴンがアニメ本編に登場したのはこの回のみで、その後は一切登場していません。ポリゴンの進化系であるポリゴン2とポリゴンZも同様に、アニメ本編では登場していません(ただし、劇場版では何度か登場しています)。ポケモンショックは、てんかんなどの素因を元々持っていた人に症状が出た可能性が高いと考えられています。そのため、「ポケモンショック」がきっかけでてんかんを発症してしまった人もいるようです。ポケモンファンの間では、「ポリゴンが悪者のようにされているのはかわいそうだ」という声が多く上がっています。詳しくみる ⇒参照元: ポケモンショックの原因&死者や後遺症は?ピカチュウの10まん...

いかがでしたか? 他の記事も ぜひご覧ください ↓↓