Academic Box Logo

小林綾子、『おしん』で掴んだ夢と叶えたい朝ドラ復帰の願い

小林綾子、『おしん』で掴んだ夢と叶えたい朝ドラ復帰の願い

ライターのYUKOです。本日ご紹介するのは、小林綾子さんの「おしん」で掴んだ夢と朝ドラ復帰の願いです。

伝説の朝ドラ「おしん」

伝説の朝ドラ「おしん」https://kininarunaru-sokuhou.net小林綾子演じた「おしん」の特徴は?

少女時代

「おしん」は、明治・大正・昭和を舞台に貧しい小作農の娘の半生を描いたドラマです。主人公の少女時代は小林綾子が演じ、放送当時は「おしんドローム」という流行語を生み出すほど社会現象となりました。平均視聴率52.6%、最高視聴率62.9%というドラマ史上最高視聴率を記録しています。小林綾子は「おしんを演じたことで、さまざまな困難を乗り越えることができた」と語っています。詳しくみる ⇒参照元: 小林綾子「10歳で演じた『おしん』が人生を決めた」

おしん: 天才子役の苦難を乗り越えた原点

おしん: 天才子役の苦難を乗り越えた原点https://dramatsuri.comおしんの放送終了後に小林綾子がどのように苦難を乗り越えられたのか

おしんを演じたことが原点となった

小林綾子は、天才子役として活躍した後、語学留学や結婚と離婚を経験した。しかし、困難を乗り越えられたのは、自身の原点が『おしん』にあったからだとしている。小林綾子は、1972年生まれで、東映の児童劇団に5歳で入団。10歳で『おしん』のオーディションに合格し、ヒロインの少女時代を演じた。この作品は社会現象となり、世界73の国と地域で放送された。最高視聴率は62.9%を記録し、ドラマ史上最高視聴率の金字塔となっている。詳しくみる ⇒参照元: 小林綾子「10歳で演じた『おしん』が人生を決めた」(女性自身...

小林綾子、36年ぶり朝ドラ復帰作「なつぞら」でヒロインの母親役に

小林綾子、36年ぶり朝ドラ復帰作「なつぞら」でヒロインの母親役にhttps://eiga.k-img.com小林綾子にとって『なつぞら』はどのような意味を持つ作品か?

36年ぶりの朝ドラ復帰作

女優の小林綾子は、現在放送中の朝ドラ『なつぞら』で天陽の母親・山田タミ役を演じている。この作品は、小林さんにとって、10歳で主演した『おしん』以来、36年ぶりの朝ドラ復帰作となった。小林さんは、100作目の朝ドラに出演し、懐かしさに浸りながら、再び朝ドラの現場に戻ってきたことを感じている。現在、NHK BSプレミアムでは、『おしん』と『なつぞら』が続けて放送されており、小林さんの歩んできたキャリアが改めて注目されている。詳しくみる ⇒参照元: 小林綾子『なつぞら』で叶えた夢「いつか朝ドラに戻りたい」

小林綾子、「なつぞら」で叶えた朝ドラへの夢

小林綾子、「なつぞら」で叶えた朝ドラへの夢https://nippon.com小林綾子にとって、朝ドラ「なつぞら」への出演はどのようなものでしたか?

夢が叶った

小林綾子は、10歳の時に「おしん」で朝ドラデビューし、最高視聴率62.9%という大ヒットを記録しました。その後、留学や離婚を経て役者を続け、100作目の「なつぞら」で朝ドラに戻ってきました。「なつぞら」の収録現場で、山田家のセットを見た時、かつて出演した「おしん」の家を思い出し、懐かしさと感動を覚えました。詳しくみる ⇒参照元: 小林綾子『なつぞら』で叶えた夢「いつか朝ドラに戻りたい」

小林綾子は、’おしん’での成功を足がかりに、36年ぶりに朝ドラに復帰した