Academic Box Logo

桂宮治:落語界の若き才能と笑点の新顔

桂宮治:落語界の若き才能と笑点の新顔

ライターのYUKOです。今回は落語界の新星、桂宮治さんをご紹介します。

「笑点」新メンバー・桂宮治の意外な素顔

「笑点」新メンバー・桂宮治の意外な素顔https://jprime.jp桂宮治の「笑点」メンバー入りに対する最初の感想は?

不安とプレッシャー

「笑点」新メンバーの桂宮治は、ネガティブな性格で、メンバー入り決定時は不安とプレッシャーが大きかった。喜びよりも、人生への影響や交通事故などのマイナス要因を心配していた。しかし、持ち前の明るさと元気を舞台上で発揮し、新風を吹き込んでいる。詳しくみる ⇒参照元: 『笑点』新メンバー・桂宮治は'うそでしょ級'ネガティブ

笑点メンバーの必須要素

笑点メンバーの必須要素https://jprime.jp林家三平さんの後任として「笑点」メンバーとなった落語家の特徴は?

度胸、愛嬌、確かな話術

林家三平さんの後任として「笑点」メンバーとなった落語家は、度胸、愛嬌、確かな話術を兼ね備えています。番組に必要な明るさと、巧みな語りでリスナーを惹きつけます。特に、三平さん自身が語った「死神」という怖い話は、ゾッとするような演出と衝撃的なオチで、その実力を印象付けました。こうした要素が、大先輩を前に堂々と振る舞うことができる秘訣であり、番組の制作陣にも認められたポイントです。詳しくみる ⇒参照元: 「笑点」新メンバー桂宮治さんがあまりにも適任な理由

笑点の若草色復活、宮治のプレッシャーと意気込み

笑点の若草色復活、宮治のプレッシャーと意気込みhttps://ryo-ishikawa.fun笑点に若草色の色紋付が復活したのはなぜですか?

桂歌丸の復活

「笑点」の新メンバー、桂宮治が番組初収録に臨んだ際、着用していた色紋付が、15年ぶりに若草色に復活した。これは、かつて桂歌丸が回答者時代に着ていた色で、宮治は「プレッシャーと恐怖が襲ってきた」と語っている。宮治は、まだ歌丸のイメージを引き継ぐことはできないとしつつも、「“この色は大外で明るく元気に騒いでいる宮治の色”と思ってもらえる日が来るように」と意気込みを語った。詳しくみる ⇒参照元: 『笑点』新メンバー・桂宮治は'うそでしょ級'ネガティブ

宮治のキャラ作り

宮治のキャラ作りhttps://jprime.ismcdn.jp春風亭昇太が宮治にどんなアドバイスをしたか?

今のまま頑張れば良い

宮治は他メンバーをイジる際に勇気がいるが、下げにパーンとツッコむのが面白いので、好楽師匠につまらないと言うパッケージを見せる。楽屋で謝ると師匠方は笑って許してくれるが、山田隆夫さんだけは許してくれない。宮治はキャラ付けせずに、春風亭昇太師匠のアドバイス通り、今のまま頑張り、師匠方との化学反応でキャラを固めていこうと考えている。詳しくみる ⇒参照元: 『笑点』新メンバー・桂宮治は'うそでしょ級'ネガティブ

笑点の新風!宮治の自由奔放なキャラクター

笑点の新風!宮治の自由奔放なキャラクターhttps://static.chunichi.co.jp林家三平がレギュラーから降板し、新たに加入した宮治はどんなキャラクターか?

自由奔放な子犬

林家三平は消極的な態度のためレギュラー降板となったが、宮治は遅れて落語の世界に入ったため怖いもの知らずで、自由奔放な子犬のようなキャラクターを持っている。この明るい性格が視聴者に好まれ、制作陣も宮治の加入を期待していたと考えられる。しかし、宮治のキャラクターは、レギュラー最年少の林家たい平と少し似通っているため、キャラ被りが懸念される。詳しくみる ⇒参照元: 「笑点」新メンバー桂宮治さんがあまりにも適任な理由

宮治の一之輔いじり

宮治の一之輔いじりhttps://image.space.rakuten.co.jp春風亭一之輔が友だちが少ない理由を宮治が指摘している

11人抜き

落語家の春風亭一之輔は、年上の落語家・宮治と「仕事上は大先輩、年齢は年下」の関係である。宮治は一之輔が友だちが少ない理由について、「11人抜き」を指摘している。これは、一之輔が落語の「真打ち」昇進試験で11人抜きで昇進したことを指している。宮治は、このことが原因で同世代や先輩との交流が薄くなり、友だちが少ないのではないかと推測している。詳しくみる ⇒参照元: 「笑点」新メンバー桂宮治さんがあまりにも適任な理由

この考察から、桂宮治が落語界と「笑点」に与えた影響は大きく、彼の自由奔放なキャラクターと優れた話術が、番組に新鮮な風を吹き込んだことがわかる