Academic Box Logo

大阪の半グレ集団アビスの暗黒面を暴く: 菅野深海逮捕の真相とメンバーの行方

大阪の半グレ集団アビスの暗黒面を暴く: 菅野深海逮捕の真相とメンバーの行方

ライターのYUKOです。大阪の半グレ集団アビスの暗黒面についての記事をご紹介します。

半グレグループ「アビス」壊滅

大阪ミナミで最も影響力のあるとされた半グレグループは何だった?

拳月グループ

大阪ミナミで最も影響力のあるとされた半グレグループは「拳月グループ」だった。

リーダーは相良正幸で、最高幹部には籠池勇介がいた。

このグループは2019年のNHKスペシャル番組「半グレ 反社会性力の実像」でクローズアップされた。

この番組が半グレ対策会議の開催につながり、拳月グループは大阪府警の一掃作戦の対象となった。

詳しくみる ⇒参照元: 大阪の半グレ・アビスの現在!リーダー菅野深海とメンバーの逮捕...

ミナミのヒトラー「アビス」の菅野深海

「アビス」のリーダーの菅野深海は、なぜ「ミナミのヒトラー」と呼ばれていたのでしょうか?

残虐性

大阪・ミナミ最大の半グレグループ「アビス」のリーダーである菅野深海は、残虐性から「ミナミのヒトラー」と呼ばれていました。

菅野は勢力拡大のため、金属バットやゴルフクラブなどの武器を準備し、敵対グループを襲撃。

敵対者や意にそぐわない味方に対しても、集団リンチ「叩き」で制裁を加えていました。

また、菅野はキックボクシングの経験があり、個人としても高い戦闘能力を有していました。

詳しくみる ⇒参照元: 大阪の半グレ・アビスの現在!リーダー菅野深海とメンバーの逮捕...

アビスグループリーダー菅野深海の現在

菅野深海の現在の状況は?

逮捕され、実刑の可能性がある

菅野深海はアビスグループのリーダーで、中学生時代から悪行を重ねてきた。

2019年には10代の少年を暴行したとして逮捕され、現在も大阪府警に拘束されている可能性がある。

彼のSNSには釈放の情報がなく、実刑判決を受ける可能性が高いと考えられている。

詳しくみる ⇒参照元: 半グレアビスのリーダー・菅野深海の現在がヤバすぎる!?

アビスグループと暴力団の関係

アビスグループはどのような組織ですか?

暴力団の傘下に入った準暴力団

アビスグループはミナミで活動する準暴力団で、暴力団の傘下に入り、上納金として月に2000万円を支払っています。

また、アビスグループのトップSは、アビスの収益から2000万円を上納させていると言われています。

さらに、アビス幹部の菅野義秀は、暴力団「任侠山口組」系の有名組長の子どもではないかと噂されています。

詳しくみる ⇒参照元: 半グレアビスのリーダー・菅野深海の現在がヤバすぎる!?

ミナミの闇を支配する「アビス」のボス

ミナミ最大の半グレグループ「アビス」のリーダー、菅野深海の別称は何ですか?

ミナミのヒトラー

菅野深海率いる半グレグループ「アビス」は、大阪ミナミ最大の勢力を誇る組織。

違法営業のガールズバーなどで巨額のぼったくりを行い、警察の取り締まりを逃れるために解散届を提出したが、実際には活動継続中。

暴力団対策法により勢力を減らす暴力団は、半グレグループを手下としてみかじめ料を徴収しており、アビスもその1つ。

暴力団からの庇護を受ける代わりに、暴力団の後ろ盾を利用している。

詳しくみる ⇒参照元: 大阪の半グレ・アビスの現在!リーダー菅野深海とメンバーの逮捕...

暴力団と半グレの共存関係

暴力団に所属せず違法行為を行う組織の名前は何?

半グレ

任侠山口組系組織のアビスと、暴力団組織に所属しない半グレのO7は、大阪市北区で活動していた。

両組織は暴力団の仲裁で対立を収めたが、警察の捜査によりO7リーダーらが逮捕され、アビスも風営法違反などの容疑で摘発された結果、アビスは2022年11月14日、O7は12月5日に解散届を提出した。

暴力団は暴力団対策法などの規制強化により、半グレと共存して資金獲得活動を行っていた。

詳しくみる ⇒参照元: 【衝撃事件の核心】大阪・ミナミ半グレぼったくりバー

アビス摘発事件の意外な関係者

環状族が摘発事件に大きく関わっているのはなぜ?

関西地方での暴走族文化の根深さ

大阪で発生した摘発事件は、アビスとアウトセブンという半グレ集団の抗争と見られていたが、実は環状族も深く関わっていた。

その理由は、関西地方で暴走族文化が根強く、悪い意味で定着しているため。

大阪のイレブンスリーなど、暴走族関連のイベントは社会問題にもなっている。

詳しくみる ⇒参照元: 大阪ミナミのトップ半グレ「アビス」55人逮捕解説・リーダーは...

準暴力団「アビス」と暴力団の関係

準暴力団「アビス」はどこの組織に面倒を見てもらっているのか?

特定の指定暴力団ではない

準暴力団「アビス」は、利益の一部を暴力団に上納していたことが明らかになった。

しかし、アビスが特定の暴力団に面倒を見てもらっているわけではない。

アビスの元メンバーによると、アビスは都度、個人的に仲の良い組織と付き合っているだけだという。

そのため、ミナミで半グレが天下を取っているという報道は誤解を招くものである。

詳しくみる ⇒参照元: 大阪ミナミのトップ半グレ「アビス」55人逮捕解説・リーダーは...

アビスの掟と菅野深海の素質

菅野深海の父親はどのような職業に就いていたと噂されているか?

暴力団組員

菅野深海は大阪連合のメンバーで、暴力団組員だった父親から悪党の素質を受け継いだと言われている。

菅野深海の父親がヤクザだったという噂があるが、信憑性は低い。

しかし、菅野深海の3歳年上の兄とされる菅野義秀がアビスのメンバーであることは事実である。

アビスは暴走族のような掟があり、菅野深海に対する絶対的な忠誠が求められ、上納金システムが存在した。

詳しくみる ⇒参照元: 大阪の半グレ・アビスの現在!リーダー菅野深海とメンバーの逮捕...

半グレ幹部の転身が示す暴力団との関係強化

半グレ集団アビスの解散後、菅野容疑者のその後は?

暴力団組員へ転身

菅野容疑者はかつて半グレ集団アビスの幹部だったが、アビス解散後は暴力団組員に転身した。

この転身は、半グレと暴力団の強固な関係を示唆している可能性があると捜査関係者は警戒感を強めている。

詳しくみる ⇒参照元: 山口組が「半グレ」吸収 泥沼化する分裂抗争の先兵に

半グレ組織アビスの内部構造と対立

幹部以外の人たちは毎月いくらの給料をもらっていたか?

100万円

暴力とカネで統率されていた犯罪組織アビスでは、幹部たちは売り上げ目標を達成できないと他のメンバーから暴行を受け、リーダーには毎月計2千万円を上納していました。

一方、幹部以外の人たちは毎月100万円の「給料」を受け取っており、アビスは報酬でブランド品を購入したり夜遊びをしたりするため、ぼったくりを繰り返していたようです。

アビスは別の半グレ集団アウト・セブンと対立し、乱闘騒ぎも発生しています。

詳しくみる ⇒参照元: 【衝撃事件の核心】大阪・ミナミ半グレぼったくりバー

半グレのぼったくりガールズバー摘発

半グレによるガールズバーのぼったくり手口は?

客を脅迫、暴行して法外な料金請求

大阪ミナミで、半グレ集団が経営するガールズバーで、客に暴行・脅迫を加えて法外な料金を請求するぼったくり行為が発覚しました。

その手口は、客を店に誘い込み、高額な飲み物を注文させて請求するもので、被害額は毎月5千万円以上に上り、一部は暴力団にも上納されていました。

半グレのメンバーは、暴力と金銭によって統率され、客に対しては暴行や監禁も辞さない凶悪な手口で金銭を搾取していたことが明らかになりました。

詳しくみる ⇒参照元: 【衝撃事件の核心】大阪・ミナミ半グレぼったくりバー

半グレと暴力団の密接な関係

半グレ集団が暴力団と関係を持っていることで得られるメリットは?

暴力団の後ろ盾

過去に半グレだった男たちが傷害容疑で逮捕され、その際に暴力団との関係をほのめかした。

半グレは暴力団の資金源となっており、その見返りとして暴力団の後ろ盾を得ている。

半グレは暴力団対策法や暴力団排除条例の適用外であるため、資金獲得に絡む犯罪を犯すことが多い。

令和3年に大阪府警察が摘発した半グレは250人で、そのほとんどが特殊詐欺や集団窃盗などの犯罪に関与していた。

詳しくみる ⇒参照元: 山口組が「半グレ」吸収 泥沼化する分裂抗争の先兵に

アビスの真のリーダー

アビスのリーダーは誰?

別の人物

アビス摘発事件では、当時19歳の少年が警察からリーダー格と認定されたが、実際には別のリーダーが存在する。

組織は表向き解散しているが、組織力は維持されているという。

詳しくみる ⇒参照元: 大阪ミナミのトップ半グレ「アビス」55人逮捕解説・リーダーは...

半グレ組織「アビス」のその後

半グレアビスの「ミナミのヒトラー」と呼ばれる人物の運命は?

毒ガスで死亡

大阪府警が解散届を提出した半グレ組織「アビス」は、水面下で活動を継続しているという噂がある。

アビスの「ミナミのヒトラー」と呼ばれる人物は、アウシュビッツに送られ毒ガスで死亡した。

アビスは、バーへの誘導や、YouTubeの動画配信などを通じて活動している。

2020年2月には、アビスのメンバーが逮捕され、ウーズ化した子どもも確認された。

詳しくみる ⇒参照元: 半グレアビスのリーダー・菅野深海の現在がヤバすぎる!?