Academic Box Logo

壬氏の嫁選び: 薬屋のひとりごとの恋のゆくえ

壬氏の嫁選び: 薬屋のひとりごとの恋のゆくえ

こんにちは、ライターのYUKOです。

壬氏の謎に迫る

壬氏の謎に迫るhttps://prcdn.freetls.fastly.net壬氏の正体は?

帝と阿多妃の息子

壬氏は、帝と阿多妃の息子である華瑞月である。しかし、壬氏はそれを知らず、皇太后と阿多妃が赤子の取り換えをしたため、自分は皇弟だと思っている。阿多妃の侍女頭が赤子に蜂蜜を与えてしまったため、本物の皇弟は死亡した。詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】壬氏の正体をイラスト家系図で解説!

壬氏の出生の秘密と後宮管理人の理由

壬氏の出生の秘密と後宮管理人の理由https://famitsu.com壬氏は何故後宮管理人になったか?

自らが不義の子かという疑いから

壬氏は自身の出生に疑いがあり、不義の子ではないかとの考えから、将来国のトップになれるはずの東宮の位を捨て、後宮管理人となりました。この疑いは、後に阿多によって暴露され、壬氏本人も自身の出生を知らなかったことが明らかになりました。壬氏のこの行動は、自身の出自についての悩みを誰にも相談できなかったつらさを物語っています。詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】壬氏の正体をイラスト家系図で解説!

阿多妃の正体と真実

阿多妃の正体と真実https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com「阿多妃」の本当の正体は?

帝の最初で最愛の妃

阿多妃は帝の最初の妃であり、帝が一番愛していた妃でした。しかし、妃の立場が嫌だった阿多妃は、壬氏を出産した際に、皇弟と壬氏を入れ替えます。その後、阿多妃は上級妃として後宮に残りましたが、帝の計らいで南の離宮に住むことになり、皇族直属の諜報機関「巳の一族」の雀を与えられます。阿多妃は壬氏の幸せを願いつつ、猫猫の立場を理解し、逃亡を手助けします。阿多妃は、帝に愛されながらも商人として旅に出たいという夢を奪われた過去があり、壬氏が猫猫に同じことをしないと分かった時、涙をこぼしました。詳しくみる ⇒参照元: 薬屋のひとりごと 阿多妃(アードゥオヒ)の正体は?主上・壬氏...

阿多妃と現帝の悲劇的な過去

阿多妃と現帝の悲劇的な過去https://prcdn.freetls.fastly.net阿多妃と現帝の間に生まれた息子はどうなったのか?

1歳の時に命を落とした

阿多妃は現帝の幼なじみで、彼の最初の妃であり長年唯一の妃だった。後宮の中では高齢で子がいないが、帝が上級妃としてそばに置き続けていることから、彼女に対する想いの深さがうかがえる。阿多妃はかつて現帝との間に男児を授かったが、出産時に子宮を失い二度と子を産めない身体になってしまった。さらに不幸なことに、生まれた男児も1歳のときに命を落としてしまった。大切なものを失ってしまった阿多妃は失意に暮れ、一時は普段の面影もないほどにやつれた姿をみせていた。詳しくみる ⇒参照元: 『薬屋のひとりごと』阿多妃(アードゥオ妃)と壬氏の関係とは?...

阿多妃と壬氏の親子関係の真実

阿多妃と壬氏の親子関係の真実https://nan-blog.com壬氏と阿多妃との関係性は?

親子関係

壬氏は阿多妃が後宮を去る前に産んだ息子で、実は先帝の子供ではない。阿多妃は息子を見守るために後宮に留まっていたが、侍女の事件や新妃の登場を機に退去した。詳しくみる ⇒参照元: 『薬屋のひとりごと』阿多妃(アードゥオ妃)と壬氏の関係とは?...

まっすぐな気持ち伝える男

まっすぐな気持ち伝える男https://ddnavi.com猫猫にとって理想的な男性はどんなタイプですか?

真っ直ぐに気持ちを伝える男性

壬氏が猫猫の父親の優柔不断な性格を非難したところ、猫猫は共感し、まっすぐに気持ちを伝える男性が理想的だと語った。猫猫は、壬氏が水蓮に妻を娶るよう促した際に、他人事のように振る舞ったことに対し、壬氏を責めた。壬氏は、猫猫に妻にすると言葉にし、ついに進展を見せた。しかし、壬氏は周囲の反対を抑えるために動いており、すぐに婚姻に踏み切ることはなさそうだ。詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】じんしが猫猫にプロポーズ!ふたりの恋愛進...

マオマオの拒否:中途半端な優しさへの抵抗

マオマオの拒否:中途半端な優しさへの抵抗https://nan-blog.comジンシの強い愛情表現に対し、マオマオが怒った理由は?

中途半端な優しさへの拒否

マオマオはジンシの焼き印という強い愛情表現に、中途半端な優しさは邪魔であり、道具のように扱われる方がマシだと強く怒った。これはジンシへの愛情から来るものであり、1年後にはジンシに対して向き合うことができるようになった。しかし、後宮争いや後継者問題で心身ともに疲弊した二人は、再会後もすぐに結ばれることはなかった。詳しくみる ⇒参照元: 薬屋のひとりごと 嫁選びは何話? 壬氏が猫猫にプロポーズ!

壬氏の正体

壬氏の正体https://prtimes.jp壬氏の秘密とは?

宦官

「薬屋のひとりごと」に登場する壬氏は、後宮で働く宦官です。宦官とは、去勢された官吏で、壬氏はその中でも特に強い立場にあります。美男子として名高く、女として生まれていれば傾国の美女とも評されています。詳しくみる ⇒参照元: 『薬屋のひとりごと』壬氏(ジンシ)の正体は?家系図から彼の出...

薬屋のひとりごと: 壬氏と猫猫の胸キュンシーン

薬屋のひとりごと: 壬氏と猫猫の胸キュンシーンhttps://kotoyasyou.work壬氏が猫猫にプロポーズした巻数は?

7巻

後宮を舞台にした医療ミステリー『薬屋のひとりごと』では、主人公の猫猫と美青年・壬氏の恋愛模様も描かれています。壬氏が猫猫にプロポーズをしたのは文庫版の7巻18話で、Web版にはそのシーンは含まれていません。このプロポーズは、猫猫が恋愛に疎いこともあり、関係が進展しない中での出来事でした。詳しくみる ⇒参照元: 『薬屋のひとりごと』壬氏(じんし)のプロポーズは何巻?猫猫と...

猫猫の簪の奇抜な使い方

猫猫の簪の奇抜な使い方https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com猫猫が簪を使って行なった常識外れの活用法は?

身元引受人確保

猫猫は簪を独特な方法で活用しています。李白編では、後宮から一時帰宅するために李白に身元引受人を頼み、自分の利益を提示して取引を成立させました。また、蠆盆の刑では、簪を使って毒虫を退治し、蛇を食べていました。これらの行動は、一般的な簪の用途からは逸脱しており、猫猫の常識にとらわれない性格を表しています。詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】簪(かんざし)を贈る意味は?猫猫流の使い...

壬氏と猫猫の物語の展開

壬氏と猫猫の物語の展開https://ta-studio.co.jp壬氏と猫猫の仲に進展はあったのか?

なし

小説「薬屋のひとりごと」の7巻で、壬氏は猫猫にプロポーズする。しかし、壬氏はプロポーズの言葉を言った直後に眠りについてしまい、猫猫の反応は描かれなかった。猫猫は壬氏のプロポーズに対して複雑な感情を抱いており、関係の複雑さを理解していた。そのため、プロポーズ後の二人の関係には特に目立った変化はなかった。詳しくみる ⇒参照元: 薬屋のひとりごとのプロポーズをネタバレ!壬氏(じんし)がキス...

壬氏の魅力

壬氏の魅力https://seigura.com壬氏が抱えている皇帝からの任務と、自身の目的とは何ですか?

国家の繁栄のため宮中の調査、次期皇帝の育成

壬氏は皇帝から、反逆心を持つ人間を炙りだす任務と皇帝に相応しい妃候補を見つける任務を与えられています。しかし、壬氏の本当の目的は次期皇帝候補を育てあげ、自分が皇帝にならなくていいようにすることです。詳しくみる ⇒参照元: 『薬屋のひとりごと』壬氏(ジンシ)の正体は?家系図から彼の出...

駆け込み寺パート1の衝撃的な事実

駆け込み寺パート1の衝撃的な事実https://prcdn.freetls.fastly.net阿多が連れてきた翠苓は、誰と結婚することになったのか?

壬氏

阿多は翠苓を連れて西都に赴き、壬氏の嫁選びに参加します。その後、衝撃的な事実が明らかになり、阿多の過去と現在が語られます。阿多は「ひげのおっさん」と結婚しており、壬氏は阿多と帝の子であることが判明します。また、阿多は「獣を誘発する香」を手柄として獲得し、幽閉された里樹を助けるために奔走します。この時点での阿多の年齢は37歳です。詳しくみる ⇒参照元: 薬屋のひとりごと 阿多妃(アードゥオヒ)の正体は?主上・壬氏...

「薬屋のひとりごと」壬氏のプロポーズの巻数とエピソード

「薬屋のひとりごと」壬氏のプロポーズの巻数とエピソードhttps://kusuriyanohitorigoto.jp壬氏が猫猫にプロポーズしたのは、小説の何巻何話?

7巻17話

小説「薬屋のひとりごと」で、壬氏が猫猫にプロポーズしたのは7巻17話「男女の駆け引き」です。壬氏は最初から猫猫に興味があり、やがて恋愛感情を抱きます。猫猫はあまり乗り気ではありませんが、壬氏は積極的なアプローチを続けます。詳しくみる ⇒参照元: 薬屋のひとりごと壬氏のプロポーズは何巻何話?その後結婚するか...

壬氏の愛の決断:皇位継承権放棄と焼印

壬氏の愛の決断:皇位継承権放棄と焼印https://samekichi.com壬氏はどのような方法で皇位継承権の放棄を宣言したか?

玉葉后の印の焼印

壬氏は猫猫との結婚を強く望んでおり、皇位継承権を放棄することを決意。ある日、皇帝と玉葉后の前で玉葉后の印を腹部に押し当て、焼印をした。この焼印は玉葉后の奴隷になることを意味し、壬氏は本気で皇位継承権を放棄して猫猫と結婚する意思を示した。壬氏は強引な方法で自分の覚悟を証明し、その後、猫猫と結婚したと考えられている。詳しくみる ⇒参照元: 薬屋のひとりごと壬氏のプロポーズは何巻何話?その後結婚するか...