Academic Box Logo

崇教真光の世界: 飛騨高山にそびえる巨大新興宗教施設

崇教真光の世界: 飛騨高山にそびえる巨大新興宗教施設

ライターのYUKOです。

真光教団の歴代教主

真光教団の歴代教主https://mahikari.or.jp真光教団の二代目の教主は誰ですか?

岡田恵珠

真光教団は、1978年に初代教主・関口榮の昇天後に設立されました。初代教主は、岡田恵珠に「聖珠」という神名を授与し、世界総本山を設立した際に初めて発表しました。岡田恵珠は、2002年に岡田晃彌を2代教主代理に指名し、霊的な側面を岡田恵珠が担当し、儀式や組織運営を岡田晃彌が担当する体制となりました。2009年に岡田晃彌が3代教主に就任し、神名は「光央」と名乗りました。詳しくみる ⇒参照元: 真光教團

岡田惠珠と関口栄の役割分担

岡田惠珠と関口栄の役割分担https://i.pinimg.com岡田惠珠の役割と関口栄の役割は?

岡田:霊的方面、関口:物的方面

岡田惠珠は「YOの御霊」を受け継ぎ、霊的方面を担当した。関口栄は「YOの御霊」に従い、本山の建立や教線の拡大など物的方面を担当した。しかし、関口派はこれを認めず、関口栄が霊的物的両方の教主であるべきだと主張した。岡田派は、岡田惠珠が「二代」を託されたとし、関口栄は「二代教導主代理・輔佐」と位置づけられた。また、岡田惠珠が熱海の3つの神霊のうち「YOの神霊」を所持していることも明らかになった。詳しくみる ⇒参照元: 真光教團

高山観光のハイライト:崇教真光の建築美

高山観光のハイライト:崇教真光の建築美https://upload.wikimedia.org崇教真光の施設の見学後に、勧誘の電話がかかってくることはありますか?

ありません

高山観光の際には、宗教的な意味だけでなく建築に興味があっても、誠実に対応してもらえます。崇教真光の世界総本山には圧巻の建築物があり、美術館「光ミュージアム」も建築物が素晴らしいです。見学の際に勧誘の電話がかかってくることはありません。詳しくみる ⇒参照元: 崇教真光世界総本山がすごい!飛騨高山の巨大新興宗教施設!

神秘的な「真光の業」

神秘的な「真光の業」https://i.pinimg.com信者の方が行っていたのは何?

真光の業

崇教真光の世界総本山を訪れた際に、信者たちが「真光の業」という儀式を行っていた。この儀式では、手をかざすことでさまざまな効果が得られると信じられている。真光の業は、かつてはお釈迦様やキリストも持っていたが、弟子たちに伝えることができなかったため、崇教真光の教祖である岡田光玉氏が再び世に広めたとされる。この日、本山にはオーストラリアからの外国人も訪れていた。詳しくみる ⇒参照元: 崇教真光世界総本山がすごい!飛騨高山の巨大新興宗教施設!

崇教真光の費用と入退会の手軽さ

崇教真光の費用と入退会の手軽さhttps://sukyomahikari.or.jp崇教真光に入信後に必要な費用は?

500円

崇教真光では、入信後に毎月500円の「霊線保持御礼」と呼ばれる御礼金の奉納が必要。ただし、それ以外の費用は任意で、月刊誌の購読や物品購入は義務ではないため、気軽に退会も可能。詳しくみる ⇒参照元: 崇教真光

崇教真光ブラジルにおける展開

崇教真光ブラジルにおける展開https://mahikari.or.jpブラジルにおける崇教真光信者の数は約何人か?

30万人

崇教真光はブラジルに1974年に進出し、2017年の情報によると約30万人の信徒を有しています。非会員や準会員を含めると、約50万人に上ります。また、サンパウロ州とサンパウロ市では、初代教え主の誕生日である2月27日を「崇教真光の日」に制定し、2019年には祝日として国が認可しました。詳しくみる ⇒参照元: 崇教真光