Academic Box Logo

光る君へ:藤原道長の和歌の意味と現代語訳、百人一首との関係

光る君へ:藤原道長の和歌の意味と現代語訳、百人一首との関係

こんにちは、ライターのYUKOです。今回は、藤原道長の和歌『光る君へ』について、その意味と現代語訳、そして百人一首との関係をご紹介します。

光る君へ:和歌と漢詩が示すまひろと道長の思い

まひろと道長が贈り合った和歌と漢詩は、何を象徴していた?

互いの思いの違い

大河ドラマ「光る君へ」において、まひろと道長が交わした和歌と漢詩は、彼らの思いの違いを象徴していた。

道長が送った「古今和歌集」の恋歌は、恋の始まりを表現し、心の強さを強調している。

一方、まひろが詠んだ陶淵明の漢詩は、志を貫く決意を詠んでいる。

この対比が、道長が「心」を、まひろが「志」を重視していたことを示唆している。

詳しくみる ⇒参照元: 【光る君へ】第10回「月夜の陰謀」回想 陶淵明と古今和歌集が...

藤原道長がまひろに贈った和歌の意味

手紙に書かれていた和歌の内容は?

「君がため惜しからざりし命さへ長くもがなと思ひけるかな」

大河ドラマ『光る君へ』で、藤原道長がまひろに宛てた手紙に書かれていた和歌は、「君がため惜しからざりし命さへ長くもがなと思ひけるかな」でした。

この和歌は、道長がまひろへの深い愛情を表現したもので、まひろのために惜しげもなく命を捧げたいと願う心境が詠まれています。

詳しくみる ⇒参照元: 光る君へ「ちはやふる」藤原道長の和歌の意味・現代語訳は?百人...

道長の和歌に込められた情熱

藤原道長の和歌で、現代ではどのように解釈されている?

情熱的

藤原道長の和歌は、現代では平安時代ならではの奥ゆかしさの中に情熱が表現されていると評価されています。

クールな道長がまひろへの想いを抑えきれず、直球なラブレターを贈るというエピソードが、少女漫画や現代の恋愛ドラマを彷彿とさせ、道長ファンを増やしています。

詳しくみる ⇒参照元: 光る君へ「ちはやふる」藤原道長の和歌の意味・現代語訳は?百人...

源倫子と藤原道長の結婚

紫式部(まひろ)に次いで、藤原道長がもう一人娶った女性は誰?

源倫子

大河ドラマ「光る君へ」の第12回で、藤原道長は源雅信の娘・倫子と結ばれることになりました。

道長は当初、紫式部(まひろ)を妾にしようとしていましたが、まひろに拒否されたため、倫子との縁談が進められました。

また、この回では、復讐心に燃える明子という女性も登場しました。

詳しくみる ⇒参照元: 【光る君へ】「四角関係」の誕生か?明子(瀧内公美)も絡む道長...

光る君へ:陰謀と人間模様の交錯

紫式部と道長の関係の変化のきっかけとなった人物は誰か?

安倍晴明

大河ドラマ『光る君へ』の第10話では、花山天皇退位を巡る陰謀が進行し、紫式部と道長の関係に大きな変化が訪れます。

陰謀の計画決行の時期を告げたのは陰陽師の安倍晴明であり、彼は物語の重要な人物であることが示唆されます。

また、陰謀の実行には道綱、道隆、道兼、道長という道綱四兄弟に加え、彼らを陰から操る父・兼家が登場し、その冷酷な本性が明らかになります。

花山天皇は忯子を成仏させるため出家を決意しますが、側近の義懐の説得は下手で、帝をコントロールする道兼の才覚が際立ちます。

詳しくみる ⇒参照元: 考察『光る君へ』10話 道長(柄本佑) の激しく熱い恋文に、...

紫式部の運命的な出会い

紫式部と運命的な出会いを果たす人物は誰?

藤原道長

平安時代に「源氏物語」を記した紫式部の人生を描き、主演は吉高由里子が務めます。

主人公まひろ(紫式部)は、ある日三郎(藤原道長)という少年と出会います。

後に最高権力者となる藤原道長と運命的な出会いでしたが、二人の恋には障壁があり、まひろは藤原宣孝との結婚を決意します。

詳しくみる ⇒参照元: 『光る君へ』あらすじネタバレを最終回まで!キャスト相関図も解...

光る君の代筆した歌

まひろが代筆した歌は、物語のどのキャラクターが誰に送ったもの?

光源氏が夕顔に

大河ドラマ「光る君へ」の第2回で、まひろ(紫式部)が代筆した歌が登場しました。

その歌は、物語の主人公である光源氏が、亡くなった夕顔姫に送ったものでした。

まひろは、人々の恋の悩みを和歌や文で代筆することで生きがいを感じており、その文才はすでにこの頃から輝き始めていました。

まひろは、絵師の工房に男装して通い、幕の陰に隠れて依頼を受け、見事な和歌や文を作成していました。

詳しくみる ⇒参照元: 【光る君へ】第2回「めぐりあい」回想 まひろが代筆した歌は光...

ちはやふる:道長の和歌の秘密

まひろに送った和歌に引用された元歌の登場人物は誰?

大宮人

ドラマ「ちはやふる」で藤原道長がまひろに送った和歌は、平安時代に成立した「伊勢物語」の和歌を引用している。

元歌では「大宮人」と歌われているが、道長は「恋しき人」に言い換えており、まひろに対する強い想いが伺える。

詳しくみる ⇒参照元: 光る君へ「ちはやふる」藤原道長の和歌の意味・現代語訳は?百人...