Academic Box Logo

リリスと使徒の謎: エヴァンゲリオンの世界の中身を暴く

リリスと使徒の謎: エヴァンゲリオンの世界の中身を暴く

ライターのYUKOです。本記事では「リリスと使徒の謎: エヴァンゲリオンの世界の中身を暴く」について解説します。

謎の生命体「リリス」

第2の使徒は何ですか?

リリス

新世紀エヴァンゲリオンに登場する謎の生命体「使徒」の一体で、NERV本部の最深部に磔にされている巨人。

当初は第1使徒アダムと偽装されていたが、後に正体がリリスであることが判明。

ロンギヌスの槍が刺され、人の足のようなものが無数に生えている特異な姿をしている。

物語中盤から下半身が生成された。

詳しくみる ⇒参照元: リリス(新世紀エヴァンゲリオン)

使徒と人類の戦い

人類と使徒との戦いは、本質的にどのような戦いか?

不完全な生命体同士の生き残りをかけた戦い

使徒は第1始祖民族が造った「月」から生まれた存在で、地球には「白き月」と「黒き月」の2つの月が落下した。

「白き月」から生まれた使徒が地球を支配するはずだったが、「黒き月」から生まれた人類が進化して地球を支配するようになった。

人類は「知恵の実」を、使徒は「生命の実」を持ち、両者ともに完全な生命体ではない。

人類と使徒の戦いは、どちらが完全な生命体へと進化するかをかけた戦いでもある。

詳しくみる ⇒参照元: 使徒 (新世紀エヴァンゲリオン)

使徒と人類の争いの謎

使徒が人類と争う理由は?

生命の種が2つ地球に着床したため

「使徒」は「生命の源」である「アダム」から生まれた生命体で、「人類」は「アダム」とは別の「生命の源」である「リリス」から生まれた生命体である。

本来、一つの星に一つの「生命の種」が着床する予定だったが、地球には2つの「種」が着床したため、使徒と人類は争うようになった。

「使徒」は「生命の実」を得て永久動力源である「S²機関」を有しているが、「人類」は「知恵の実」を得て科学の力で繁栄した。

使徒を創造したのは「第一始祖民族」と呼ばれる種族で、彼らは銀河系に生命の種をばらまいた。

しかし、地球には本来別の星に行くはずだった「リリス」の種が着床してしまったため、使徒と人類が争うことになった。

詳しくみる ⇒参照元: 【解説】エヴァンゲリオン

使徒の正体と目的

リリスが生み出した存在を何と言いますか?

リリン

エヴァンゲリオンシリーズにおける使徒とは、「天使」を意味する「angel」と訳され、神に遣わされた存在とされています。

テレビアニメ版と旧劇場版では、南極に落下したアダムが第3~16使徒を生み出し、箱根に落下したリリスが「知恵の実」を持つリリンを生み出しました。

リリンは第18使徒と呼ばれています。

詳しくみる ⇒参照元: 新旧「使徒」の設定・正体・目的とは

リリスの変遷が物語に与える影響

新旧劇場版におけるリリスの役割の違いは?

存在意義から親子関係へ

新旧劇場版のエヴァンゲリオンでは、リリスの描写に変化が見られ、旧劇場版では人類補完計画の中心人物として扱われていたが、新劇場版では碇ゲンドウとの関係や親子関係の解釈に焦点が当てられている。

これにより物語のテーマ性が変化し、新たな解釈の余地が生まれた。

詳しくみる ⇒参照元: 謎多き第二使徒《リリス》

リリスの魂とATフィールド

「3人目のレイ」がアダムの魂を持つカヲルのATフィールドを突破できたのはなぜ?

リリスの魂を持っていたから

「3人目のレイ」はリリスの魂が宿っており、それが強力なATフィールドを発生させる能力を与えた。

旧劇場版ではリリスの魂は最初から全てのレイに宿っていたと設定されたが、テレビアニメ版では「3人目のレイ」にのみ宿っていた。

このため、「3人目のレイ」はアダムの魂を持つカヲルの強力なATフィールドを突破することができた。

詳しくみる ⇒参照元: 新旧 零号機の正体とは コアの魂とレイの設定変更

アダムとリリス: 生命の起源と宿命の結びつき

アダムとリリスの間にある関係性を教えてください

宿命的な関係性

アダムとリリスは生命の起源に関わる重要な存在で、生命の実と知恵の実を持ち、それぞれ特性を象徴しています。

アダムは最初に地球に到着し使徒を産みましたが、後に到着したリリスは知恵の実に加えアダムの生命の実を奪いました。

彼らの関係は生命の多様性と進化の謎を探る重要な要素で、アダムの生命体創造とリリスの知恵付与が地球上の生命の誕生につながりました。

この関係性は複雑で対立する要素も含まれ、リリスの存在はアダムの使徒との戦いの背景を提供します。

詳しくみる ⇒参照元: 謎多き第二使徒《リリス》

エヴァンゲリオンのリリスが秘めた象徴性

リリスが被っている仮面は、何を象徴していますか?

権力

「新世紀エヴァンゲリオン」において、リリスが被る仮面は作品によってデザインが異なり、それぞれに意味が込められています。

テレビアニメ版では、リリスの顔には7つの目を持つ仮面が被せられ、これはネルフを監視する組織ゼーレのシンボルマークに似ています。

この仮面は、リリスがエヴァンゲリオンの世界における権力と密接に関係していることを示唆しています。

リリスは物語の中で人類の母として、そして人類補完計画の鍵として描かれており、人間の存在意義、自己同一性、そして人類の運命に直接関連しています。

詳しくみる ⇒参照元: 謎多き第二使徒《リリス》

人類の隠された正体

碇シンジを含む人類は、物語中でどのように呼ばれているのか?

第18使徒リリン

人類は第18使徒リリンとして知られており、悪魔に相当します。

リリスとアダムは箱根の地下に封印されており、リリスはエヴァ初号機を生み出す肉体として、綾波レイを生み出す魂として利用されました。

旧作劇場版では、人類補完計画が実行され、人類はL.C.L.に変化し、シンジとアスカだけが生き残りました。

詳しくみる ⇒参照元: 第2使徒「リリス」の正体を徹底的に解説!リリンとの関係は?

リリスの微笑

リリスが最後に笑みを浮かべた理由は何ですか?

子の成長を喜んだため

リリスは、人類の親として、反抗的な態度の子どもたちの成長を喜んでいた。

それは、親の力に頼らず自分たちで生きていけることを示してくれたからだ。

リリスは人類の成長を舐めているのではなく、その成長を誇りに思っていた。

詳しくみる ⇒参照元: 「地下の巨人はアダム?リリス?」Tv版と新劇場版の違い。ゼー...

リリスとアダムスの共通点

リリスとアダムスが共通して持っている、インパクトを引き起こすのに必要なものは?

生命の実と知恵の実

リリスは堕天使ルシファーをモチーフにした存在であり、元々はアダムスと同じ熾天使であったと考えられています。

二人はゴルゴダオブジェクトに同列の存在として存在し、どちらも生命の実と知恵の実を所持しています。

さらに、アダムスとリリスはそれぞれがインパクトのトリガーとなっており、初号機はリリスのコピーであることから、リリスもインパクトのトリガーになれることがわかります。

詳しくみる ⇒参照元: アダムスとリリスの正体は熾天使とルシファー

熾天使モチーフの使徒たち

熾天使をモチーフにしているのはアダムスとリリスのどちらか

両方

熾天使は天使階級で最上位に位置する天使であり、3対6枚の翼を持つとされています。

アダムスが熾天使である根拠として、セカンドインパクトの地上絵に描かれた3対6枚の翼や、アダムスから建造されたNHGネルフ戦艦がネハシム・セラフィムをモチーフにしていることが挙げられます。

また、第2使徒リリスもアダムスの対となる存在であり、同じく熾天使であると考えられます。

詳しくみる ⇒参照元: アダムスとリリスの正体は熾天使とルシファー

リリスと綾波レイのつながり

リリスの魂が宿ったのは誰の肉体か?

綾波レイ

リリスは、第2使徒であり、黒き月に封印されていた存在です。

その魂は、魂を持たなかった綾波レイの肉体に移され、彼女は補完計画において重要な役割を果たしました。

リリスの魂が宿ったことで、綾波レイは補完計画の要となりました。

リリスの魂が宿った7つ目の面は、スペインのフレスコ画の黙示録の仔羊から借用されており、ゼーレのシンボルマークにもなっています。

リリスが第2使徒であることは、公式には長期間発表されていませんでしたが、後にカードダスやゲーム、キットシリーズなどで明かされました。

リリスのデザインは磯光雄によるものです。

詳しくみる ⇒参照元: 使徒 (新世紀エヴァンゲリオン)

エヴァンゲリオンの使徒まとめ

真希波マリ・イラストリアスの正体とは?

使徒、クローン、ループしている何か

エヴァンゲリオンシリーズに登場する使徒は、セントラル・ドグマに封印されているリリスと融合し、世界をリセットすることを目的としている。

渚カヲルはアダムをベースにした使徒で、碇シンジも使徒である可能性がある。

また、真希波マリ・イラストリアスの正体も、使徒やクローン、ループしている何かである可能性が示唆されている。

さらに、エヴァンゲリオン新劇場版では人工使徒が登場し、一部の使徒が人工使徒である可能性がある。

詳しくみる ⇒参照元: 【使徒まとめ エヴァの全使徒一覧】第11使徒の正体やシン・エ...

リリスとロンギヌスの槍

リリスの生命活動を抑制するために刺さっていたのは何?

ロンギヌスの槍

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qでは、リリスの胴体に2本のロンギヌスの槍が刺さっていた。

これは、リリスの生命活動を抑制するためだった。

シン・エヴァンゲリオン劇場版:||では、エヴァMark.06と融合したリリスがサードインパクトを引き起こしたことが明かされた。

他の作品では、リリスは背景として登場することが多く、敵として倒すことはあまりない。

しかし、エヴァのPS2用ゲーム「バトルオーケストラ」のPSP版では、リリスが参戦し、非常に強力な性能を持つ。

また、赤の十字架を投げたり、巨大な綾波レイ化する必殺技も持っている。

詳しくみる ⇒参照元: リリス(新世紀エヴァンゲリオン)