Academic Box Logo

エヴァの使徒《リリス》: 中⾝とエヴァとの関係を徹底解明

エヴァの使徒《リリス》: 中⾝とエヴァとの関係を徹底解明

ライターのYUKOです。本記事では「リリスと使徒の謎: エヴァンゲリオンの世界の中身を暴く」について解説します。

エヴァンゲリオンのリリス:人類の起源と謎

磔にされた巨大な存在リリスは、物語の根幹でどのような役割を担っているのか?

人類の「母」

リリスは「新世紀エヴァンゲリオン」において謎めいた存在であり、巨大な十字架に磔にされた姿で登場します。

物語が進むにつれ、リリスが第一使徒アダムとは異なる「知恵の実」を持つ存在であり、人類の誕生に深く関わっていることが明らかになります。

その異様な外見と、下半身が切断されたような形状、そこから生えている無数の足は、単なる生命体ではなく、人類の存在意義に関わる重要な役割を担っていることを示唆しています。

詳しくみる ⇒参照元: 謎多き第二使徒《リリス》

リリスの謎:エヴァンゲリオン世界の鍵

リリスと綾波レイの関連性は何ですか?

重要な要素

リリスは『新世紀エヴァンゲリオン』における謎の存在で、綾波レイとの関連性が物語のカギを握っています。

綾波レイの複雑な背景やリリスとのつながりは、エヴァンゲリオンの核心に迫る手がかりとされています。

また、リリスの象徴的なデザイン要素は、その役割や物語内での意味について考察を促します。

リリスの存在が物語において重要であることを示唆し、その謎と真実はエヴァンゲリオンの魅力を深めています。

詳しくみる ⇒参照元: 謎多き第二使徒《リリス》

エヴァンゲリオンにおけるリリスの象徴性

エヴァンゲリオンの世界でリリスが持つ役割とは何ですか?

人類の母

エヴァンゲリオンにおけるリリスは、物語の単なるキャラクターではなく、人類の存在意義に関わる重要なシンボルです。

彼女の顔の仮面は権力との密接な関係を示し、人類の母として描かれる彼女の役割は、人間の存在意義や人類の運命というテーマに深く結びついています。

リリスの存在は物語の解釈に多様性を与え、視聴者に深い思索を促しています。

詳しくみる ⇒参照元: 謎多き第二使徒《リリス》

ロンギヌスの槍がリリスの胸に刺さった理由

リリスの胸にロンギヌスの槍が刺さっていた理由は?

第15使徒アラエルを殲滅するため

テレビアニメ版「新世紀エヴァンゲリオン」では、ロンギヌスの槍はネルフによって南極で回収され、綾波レイが操縦する零号機によってリリスのもとへ運ばれた。

この槍は当初リリスの胸には刺さっていなかったが、第15使徒アラエルを殲滅するため、零号機が槍を取りに行った際にリリスの胸に刺されたと推測される。

この目的は、事前にネルフによって計画されており、ロンギヌスの槍の回収とリリスへの投擲は、その計画の一部であった。

詳しくみる ⇒参照元: 新旧 磔リリスの胸になぜロンギヌスの槍が刺さっていたか

エヴァ零号機:パイロットと魂の謎

エヴァ零号機のパイロットは誰?

2人目のレイ

エヴァ零号機は、エヴァシリーズの最初の試作機であり、その後のエヴァの原型となった機体です。

新世紀版(テレビアニメ版、旧劇場版、コミック版)における零号機のパイロットは、「2人目のレイ」で、その正体は「綾波レイ」と呼ばれる存在の3人目のコピーです。

3人のレイはそれぞれ性格が異なっていますが、魂は同一であり、その魂はリリスのものと言われています。

詳しくみる ⇒参照元: 新旧 零号機の正体とは コアの魂とレイの設定変更

エヴァンゲリオン初号機の起源考察

エヴァ初号機がリリス由来と考える根拠は?

リリスのコピー(クローン)であること

旧劇場版では、初号機がリリスのコピーであることが明言されている。

新劇場版では、初号機がリリス由来かどうかは明言されていないが、リリスのコピーであると考える説が有力。

この説の根拠としては、初号機がアダムスの器であるAAAヴンダーの主機になれたことや、アダムスの生き残りである第13号機と見た目が似ていることなどが挙げられる。

詳しくみる ⇒参照元: 初号機の素体・正体はアダムス系かリリス系か

新劇場版におけるアダムとアダムス

新劇場版でアダムに代わって登場したキャラクターは?

アダムス

新劇場版では、アダムが不在で、代わりにアダムスというキャラクターが登場します。

アダムスは使徒ではなく、本来地球に降り立つ予定はなかったと考えられています。

また、新劇場版では、ファーストインパクトの設定が変更され、「白き月」が地球の衛星「月」に置き換えられています。

これにより、「白き月」は一度も地球に落ちていないと推測されます。

さらに、新劇場版では、リリン(人類)も使徒ではなくなっています。

詳しくみる ⇒参照元: 新旧「使徒」の設定・正体・目的とは

使徒の正体

使徒とは、どのような存在を指すのでしょうか?

アダムから生まれたリリスとリリンを滅ぼそうとする存在

使徒とは、リリスとリリン(人類)の源であるリリスと呼ばれる生命体から生まれた存在です。

彼らは、リリスとリリンを滅ぼすことを目的としており、アダムから生まれました。

ただし、テレビアニメ版や旧劇場版とは異なり、コミック版では一部の使徒が登場していません。

詳しくみる ⇒参照元: 新旧「使徒」の設定・正体・目的とは

ロンギヌスの槍とリリスの関係

新劇場版のロンギヌスの槍がリリスに与える影響は?

再生の遅延

新劇場版『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』では、旧作と同様に、磔にされたリリスの胸にロンギヌスの槍を刺すことで、リリスの再生を遅らせる効果があります。

これにより、10体の使徒を殲滅するまでの時間を稼ぎ、インパクトを回避することが目的とされています。

槍を刺したのは、セカンドインパクト後に生き残った綾波レイ(白レイ)です。

なお、リリスはリリン(人類)とはコミュニケーションがとれないため、再生を遅らせることを直接伝えることはできません。

詳しくみる ⇒参照元: 新旧 磔リリスの胸になぜロンギヌスの槍が刺さっていたか

リリスがわかる「エヴァンゲリオン」の物語

碇ゲンドウとリリスの代表である碇シンジの対決が描かれたのは、旧劇場版ではなく新劇場版のどの物語?

リリン=人はどう生きていくべきか

新劇場版の「エヴァンゲリオン」では、旧劇場版で描かれた「アダムとリリスの根源」の構造から、碇ゲンドウとリリスの代表である碇シンジの「親子対決」へと物語の焦点を変更した。

これは「リリン=人はどう生きていくべきか?

」という問いを志向した物語であり、第2使徒「リリス」の正体を理解することで、「エヴァンゲリオン」の物語にさらに深みが増す。

第2使徒「リリス」は、第1使徒「アダム」と比較することでその正体がより明確になり、旧劇場版のラストに至った理由も納得できるようになる。

詳しくみる ⇒参照元: 第2使徒「リリス」の正体を徹底的に解説!リリンとの関係は?

使徒の特性と対抗手段

使徒の活動を停止させるには何を破壊する必要がある?

コア

使徒はアダム系とリリス系の2種類に分類され、それぞれ特徴が異なります。

アダム系使徒は赤い光球のコアを持ち、これを破壊されると活動を停止します。

コアはS2機関と呼ばれる永久機関とは別の器官で、破壊されると通常は使徒は形象崩壊します。

一方、リリス系の使徒はコアを持たず、アンチA.T.フィールドを展開する能力を持っています。

詳しくみる ⇒参照元: 使徒 (新世紀エヴァンゲリオン)

エヴァンゲリオンの正体と装甲板の役割

エヴァンゲリオンの装甲板の本来の役割は何か?

拘束具

エヴァンゲリオンの装甲板は、人間がエヴァの力を制御できるようにする拘束具の役割を果たしている。

装甲板が剥がれると、人間のような筋肉など生々しい本体が現れ、エヴァ本来のパワーを発揮する。

これは、エヴァの正体がリリスをコピーした人造人間であり、外側の装甲板が防御力ではなく制御のための安全装置であるためだ。

詳しくみる ⇒参照元: エヴァ初号機の正体とは?なぜ覚醒・暴走するのか中身についても

エヴァンゲリオン新劇場版におけるリリスの役割

エヴァンゲリオン新劇場版におけるリリスの役割は?

生命の浄化

エヴァンゲリオン新劇場版において、リリスは生命の起源であり、大地を浄化するサードインパクトを引き起こす役割を担っています。

また、サードインパクト後には魂を浄化するフォースインパクトも発生します。

リリスは旧作では「人類の母」とされていましたが、新劇場版では「生命の始まり」とされており、その真の役割は不明のままです。

また、新劇場版ではアダムがいないため、リリスが最初から地球に存在していた可能性があります。

リリスとゼーレとの契約の内容も詳細は不明ですが、人類補完計画が「契約」であると推測されています。

詳しくみる ⇒参照元: リリス(新世紀エヴァンゲリオン)

アダムとリリス:生命の起源と宿命の結びつき

リリスが地球に到着した際に行ったアダムに関する行為は?

生命の実を奪い取る

生命の実と知恵の実を持つアダムとリリスは、エヴァンゲリオンの世界において生命の起源に関わる重要な存在です。

アダムは生命の実を、リリスは知恵の実を持っており、それぞれの特性を象徴しています。

リリスは、地球に到着後、自らが持つ知恵の実に加えて、アダムの生命の実を奪い取りました。

この行為は、両者の深い関連性を示しています。

アダムとリリスの関係は、生命の多様性と進化の謎を探る上で重要な要素です。

アダムは多様な生命体を生み出し、リリスは知恵を与えることで地球上の生命体の進化を促進しました。

この二つの力が組み合わさることで人類を含む地球上の生命が誕生したのですが、この関係性は複雑で時には対立する要素を含んでいます。

リリスの存在は、アダムの生み出した使徒との戦いの背景にある深い理由を提供します。

詳しくみる ⇒参照元: 謎多き第二使徒《リリス》

ネルフ方舟建造の真意

ネルフが方舟を建造したのは、ゲンドウが種の保存に興味があったためか?

ネルフが方舟を建造したのは「リリスとの契約」に従ってであり、ゲンドウ自身が種の保存に興味があったためではない。

そのため、ゲンドウは方舟としての運用に積極的ではなく、加持がヴンダーを強奪して方舟本来の目的を果たそうとした。

詳しくみる ⇒参照元: ゼーレの目的 人類補完計画、死海文書、リリスとの契約とは
上記の記事では、エヴァンゲリオンの世界におけるリリスと使徒の謎について深く考察しています。