Academic Box Logo

妊娠検査薬で生理10日前からフライング検査は可能?陽性反応が出る可能性を検証

妊娠検査薬で生理10日前からフライング検査は可能?陽性反応が出る可能性を検証

ライターのYUKOです。今回は、妊娠検査薬についてお伝えします。

妊娠検査薬の仕組みと使用時期

hCGが検出できるようになるのはいつごろ?

生理予定日の4週目

妊娠検査薬は、受精卵の着床後に生成されるホルモンであるhCGを検出し、妊娠の有無を判断します。

一般的に、hCGは生理予定日である妊娠4週目から血中や尿から検出できます。

そのため、生理予定日の2日前ごろから妊娠検査薬を使用することで、妊娠反応が出やすくなります。

ただし、生理不順の方や予定日がずれる可能性があるため、あくまで目安として捉える必要があります。

詳しくみる ⇒参照元: 妊娠検査薬はいつから使用できる?フライングでも反応は出るのか...

妊娠検査薬のフライング検査のデメリット

生理予定日から前に妊娠検査薬を使うことのデメリットは?

陽性なのに陰性と間違えたり、検査薬を無駄にしたりすること

生理予定日から前に妊娠検査薬を使うと、妊娠している可能性があるにも関わらず検査が早すぎて陰性と間違えてしまう可能性がある。

また、妊娠検査薬を無駄にしてしまったり、気持ちがゆらぎやすくなったりする可能性もある。

妊娠の確定診断ではないので、一喜一憂せず、生理予定日まで待つことも大切。

詳しくみる ⇒参照元: 妊娠検査薬のフライングはいつからできる?|フライング検査に関...

妊娠検査薬の精度とフライング検査

妊娠検査薬の正確性はどの程度ですか?

非常に正確

妊娠検査薬は、妊娠の有無を自宅で簡単に調べることができ、非常に正確な結果を提供します。

しかし、フライング検査では、結果が不正確になる可能性があります。

フライング検査は、生理予定日から1週間以上前に実施すると、hCG濃度が低すぎて妊娠を検出できない可能性があります。

また、生理予定日の前後数日は、hCG濃度が変動するため、正確な結果が得られない場合があります。

フライング検査を行う場合は、生理予定日から数日遅れてから実施することをお勧めします。

詳しくみる ⇒参照元: 【薬剤師が解説】妊娠検査薬はどれくらいの確率で当たる?フライ...

早期妊娠検査薬と初心者向け妊娠検査薬

生理予定日の当日から使える妊娠検査薬があるか?

ある

妊娠検査薬は一般的に生理予定日以降の使用が目安だが、hCG反応量が低い「早期妊娠検査薬」では生理予定日の約1週間前から使用可能。

ただし、判定の確実性は通常の妊娠検査薬に劣る可能性がある。

初心者に使いやすい妊娠検査薬の例として、「ロート製薬 ドゥーテスト・hCGa 2回用」が紹介されている。

使いやすさを重視したデザインで、朝昼夜いつでも2秒間尿をかけるだけで検査でき、判定も約1分で分かる。

詳しくみる ⇒参照元: 【薬剤師が解説】妊娠検査薬はどれくらいの確率で当たる?フライ...

妊娠検査薬の正しい使い方

妊娠検査薬は、生理開始予定日に使っても正確な結果が得られる?

いいえ

妊娠検査薬は、hCGと呼ばれるホルモンを検出することで妊娠を判断します。

通常タイプの妊娠検査薬はhCG濃度が50IU/L以上で陽性反応を示し、生理予定日の1週間後から使用が推奨されています。

早期妊娠検査薬はhCG濃度が25IU/L以上で検出可能で、生理開始予定日から検査できます。

しかし、推奨時期より前に使用すると、hCG濃度が低すぎて正確な判定ができない場合があります。

詳しくみる ⇒参照元: 【医師監修】妊娠検査薬は生理予定日当日に使える? フライング...

妊娠検査薬のフライング検査で気を付けるべきこと

フライング検査で早期に妊娠が判明した場合、何に注意する必要がある?

服薬やレントゲン受診の可否

妊娠検査薬は通常生理予定日から1週間後に使用するが、生理予定日の2日前頃から反応する可能性がある。

しかし、検査が早いと妊娠していても陰性になる場合がある。

フライング検査で早期に妊娠が判明した場合、服薬やレントゲン受診が赤ちゃんの発育に影響する可能性があるので、注意が必要になる。

早期妊娠検査薬はドラッグストアでは購入できず、薬剤師がいる薬局でのみ販売されている。

詳しくみる ⇒参照元: 妊娠検査薬はいつから使用できる?フライングでも反応は出るのか...

妊娠検査薬を活用したフライング検査と受診のタイミング

フライング検査を行う場合、正確な結果を得るためにはどのような妊娠検査薬を使用するのが良いですか?

早期妊娠検査薬

妊娠検査薬は通常、尿中のhCGホルモンが50UI/Lで陽性反応を示す仕組みですが、早期妊娠検査薬は25UI/Lで陽性反応が出るので、生理予定日から約1週間前でも使用できます。

妊娠検査薬で陽性反応が出た場合、超音波検査で胎嚢や赤ちゃんの心拍を確認して妊娠の確定診断を受ける必要がありますが、妊娠5週未満では胎嚢が確認できないこともあるため、産婦人科の受診時期は焦らず待つことが推奨されています。

フライング検査のメリットは、妊娠の有無を早く知ることができ、体調管理に早期から取り組めることです。

詳しくみる ⇒参照元: 妊娠検査薬のフライング検査ってなに?メリットやデメリットを紹...

妊娠検査薬のタイミングと精度

妊娠検査薬が陽性反応を示すのは妊娠何週目頃か?

4週

妊娠検査薬は、妊娠ホルモンであるhCGの量が50mlu/mLになると陽性反応を示します。

hCGの分泌量は妊娠4週頃に50~200mIU程度になるので、妊娠検査薬を使用するタイミングは妊娠4週頃が適しています。

しかし、性交後に受精・着床しhCGが分泌されるまでに約3週間かかるため、性交日から3週間後を目安に検査するのが良いでしょう。

詳しくみる ⇒参照元: 妊娠検査薬のフライングに注意!いつから使うの?-おむつのムー...

早期妊娠検査薬:フライング検査のタイミング

早期妊娠検査薬でフライング検査ができる最も早い時期はいつですか?

排卵日の12日後

早期妊娠検査薬は、通常の妊娠検査薬よりもhCGを検知する精度が高く、妊娠した早い段階で妊娠を知ることができます。

最も早いフライング検査ができる時期は、排卵日の12日後です。

これは、妊娠すると受精卵の一部からhCGというホルモンが分泌され、尿中のhCGホルモンを検出することで妊娠を検査できる仕組みだからです。

詳しくみる ⇒参照元: 早期妊娠検査薬は生理予定日前からフライング検査可能?仕組みと...

フライング検査の注意点:陽性でも妊娠していない可能性

フライング検査が陽性でも、実際は妊娠していないこともある?

はい

妊娠検査薬のフライング検査で陽性反応が出た場合、10.9%の人が実際に妊娠していませんでした。

フライング検査の結果を過信せず、生理予定日の1週間後に再検査するか、産婦人科を受診して検査することが推奨されています。

詳しくみる ⇒参照元: 妊娠検査薬のフライングは生理10日前で陽性は出る?175人に...

妊娠検査薬を正しく使用する時期

妊娠検査薬で正しい結果を得るために、いつ使用すべきか

生理予定日から1週間後

妊娠検査薬の正確な結果を得るためには、生理予定日から1週間待ってから使用することが重要です。

フライング検査では、hCGの分泌量が不十分なため、妊娠していても陰性の結果が出る可能性があり、不要な失望を招く可能性があります。

フライング検査で陰性が出た場合は、生理が予定日から数日遅れても生理が来ない場合は、生理予定日の1週間後に再検査し、陽性であれば早期受診をお勧めします。

また、生理予定日の1週間前でも、受精卵の着床により体調の変化が起こることがあります。

妊娠超初期症状には個人差がありますが、生理前や風邪の症状に似ていることが多いので注意が必要です。

詳しくみる ⇒参照元: 妊娠検査薬は生理前のフライング検査でも判定できる?妊娠超初期...

妊娠検査薬の「フライング」注意!陽性でも妊娠していない可能性あり

「フライング」で妊娠検査薬が陽性でも、妊娠していない場合があるのはなぜか?

着床はしたが、赤ちゃんが育たない「化学流産」の可能性があるから

妊娠検査薬が陽性でも、着床後に赤ちゃんが育たずに自然に出て行ってしまう「化学流産」の可能性がある。

化学流産は、お母さんの問題ではなく、赤ちゃん自身が成長できない現象で、生理と同じように出血して出ていくため、フライングをしなければ気づかない場合もある。

フライングで陽性が出た場合、早く受診しすぎると胎嚢が確認できず、生理予定日1週間後以降の再受診が必要になることがある。

詳しくみる ⇒参照元: 【妊娠検査薬のフライング】何日前から結果がわかる?当たる確率...

フライング検査のデメリット

フライング検査の主なデメリットは何ですか?

精神的なストレス

フライング検査は妊娠の確定が遅れ、胎嚢と心拍の確認まで不安な日々が続くため精神的に負担がかかります。

また、偽陰性の確率が高く、妊娠検査薬では早期妊娠のhCGホルモン濃度を検知できない可能性があります。

このため、早急に妊娠の確定を求める場合は、フライング検査ではなく、病院での検査が適しています。

詳しくみる ⇒参照元: 妊娠検査薬のフライング検査ってなに?メリットやデメリットを紹...

妊娠検査薬のフライング検査と化学流産

妊娠検査薬で陽性反応が出たが、後に化学流産だった場合、どのようにhCGは分泌されるのか?

フライング検査のため

妊娠検査薬のフライング検査では、化学流産であってもhCGが分泌されているため、陽性反応が出る可能性があります。

これは、妊娠検査薬が尿中のhCG濃度を検出するためです。

化学流産では受精卵が着床する前に流れてしまうため、妊娠が成立していません。

しかし、受精卵の着床後にhCGが分泌されるため、フライング検査では陽性反応が出る場合があります。

正確な検査結果を得るためには、生理周期を把握し、生理予定日から1週間以上経ってから検査を行うことが重要です。

また、検査方法や検査薬の種類も適切に選択することが大切です。

詳しくみる ⇒参照元: 妊娠検査薬はいつから使用できる?フライングでも反応は出るのか...

フライング検査はいつすべき?

妊娠検査薬で陽性反応が出たら、すぐに病院を受診すべきですか?

いいえ

妊娠検査薬で陽性反応が出た場合、すぐに病院を受診する必要はありません。

ただし、妊娠を希望している場合は、生理予定日に検査薬を使用するのが理想的です。

また、基礎体温が17日目でフライング検査を行った場合は、胎嚢が確認できなくても慌てず、1週間後に病院を受診すればよいでしょう。

妊娠検査薬は、現在は生理予定日に検査できるものもありますが、普通の妊娠検査薬を使用することも可能です。

詳しくみる ⇒参照元: フライング検査の体験談