Academic Box Logo

会陰切開の必要性とタイミング:痛みはいつまで?【医師監修】

会陰切開の必要性とタイミング:痛みはいつまで?【医師監修】

こんにちは、ライターのYUKOです。今回は、会陰切開の必要性とタイミングについて、医師の監修のもと解説します。

会陰切開の適応と種類

会陰切開とはどのような場合に行われる?

児娩出時に大きな裂傷が予測される場合など

会陰切開とは、児娩出時に会陰や腟壁を切開すること。

主な適応としては、会陰の伸展不良、前回会陰切開部の瘢痕による伸展不全、巨大児や高度の裂傷の予測、急速遂娩の必要性、児頭への圧迫回避、骨盤位分娩での会陰抵抗の予測などがある。

会陰切開には、正中切開法、正中側切開法、側切開法などの種類がある。

詳しくみる ⇒参照元: 会陰切開・会陰裂傷

会陰切開の目的とケース

なぜ会陰切開は行われるのですか?

胎児の命を守るため、会陰損傷を軽減するため。

会陰切開は、機械を使用して出産する場合や、会陰の伸びが悪い場合、重度の会陰裂傷を防ぐ場合に行われます。

吸引・鉗子分娩などの分娩方法では、会陰の伸びを待っている時間がなく、すみやかに処置を行う必要があり、会陰切開を行います。

また、初産婦は会陰の伸びが悪いため、裂傷が肛門に達するのを防ぐためにも会陰切開が検討されます。

詳しくみる ⇒参照元: 会陰切開とは?傷や痛み、回復までの期間について解説

会陰切開のタイミングと縫合

会陰切開のタイミングを間違えるとどのような問題が発生しますか?

会陰裂傷や赤ちゃんの急激な娩出

会陰切開のタイミングは極めて重要で、早すぎると出血が増加します。

さらに、会陰切開のタイミング、母親のいきみ、医師と助産師の立ち位置のタイミングがずれると、会陰裂傷や赤ちゃんの急激な娩出につながる可能性があります。

会陰切開後は、局所麻酔下で縫合が行われますが、腟内は麻酔が効きにくいため、縫合時に痛みを伴います。

縫合には溶ける糸と抜糸が必要な糸が使用されます。

詳しくみる ⇒参照元: 出産前に気になる「会陰切開」のこと。どこをいつ切開するの?助...

会陰切開:経腟分娩中の役割と保険適用について

経腟分娩時に会陰切開を行う主な理由は?

重度の会陰裂傷を防ぐため

会陰切開は、重度の会陰裂傷を防ぐために、会陰の伸びが悪い場合や分娩を早く進める必要がある場合に行われる。

また、低体重児や頭蓋内疾患のある赤ちゃんの負担を減らすためにも使用される。

会陰切開は一般的には医療ではなく介助措置とされ、保険適用外だが、異常分娩に必要な処置として行われた場合は保険適用になることもある。

タイミングは助産師が判断し、医師が処置を行う。

局部麻酔をして行われる。

詳しくみる ⇒参照元: 会陰切開は必要?傷や痛みは?保険適用になるの?気になる疑問を...

会陰切開の目的とタイミング

赤ちゃんが生まれるときに会陰切開が行われるのはなぜですか?

お産が難航する場合

会陰切開とは、赤ちゃんの頭がなかなか出てこないときなどに、会陰という肛門と外陰部の間の部分を切開する処置です。

お産が難航する原因には、会陰の固さや伸びの悪さ、赤ちゃんの心音低下、分娩停滞、巨大児、回旋異常などがあります。

会陰切開の必要性とタイミングは、医師や助産師が判断します。

詳しくみる ⇒参照元: 会陰切開はどんな時に必要なの?

会陰切開後の痛み:期間と対処法

産後、会陰切開の痛みは一般的にいつまで続くか?

1~2週間

出産時に会陰切開を受けると、産後1~2週間ほど痛みが続く場合が多い。

痛みは産後2~3日がピークで、トイレに行くことが恐怖になる人もいる。

詳しくみる ⇒参照元: 痛すぎ!会陰切開の痛みはいつまで?ピークは?痛くない座り方&...

会陰切開とその必要性

分娩の進行状況に応じて行われる会陰切開の原因は?

会陰裂傷の予防

会陰切開は、分娩時の会陰裂傷の予防を目的に行われる。

会陰は膣と肛門の間の部位で、出産時には約15〜25cm程度に伸びるが、伸びが悪い場合や分娩の進行状況に応じて会陰切開が行われる。

会陰切開の痛みは個人差があるが、産後1ヶ月程度で痛みや違和感はほぼなくなる。

会陰切開後は傷口からの感染リスクがあるため、清潔を保つことが重要である。

詳しくみる ⇒参照元: 会陰切開とは?傷や痛み、回復までの期間について解説

会陰部切開・縫合について

会陰部縫合の処置は通常どれくらいの時間がかかりますか?

15分程度

出産時には会陰部に傷が生じますが、自然に収縮して小さくなります。

会陰切開は医師の判断で会陰部に医療用のはさみで切開を入れる処置で、傷の長さは数センチ程度です。

切開時には局所麻酔が投与されますが、麻酔なしで行われる場合もあります。

切開後の会陰部縫合は産後に行われ、現在はほとんどが溶ける糸で縫合されます。

縫合は分娩台の上で処置を行い、局所麻酔が投与され、処置は15分程度で終了します。

詳しくみる ⇒参照元: 会陰切開・会陰裂傷とは?経膣分娩で起こりやすい傷とそのケアに...

会陰切開の痛みとその対策

会陰切開後の痛みは個人差が大きい?

はい

会陰切開は局所麻酔が効いているため、切開時は痛みを感じません。

切開後は縫合時に痛みを感じる人もいますが、傷の痛みは人によって異なります。

日数が経つと痛みは軽減しますが、中には突っ張り感を感じる人もいます。

溶ける糸を使用することが多いため抜糸は必要ありませんが、抜糸が必要な場合は麻酔を使用しないため痛みを感じることがあります。

痛みを和らげるには、円座や低反発クッションの使用が効果的です。

また、感染予防のため、悪露パッドの交換や排尿後の傷部の洗浄が重要です。

詳しくみる ⇒参照元: 【医師監修】会陰切開は痛い?会陰切開後の過ごし方と痛みを緩和...

会陰切開後の痛み

会陰切開後の痛みの程度は人によって異なるが、ほとんどの場合鎮痛剤で楽になる

ほとんどの人が楽になる

陣痛よりも会陰切開の痛みを感じにくい場合がある。

切開と縫合時は局所麻酔を使用するため、痛みはない。

縫合後の痛みは個人差があるが、鎮痛剤で軽減できる。

会陰の柔軟性を高め、分娩時に適切にいむことで、会陰切開を回避できる可能性がある。

詳しくみる ⇒参照元: 会陰切開とは?どんな時にするの?痛みはいつまで?【産科医監修...

会陰切開の痛みを軽減するヒント

産後の会陰切開の痛みの期間は?

退院時まで

会陰切開の痛みは通常、退院時までに落ち着き、1ヶ月健診時にはほぼ消失する。

痛みが長引く場合は産院に相談を。

痛みを和らげるには、安静、バランスの良い食事、特にタンパク質とビタミン摂取が推奨される。

詳しくみる ⇒参照元: 産婦人科医監修|会陰切開の痛みはいつまで?会陰切開の方法と痛...

会陰切開の必要性と知識

会陰切開はどんな時に実施される?

医師が必要と判断した場合

会陰切開は、分娩時に産道を拡大するために医師が必要と判断した場合に実施されます。

自然分娩では、約半数の女性が会陰切開を受けます。

会陰切開を行うことで、会陰(膣と肛門の間)を傷つけるリスクを減らし、分娩をスムーズにすることができます。

会陰切開は通常、局部麻酔下で行われ、分娩後は数針で縫合されます。

詳しくみる ⇒参照元: 【医師監修】会陰切開は痛い?会陰切開後の過ごし方と痛みを緩和...

会陰切開の回避

会陰切開を回避するための方法は何ですか?

会陰マッサージ

会陰切開は、赤ちゃんの頭部の圧迫を減らすために必要な場合があります。

しかし、会陰の伸びが良好な人や、リラックスして正しくいきむことができる人は、会陰切開を回避できます。

会陰裂傷は、会陰の伸びが悪い場合に発生します。

会陰マッサージは、会陰の伸びを良くする方法の一つで、妊娠34週以降に毎日行うと効果的です。

詳しくみる ⇒参照元: 会陰切開とは?傷や痛み、回復までの期間について解説

会陰切開を避けるためのヒント

会陰が伸びやすいとされる人はどのような特徴がありますか?

会陰マッサージをする人、助産師の指示に従える人

会陰切開を避けるには、会陰の伸縮性を高めて重度の会陰裂傷を防ぐことが重要です。

会陰マッサージを行っている人や、分娩時に助産師の指示に従える人は、会陰が伸びやすく、会陰切開が必要ない可能性があります。

会陰マッサージは週2~3回、1回3セット程度行い、お風呂上がりなど体が温まっている状態で行うと効果的です。

詳しくみる ⇒参照元: 会陰切開は必要?傷や痛みは?保険適用になるの?気になる疑問を...

帝王切開の傷の回復

帝王切開後の傷の痛みはどれくらい続く?

1~2日

帝王切開後の傷の痛みは、術後1~2日は比較的強いが、3日目頃には経膣分娩後のママと同じ程度に回復する傾向がある。

痛みには個人差があり、強い場合は医師に相談して痛み止めを処方してもらえる場合がある。

また、傷の処置方法は産院によって異なるため、具体的には産院に確認することをおすすめする。

詳しくみる ⇒参照元: 会陰切開・帝王切開の傷の痛みはいつまで?回復までの期間は?-...