Academic Box Logo

心霊写真:放置の危険性、種類、見分け方

心霊写真:放置の危険性、種類、見分け方

ライターのYUKOです。心霊写真について詳しく知りたいですか。

心霊写真のトリック

心霊写真のトリックhttps://i.ytimg.com1862年に、死んだ従兄が写ったとされた「心霊写真」を撮影したのは誰ですか?

ガードナー

1862年、アメリカで交霊術師のガードナーが撮影した写真に、12年前に亡くなった従兄とよく似た人物が写っているとして話題になりました。この写真は「心霊写真」の最初の例とされています。その後、「心霊写真」はヨーロッパでも流行し、フランスのエドゥアール・ビュゲーも大評判を得ましたが、詐欺行為が発覚し逮捕されました。ビュゲーは「二重露出」という手法を用いていたことを告白し、禁固刑と罰金刑を受けました。しかし、ビュゲーの霊能力を信じる人々は多く、刑確定後も擁護し続けました。詳しくみる ⇒参照元: 心霊写真

心霊写真の起源と日本での広まり

心霊写真の起源と日本での広まりhttps://i.ytimg.com日本における心霊写真の起源は何年ですか?

1879年

日本における心霊写真の起源は1879年に遡り、三田弥一によって撮影されたとされています。当初は幽霊写真と呼ばれていましたが、戦後に「心霊写真」という言葉が一般的に使用されるようになりました。1970年代以降、女性週刊誌やテレビ番組などで心霊写真の話題が取り上げられ、中岡俊哉氏らが鑑定を行うシステムが確立されました。詳しくみる ⇒参照元: 心霊写真

心霊写真の真実

心霊写真の真実https://img.dailyportalz.jp心霊写真に写っているものとは何か?

霊、エクトプラズム、死神、神仏など

心霊写真は、霊的な存在や一部の被写体が写り込んでいない写真のことを指します。いわくつきの場所や事故関連の被写体を用いることが多いのが特徴です。心霊写真集では、因縁話や不安を煽るような手法が用いられ、自称霊能者が自己宣伝のために用意することもあります。しかし、単なる撮影ミスによるものも多く、レンズフレアや多重露出などの技術的な失敗が誤認の原因となります。詳しくみる ⇒参照元: 心霊写真

心霊写真の謎

心霊写真の謎https://asios.org心霊写真の存在を信じている理由を述べてください

説明できない現象があるため

心霊写真は、昭和時代にブームになり、現在も注目されている。心霊写真の恐怖は、幽霊の存在を信じるかどうかで左右される。心霊写真が本物である可能性が高い理由は、説明がつかない現象や心霊スポットでの撮影成功率が高いことだ。ただし、嘘の心霊写真も存在し、本物と偽物を区別することが重要である。心霊写真の原因としては、幽霊の偶然の写り込み、幽霊の写りたがり、憑依などが考えられる。心霊スポットでふざけることは危険なので避けるべきだ。詳しくみる ⇒参照元: 放置すると危険な心霊写真とは?原因と種類、見分ける方法

心霊写真の真実と作り物

心霊写真の真実と作り物https://i.ytimg.com心霊写真を撮影するためにフィルムで撮影する必要があるのはなぜか?

エックス線や発光物質による加工のため

心霊写真には、物理的な人形や画像加工による偽物と、夢の中で見る心霊写真の噂など、さまざまな種類がある。物理的な人形を使う場合は、顔が写る人形を対象物に配置する。画像加工はスマホやデジカメで撮影した画像を編集して作る。フィルムでは画像加工はできない。心霊写真の夢は、不安な心理状態を表し、夢の中だけで見るもので、現実に幽霊に憑りつかれているわけではない。夢をコントロールできる明晰夢の方法で心霊写真の夢を回避できる。心霊写真は鑑定に出す必要はなく、必ずしも本物とは限らない。詳しくみる ⇒参照元: 放置すると危険な心霊写真とは?原因と種類、見分ける方法

心霊写真の正体

心霊写真の正体https://img.dailyportalz.jpオーブとは何ですか?

ストロボ光が水分・ホコリに反射して発生する現象

心霊写真の一種であるオーブは、フラッシュ撮影時に水分やホコリがストロボ光を反射することで発生する現象です。また、夜露や地下水の影響で空気中に発生した水蒸気や湯気も乱反射の原因となり、滝の近くや夏場に出現しやすくなります。さらに、心霊写真とされる画像には自然物の造形が人の顔に見えるシミュラクラ現象も関与している場合があり、木々や岩の陰影が顔に見間違えられることが多くあります。また、撮影時の状況を忘れているだけで、写り込んだ人物が幽霊と誤認されるケースも散見されます。詳しくみる ⇒参照元: 心霊写真