Academic Box Logo

愛子のおやすみプンプン: 鬱シーンと伏線、名言を徹底考察

愛子のおやすみプンプン: 鬱シーンと伏線、名言を徹底考察

ライターのYUKOです。今回は、大島弓子の名作『愛子のおやすみプンプン』について徹底的に考察します。鬱シーン、伏線、名言について詳しく解説していきますので、ぜひ最後までお付き合いください。

運命に翻弄される少年の物語

主人公・プンプンを待ち受けていた過酷な運命とはどのようなものだったのか?

家族の死、友人の離反、自身の病気

おやすみプンプンは、主人公・プンプンの愛する人との出会いと別れを描いた漫画です。

愛子に一目惚れしたプンプンですが、その後のプンプンには家族の死、友人の離反、自身の病気など、次々と過酷な運命が襲いかかります。

愛子とも離れ離れになり、人生に絶望したプンプンでしたが、ある日偶然に愛子と再会します。

しかし、再会後のプンプンも、愛子との関係に苦しみ、最終的には自ら命を絶ってしまいます。

詳しくみる ⇒参照元: おやすみプンプンをネタバレ解説!名作鬱漫画の感想と最終回・結...

おやすみプンプン:宇宙飛行士の夢

小学生時代のプンプンが将来なりたいと思った職業は?

宇宙の研究者

「おやすみプンプン」は、日常の中で非現実的な表現やシュールレアリスム表現を用いた漫画で、どこにでもいそうな少年「プンプン」の半生を描いた作品です。

主人公のプンプンは、小学生編で転校生の田中愛子に一目惚れし、愛子がアイドルかモデルになりたいと語ったことに影響を受け、宇宙の研究者になることを決意します。

その後、プンプンママが倒れ、叔父の雄一がプンプンを世話することになります。

詳しくみる ⇒参照元: おやすみプンプン

おやすみプンプンの少年の半生

少年はなぜ教室を飛び出したのか?

同級生にバカにされるのが怖かった

小学5年生のプンプンは、転校生の愛子に一目惚れした。

授業で夢を発表する際、宇宙研究士になりたいと発表したが、同級生にバカにされることを恐れ、教室を飛び出してしまった。

体育倉庫で愛子に見つかったプンプンは、彼女の励ましを受けて愛子への想いを募らせる。

しかし、その後、プンプンのもとに宗教勧誘の女性が女児を連れて現れる。

詳しくみる ⇒参照元: 【おやすみプンプン】最終回の結末・感想をネタバレ!最後は愛子...

鬱漫画「おやすみプンプン」の衝撃的なあらすじ

主人公プンプンの波乱の半生に影響を与えた、転校生との約束が何だった?

鹿児島の親戚の家に一緒に行く

おやすみプンプンは、ひよこの落書きのような主人公プンプンの波乱の半生を描いた鬱漫画です。

プンプンは、同じ悩みを持つ転校生の田中愛子と仲良くなり、二人は小学校の一学期の終わりに、愛子の鹿児島の親戚の家に行くことを約束します。

しかし、プンプンの両親の離婚や、約束を果たせなかったことがきっかけで、プンプンと愛子の距離は遠ざかっていき、その出来事はやがてプンプンの暗い人生の影となりました。

鬱漫画ながらも、不遇な状況をどう打開すべきか、人生を切り開くヒントも隠されており、名言の宝庫とも言われています。

詳しくみる ⇒参照元: 【おやすみプンプン】心に残る名言を紹介!鬱漫画を引き立たせる...

おやすみプンプンの愛子の闇

プンプンの逃避行を促した、愛子が抱えていた「闇」は何ですか?

新興宗教の信者の母親

「おやすみプンプン」は、小学生のプンプンと転校生の愛子の物語です。

愛子は母親が新興宗教の信者で、転校を余儀なくされます。

愛子はプンプンに母親の秘密を打ち明け、母親の元から逃げることを提案します。

プンプンは愛子を救おうと鹿児島への逃避行を承諾しますが、約束の日には思いもよらない事態が起こってしまいます。

詳しくみる ⇒参照元: おやすみプンプンの感想・評価は?名作鬱漫画のあらすじと魅力を...

『おやすみプンプン』の特徴と魅力

主人公プンプンの特徴的な外見は何?

ヒヨコのような顔

浅野いにおによる漫画『おやすみプンプン』は、鳥の落書きのような顔をした主人公プンプンを中心に展開されます。

この独特な表現は、プンプンが周囲から浮いていることを強調し、作品の魅力の一つとなっています。

プンプンは、引っ込み思案で内気な少年で、初恋の相手である田中愛子との関係に悩みます。

作中では、鬱シーンや心に残る名言も話題となり、ラストに向けた伏線などが巧妙に仕組まれています。

登場人物も個性豊かで、愛子、南条、関くん、神様など、それぞれが魅力的なキャラクターとして描かれています。

詳しくみる ⇒参照元: 『おやすみプンプン』を考察! あらすじや伏線、名言や鬱シーン...

「おやすみプンプン」:ねじくれた少年と運命の少女

愛子ちゃんはプンプンにとってどんな存在ですか?

運命の相手

「おやすみプンプン」は、根暗でねじ曲がった少年プンプンと、彼の運命の相手である愛子ちゃんの歪んだ関係を描いた物語です。

プンプンは愛子ちゃんに一目惚れし、彼女との約束が人生の全てでした。

しかし、すれ違いが重なり、愛子ちゃんとは疎遠になってしまいます。

プンプンにとって愛子ちゃんは、トラウマの元凶であり、希望の中心でした。

プンプンは愛子ちゃんから逃げられず、絆と呪いの紙一重の関係に苦しめられます。

詳しくみる ⇒参照元: おやすみプンプン考察・鬱マンガの結末について【ネタバレ】

おやすみプンプンの衝撃結末

愛子の母親殺害の犯人は誰ですか?

愛子

愛子とプンプンは同棲を報告しに愛子の実家を訪ねたが、トラブルから愛子の母親を殺害してしまった。

当初はプンプンが犯人とされていたが、愛子の告白により、愛子が母親を刺し殺したことが明らかになった。

プンプンは母親の首を絞めたが、まだ息があった状態だったため、殺人犯ではないと愛子は主張した。

2人は鹿児島へ向かう途中、愛子の体調が悪化し、精神的に追い詰められたプンプンは心中を提案したが、愛子は自分が犯人であると明かし、プンプンを庇った。

その後、空き家で一晩を明かした2人だったが、朝になると愛子は首を吊って自殺していた。

プンプンは愛子の遺体を背負って歩いたが、荷物を取りに行った隙に愛子が救急車で運ばれるのを目撃し、その後自殺を図った。

しかし、幸南条によって発見され、病院に搬送された。

詳しくみる ⇒参照元: 【おやすみプンプン】最終回の結末・感想をネタバレ!最後は愛子...

愛子の再会と悲劇

愛子がプンプンに嘘をついた理由は?

家庭環境を隠すため

プンプンと愛子は小学生時代に約束をきっかけに疎遠になった。

その後、大学生になったプンプンは愛子と再会し、愛子はモデルの道を歩んでいると語る。

しかし、愛子は家庭で母親から暴力を受けており、その事実を隠すために嘘をついていた。

再会したプンプンは愛子の悲惨な生活を知り、2人で遠くへ引っ越すことを提案する。

しかし、愛子の母親は激怒し、愛子に暴力をふるう。

プンプンは愛子の母親を絞殺してしまう。

詳しくみる ⇒参照元: 【おやすみプンプン】最終回の結末・感想をネタバレ!最後は愛子...

プンプンの人生と愛子ちゃん

プンプンの人生に大きな影を落とします

愛子ちゃんの約束が果たされなかった。

プンプンは愛子ちゃんとの約束を果たせなかったことで自分を死んだ方が良いと考えるようになり、嫉妬や偽善的な自分に揺れ動く。

高校生になっても他者との関係が捻じ曲がってしまう。

詳しくみる ⇒参照元: おやすみプンプン考察・鬱マンガの結末について【ネタバレ】

プンプンの自傷行為

廃工場跡でプンプンが傷つけたのはどちらの目か?

左目

「おやすみプンプン」の主人公、プンプンは自殺願望を抱き、廃工場跡を訪れてナイフで自傷行為を行います。

その際、プンプンが傷つけたのは左目でした。

プンプンは最終的に友人の幸に救出され、一命を取り留めます。

また、作中でプンプンの両親は離婚し、プンプンの名字はプン山から小野寺に変更されています。

詳しくみる ⇒参照元: おやすみプンプンをネタバレ解説!名作鬱漫画の感想と最終回・結...

南条幸がプンプンに感銘を受けた行動

南条幸は、プンプンのどのような行動に感銘を受けた?

感想ノートに書いた物語

プンプンは愛子を探す中で、安価な部屋を借りて2年間過ごしていた。

その間、彼は不動産屋の宍戸にスナックに連れて行かれ、そこで3年前に見た天の川の絵を描いた女性・南条幸と再会した。

プンプンは南条に感想ノートに書いた物語を見せ、南条はそれを面白がって原作として続きを書くことを持ちかけた。

プンプンと南条は友人関係を築き、立ち入った会話をするようになったが、漫画の編集者からの酷評や宍戸の万引き事件がきっかけで疎遠になってしまった。

後にプンプンは愛子と再会し、彼女と一緒に遠くの街で同棲することを約束した。

しかし、愛子の母親に承諾を求めに行った際、母親の暴力によって愛子は腹部を刺された。

プンプンは愛子の母親を殺害し、愛子と鹿児島を目指して逃亡した。

一方、南条は失踪したプンプンの行方を捜していた。

詳しくみる ⇒参照元: おやすみプンプン

おやすみプンプン:愛子との再会

プンプンと愛子の再会はどのようなきっかけで起こったのか?

自動車教習所

「おやすみプンプン」の主人公プンプンは、疎遠になっていた愛子と高校生の時に再会します。

プンプンは愛子を見かけた駅近くに部屋を借り、2年以内に愛子に会えなければ自殺しようと決意します。

その後、プンプンは過去に感銘を受けた絵描きである南条幸と再会し、漫画を共作しますが、編集社に相手にされず疎遠になります。

やがて、プンプンは自動車教習所で愛子と再会します。

詳しくみる ⇒参照元: おやすみプンプンの感想・評価は?名作鬱漫画のあらすじと魅力を...

おやすみプンプン:内向的な主人公の物語

おやすみプンプンの主人公の名前は?

プンプン

「おやすみプンプン」は、浅野いにおが描く人気漫画。

主人公は落書きのひよこのような姿で表現される「プンプン」という少年。

プンプンは友人の交通事故をきっかけに内向的な性格になり、感情表現が苦手になる。

プンプンはひょっとこや悪魔のように姿を変えるが、本来はジャニーズ系のイケメンと推測されている。

ヒロインは、プンプンのクラスメイトで一目惚れをした「田中愛子」。

愛子は宗教活動に熱心な母親のもとで育った。

プンプンと愛子は両思いだったが、すれ違いの末に高校では別々の道を歩む。

詳しくみる ⇒参照元: おやすみプンプンのキャラ・登場人物まとめ!あらすじや名言もネ...

中学生編のプンプン

主人公のプンプンは、中学生になってからどのような人物になったか

バドミントン部の部員になった

中学生になったプンプンはバドミントン部に所属し、先輩の矢口が愛子と付き合っていることを知ってショックを受けます。

ある日、矢口と喧嘩している愛子を見かけ、矢口から愛子が「プンプンの話題を出したら泣いてしまった」と聞きます。

矢口はプンプンとバドミントン部の試合で愛子を賭けた戦いを申し出ますが、愛子は冷ややかな目で見ています。

愛子の気持ちはプンプンに向けられており、小学生の頃と変わらず、プンプンが自分を母親の元から連れ出してくれることを信じていました。

結局勝負の最中に矢口は怪我で倒れてしまい棄権となり、プンプンは愛子に約束を破ってしまったことを謝罪します。

すると愛子は全く怒る素振りも見せず、プンプンの謝罪を受け入れ、鹿児島へ行こうと明るく言います。

プンプンはそんな愛子の様子に思わず恐怖を覚えてしまい、愛子からの重圧に耐えきれず誘いを断ってしまいます。

愛子の約束を2度も破ってしまったことに罪悪感を覚えたプンプンは、その出来事以降塞ぎ込むようになり、他人との関わりを一切絶つようになり、勉強にのみ打ち込む生活を送るようになっていきました。

詳しくみる ⇒参照元: おやすみプンプンの感想・評価は?名作鬱漫画のあらすじと魅力を...