Academic Box Logo

徳川家治と万寿姫: 実録に基づく結婚と長寿の謎

徳川家治と万寿姫: 実録に基づく結婚と長寿の謎

こんにちは、ライターのYUKOです。徳川家治と万寿姫の結婚と長寿の謎について、実録に基づく情報を紹介します。

大奥ドラマと史実の相違点

大奥ドラマと史実の相違点https://dots-inc.jp大奥のドラマ「家治と倫子の死」は史実と異なる?

はい

フジテレビのドラマ「大奥」では、徳川家治と倫子がともに亡くなりますが、史実では倫子が家治よりも早く亡くなりました。また、ドラマでは倫子が松平定信の悪事を暴き、田沼意次が火事で自害するという展開になっていますが、これも史実とは異なります。実際には、家治の死後、倫子は家治の子どもを隠して育てており、田沼意次は家治の遺言で赦免されています。詳しくみる ⇒参照元: 【大奥】万寿姫は徳川家治と倫子の娘!史実と違う結婚や長生き?

徳川万寿姫の真実

徳川万寿姫の真実https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com徳川万寿姫は実在したのでしょうか?

はい

徳川万寿姫は、徳川家治と倫子の実在した娘である。倫子は皇族の閑院宮直仁親王の娘として京都で生まれた。10歳で家治との婚姻が決まり、16歳で江戸城大奥入りして正室となった。家治と倫子の間には千代姫と万寿姫の2人の娘が生まれた。千代姫は2歳で死去したが、万寿姫は13歳まで生きた。ドラマでは千代姫は流産して生まれておらず、万寿姫は結婚したが、史実では2人とも早くに亡くなっている。詳しくみる ⇒参照元: 【大奥】万寿姫は徳川家治と倫子の娘!史実と違う結婚や長生き?

大奥万寿姫の史実

大奥万寿姫の史実https://pds.exblog.jp倫子と家治の娘は実在の人物か?

実在の人物

「大奥2024」の最終回に登場した倫子と家治の娘「万寿姫」は実在の人物である。万寿姫は家治の側室である側室・お美代の方の娘であり、実子ではない。史実では、万寿姫は徳川家斉の正室となった後、31歳で亡くなっている。詳しくみる ⇒参照元: 【大奥】万寿姫は徳川家治と倫子の娘!史実と違う結婚や長生き?

この記事では、徳川家治と万寿姫の結婚や長寿の謎について、史実をもとに考察しました