Academic Box Logo

レディースの過激な素顔!芸能人の暴走族写真から知る族の衝撃事実

レディースの過激な素顔!芸能人の暴走族写真から知る族の衝撃事実

ライターのYUKOです。今回は、レディースの過激な素顔についてご紹介します。芸能人の暴走族写真から、族の衝撃的な事実が明らかになります。

元暴走族・元レディースの芸能人

暴走族に入るにはどんな条件が必要ですか?

ツテまたはコネ

暴走族やレディースは、独自の文化と規範を持つ集団です。

暴走族に入るには、先輩や友人など、何らかのツテやコネが必要とされています。

また、暴走族になりたいという希望だけでは加入できないようです。

芸能界には、元暴走族や元レディースの経歴を持つ人が多くいます。

例えば、哀川翔、赤井英和、綾小路翔、飯島直子などが挙げられます。

飯島直子は、交際相手が暴走族の番長だったそうです。

詳しくみる ⇒参照元: 元暴走族・レディースだった芸能人top15

元レディース総長のかおりさんの半生

レディース総長のかおりさんの出身地はどこか?

栃木県小山

伝説のレディース暴走族雑誌「ティーンズロード」でカリスマ的存在だった元レディース総長のかおりさんは、栃木県小山市出身で、台湾生まれの両親のもとで育ちました。

4歳の頃に両親が離婚し、母親は出稼ぎのために日本へ渡りました。

かおりさんは小学5年生の時に来日し、母親と生活するようになりました。

2021年にYouTube「ナックルズTV」で紹介されたのをきっかけに再び人気に火がつき、2023年には初の著作『「いつ死んでもいい」本気(マジ)で思ってた…』を発表しています。

詳しくみる ⇒参照元: かおり(レディース総長)の現在!本名と年齢や若い頃・結婚や旦...

レディース総長・かおりの芸能活動

かおりさんは、どんなグループのメンバーとしてデビューした?

初代・鬼風刃

レディース総長としてカリスマ的な人気を博したかおりさんは、引退後も「ティーンズロード」でレディースファッションや相談コーナーを担当。

その後、レディース総長だけで構成されたグループ「初代・鬼風刃」のメンバーとしてボーカルデビューを果たしました。

このグループは2枚のシングルと1枚のアルバムを発表し、2枚目のシングル「明日はゆずれない」は「週刊TVプロレス~TAKING BUMPS」のテーマソングにも起用されました。

詳しくみる ⇒参照元: かおり(レディース総長)の現在!本名と年齢や若い頃・結婚や旦...

元レディース総長の半生

伝説的暴走族雑誌「ティーンズロード」でカリスマ的存在だった人物は誰ですか?

かおり

元レディース総長であるかおりさんは、台湾出身で栃木県で育ちました。

16歳でレディース暴走族「北関東硬派連盟貴族院女族」を立ち上げ、総長に就任。

カリスマ的存在として人気を博しました。

その後、ホステスとして働き、ナンバー1にも輝きました。

現在はYouTubeチャンネル「ナックルズTV」にレギュラー出演し、自叙伝「いつ死んでもいい」本気で思ってた…」を発表しています。

詳しくみる ⇒参照元: かおり(レディース総長)の現在!本名と年齢や若い頃・結婚や旦...

かおりさんの結婚とDVからの更生

かおりさんが結婚したきっかけとなった出来事は?

銀座のクラブで知り合った

銀座のクラブでホステスをしていたかおりさんは、お客さんの一人と結婚しました。

結婚当時は「ティーンズロード」編集部にも連絡し、関係者から祝福されたそうです。

その後、二人の息子を授かりましたが、夫からのDVに耐えかねて離婚。

現在はシングルマザーとして二人の息子を育てています。

長男は一時非行に走りましたが、かおりさんの言葉がきっかけで更生し、現在は料理の職人として活躍しています。

詳しくみる ⇒参照元: かおり(レディース総長)の現在!本名と年齢や若い頃・結婚や旦...