Academic Box Logo

ミスミソウの謎に迫る:妙子の運命、春花との関係、原作との違い

ミスミソウの謎に迫る:妙子の運命、春花との関係、原作との違い

ライターのYUKOです。今回は、映画『ミスミソウ』の謎に迫ります。妙子の運命、春花との関係、原作との違いを詳しく見ていきます。

復讐のホラー:いじめの闇と10代の苦悩

いじめられっ子の復讐を描くホラー映画の主人公は何者?

野咲春花

田舎に引っ越した女子高生の野咲春花は、クラスメイトからの壮絶ないじめに耐えていたが、ある日自宅を焼失し、真相を知った後は復讐に打って出る。

いじめられる生徒役を山田杏奈が演じ、原作のイメージを体現している。

詳しくみる ⇒参照元: 『ミスミソウ』見事な実写化!名作ホラー漫画が描き出すカタルシ...

春花の支え

春花は誰を支えに耐えていた?

相場晄

春花は転校先にイジメられ、家を焼かれる悲劇に遭う。

そんな彼女を支えていたのは、同じく転校してきた相場晄だった。

イジメグループの嫌がらせはエスカレートし、春花は追い詰められていく。

しかし、春花は三⾓草のように、厳しい冬を耐え抜いて、困難を乗り越えようとする。

詳しくみる ⇒参照元: 小黒妙子役は大谷凜香!人生初のブリーチで役作り「ミスミソウ」

いじめの復讐劇

春花がイジメを開始した理由はなんだった?

春花が好きだったから

転校生の春花はいじめっ子ボス・妙子に目をつけられ、クラスメイトを使って春花をいじめ始めた。

担任教諭は学校が廃校になる前に問題を起こしたくないため、春花の両親の訴えを無視した。

その結果、春花は登校拒否を選択する。

ある日、春花の自宅が火災に遭い、両親が焼死、妹が意識不明の重体となる。

春花は祖父に引き取られ、学校に通い始めたところ、いじめグループから火災が自分たちの仕業だったと告げられ、首を絞められる。

春花は咄嗟に手にした釘で相手の右目を刺し、鉄パイプで殴り殺した。

その後、残りの二人も同様に殺害し、壮絶な復讐劇が始まる。

詳しくみる ⇒参照元: 【ネタバレ・感想】ミスミソウの映画はひどい?結末や原作との違...

「ミスミソウ」の妙子:原作漫画と実写映画のラストの生死の違い

原作漫画と実写映画で、ラストの妙子の生死の違いについて教えてください

実写映画では生存

「ミスミソウ」は、ホラー漫画でありながら凄惨ないじめ描写とグロテスク描写で話題を呼んだ作品です。

原作漫画では主人公・春花をいじめるグループのリーダー格である妙子は死亡しますが、実写映画版では生存しています。

この違いは、実写映画版が原作漫画の完全版を基に制作されたことによるもので、完全版では妙子の生存が描かれています。

また、実写映画版では妙子と春花との関係が原作漫画よりも深く掘り下げられており、妙子が春花をいじめる理由や、春花が妙子に復讐する動機がより明確に描かれています。

詳しくみる ⇒参照元: 【ミスミソウ】妙子は最後生きてる?春花との関係や原作漫画との...

ミスミソウ実写版の流美と妙子の最期の違いと謎

妙子の最期は原作漫画版と実写版でどのように異なっていますか?

実写版では春花襲撃の一部始終を目撃していた晄によって惨殺される。

「ミスミソウ」の実写映画版では、流美との死闘で重傷を負った妙子が生き残った。

しかし、原作漫画版では、流美を盾にした晄によって流美と共に死亡した。

実写版では、春花襲撃の一部始終を目撃していた晄が流美を惨殺し、最終的に生き残ったメインキャラクターは妙子のみとなった。

ラストシーンでは、重傷を負いながらも一人卒業式に出席する妙子が描かれ、彼女と春花との思い出が回想された。

原作版の「全滅END」とは異なる展開となり、賛否両論が起こった。

詳しくみる ⇒参照元: 【ミスミソウ】妙子は最後生きてる?春花との関係や原作漫画との...

いじめの謎:妙子の動機と南先生の役割

妙子が春花をいじめる理由は何か?

晄への嫉妬

妙子が春花をいじめた理由は、春花が妙子の好意を寄せる晄と親しくなったことにあった。

妙子は晄の異常な本性に気づいており、彼に春花が近づくことを許せなかった。

また、実写映画版では妙子が春花に友情を超えた愛情を抱いていた可能性がある。

このため、愛する春花が嫌悪する晄と親しくしているのが耐えられなかったのではないかと考察されている。

さらに、妙子は教師の南先生に力を求めていて、南先生は過去のいじめ体験から強い者にすがる傾向があり、妙子のことを友達と認識していた。

詳しくみる ⇒参照元: 【ミスミソウ】妙子は最後生きてる?春花との関係や原作漫画との...

「ミスミソウ」実写映画:クラスの女王役に大谷凜香

「ミスミソウ」実写映画でクラスの女王的存在を演じるのは誰?

大谷凜香

人気漫画「ミスミソウ」の実写映画化作品「ミスミソウ」で、クラスの女王的存在・小黒妙子を演じるのは、初映画出演となる大谷凜香。

公式Instagramでは、10.4千人のフォロワーを持ち、愛くるしい笑顔で注目を集めている。

詳しくみる ⇒参照元: 小黒妙子役は大谷凜香!人生初のブリーチで役作り「ミスミソウ」

ミスミソウ:監督の内藤瑛亮が描く衝撃の精神破壊ホラー

この映画の監督は誰ですか?

内藤瑛亮

本作の監督は内藤瑛亮氏。

監督として、「ライチ☆光クラブ」や「鬼談百景」で注目を集め、「ミスミソウ」でも期待に応える演出を見せている。

特に、「鬼談百景」で監督を務めた「どろぼう」での薄気味悪さの表現が印象的。

詳しくみる ⇒参照元: 『ミスミソウ』見事な実写化!名作ホラー漫画が描き出すカタルシ...

ミスミソウの相場晄が人気?その理由とは

ミスミソウで話題の相場晄は、どのような人気を獲得している?

逆説的な人気

ミスミソウの相場晄は、作品の登場人物の中でも屈指の「やばいキャラクター」として、逆説的な人気を獲得しています。

彼の行動はストーリー展開に大きな影響を与え、注目すべきポイントです。

Twitterでは、相場晄の性格の激変やサイコパスぶりに注目が集まっており、原作漫画の彼を見事に再現していると評価されています。

詳しくみる ⇒参照元: 【ミスミソウ】相場晄の最後と過去は?野咲春花や小黒妙子との関...

野咲春花の相場晄への復讐

野咲春花は相場晄に歪んだ愛情を向けられた後、どのように復讐したか?

包丁で刺した

野咲春花は家族を殺害した佐山流美に腹を刺されたが、包丁を抜いて相場晄を刺しました。

相場は一度は佐山流美を盾にして難を逃れましたが、後にボウガンで右目を貫通され、死亡しました。

野咲春花は相場のやばい愛情を歪んだ復讐に変え、彼の命を奪いました。

また、相場は幼少期に暴力的な父親から虐待を受けており、それが彼の人格形成に影響を与えました。

詳しくみる ⇒参照元: 【ミスミソウ】相場晄の最後と過去は?野咲春花や小黒妙子との関...

ミスミソウの衝撃:復讐と人間の心の闇

同級生を殺害した主人公、春花はどのような覚悟を示しているか?

自首

「ミスミソウ」は、暴力的な内容で衝撃を与えた映画です。

主人公の春花は、教師のいじめや同級生からの虐待を受け、復讐に走ります。

映画では、人間の心の脆さと復讐の恐ろしさを描いています。

春花は、同級生を殺害した後、春が来て雪が解ければ遺体が見つかることを意味する「春になったらわかるよ」という言葉を残します。

この言葉は、春花が自首する覚悟を示唆しています。

また、映画は和製サイコ・ホラーの傑作と評されています。

詳しくみる ⇒参照元: 【ネタバレ・感想】ミスミソウの映画はひどい?結末や原作との違...

映画「ミスミソウ」キャスト紹介:小黒妙子役を演じた女優

映画「ミスミソウ」で小黒妙子を演じた女優は誰?

大谷凛香

大谷凛香は1999年12月12日生まれの宮城県出身。

趣味はスポーツ・映画鑑賞・料理。

特技は野球と空手で、特に空手は初段の腕前。

2012年に「二コラ」のモデルオーディションでグランプリを受賞しモデルデビュー。

本格的女優デビュー作は映画「ミスミソウ」。

その他の出演作品には映画「犬鳴村」「樹海村」、テレビドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」「サイレント・ヴォイス 行動心理官・楯岡絵麻」などがある。

詳しくみる ⇒参照元: 【ミスミソウ】妙子は最後生きてる?春花との関係や原作漫画との...

ミスミソウのラストの違い

原作のミスミソウで、春花の家を放火したのは誰か?

佐山流美

ミスミソウは、実写映画版と原作漫画版のラストが異なる。

原作漫画版では、春花をいじめていた妙子を中心とするグループのうち、佐山流美が春花の家を放火し、春花の両親が死亡、妹が危篤状態となった。

一方、実写映画版では妙子が最後まで生きている。

詳しくみる ⇒参照元: 【ミスミソウ】妙子は最後生きてる?春花との関係や原作漫画との...