Academic Box Logo

古代の巨大キツネザル「メガラダピス」: 葉っぱを好む巨獣

古代の巨大キツネザル「メガラダピス」: 葉っぱを好む巨獣

ライターのYUKOです。今回は古代の巨大キツネザル「メガラダピス」についてご紹介します。

古代巨獣メガラダピスの食性、DNA解析で解明

メガラダピスの発見から明らかになった、その主な食性は?

葉っぱ

絶滅したメガラダピスの化石から良好なDNAが発見され、1475年前に生息していたことが判明した。

DNA解析の結果、メガラダピスは主に葉っぱを食べており、葉っぱの毒素を分解して栄養を吸収する遺伝子が確認された。

この発見は、メガラダピスの食性や生態に関する理解を深める重要な一歩となった。

詳しくみる ⇒参照元: 人間の大人と同じサイズ!巨大なキツネザル「メガラダピス」の主...

マダガスカルの巨大キツネザル:メガラダピス

かつてマダガスカルに存在した巨大なキツネザルの名前は?

メガラダピス

マダガスカルに生息するキツネザルは通常小型だが、かつては人間の大人と同サイズの「メガラダピス」という巨大種がいた。

メガラダピスは尻尾を含めない体の大きさが1.5メートル、頭骨長は30センチもあり、木に抱きつくのに適した長い手と短い足を持っていた。

詳しくみる ⇒参照元: 人間の大人と同じサイズ!巨大なキツネザル「メガラダピス」の主...