Academic Box Logo

ホンジャマカ恵俊彰と松本美貴の馴れ初めと現在の生活: TBS役員の娘という噂も調査

ホンジャマカ恵俊彰と松本美貴の馴れ初めと現在の生活: TBS役員の娘という噂も調査

ライターのYUKOです。今回は、ホンジャマカ恵俊彰さんと松本美貴さんの馴れ初めと現在の生活についてお伝えします。

恵俊彰のプロフィール

恵俊彰のプロフィールhttps://thetv.jp恵俊彰の出身地は?

鹿児島市

恵俊彰は、1964年12月21日に鹿児島県鹿児島市で生まれました。早稲田大学大学院スポーツ科学研究科を修了しており、学位は修士(スポーツ科学)です。お笑いコンビ「ホンジャマカ」のツッコミ担当で、相方は石塚英彦です。現在はワタナベエンターテインメントに所属しています。詳しくみる ⇒参照元: 恵俊彰

ホンジャマカの解散について

ホンジャマカの解散についてhttps://grapee.jpホンジャマカは解散したのですか?

解散していない

恵俊彰さんはお笑い養成所からホンジャマカを結成したが、メンバーは11人だった。石塚英彦とコンビを組むと人気が出たが、レギュラー番組が打ち切りになったため、コンビを続けるがそれぞれの仕事を優先することになった。発注があればいつでもコントを制作できるが、石塚英彦には確認していない。詳しくみる ⇒参照元: 恵俊彰が『ホンジャマカ』について語ったこととは? ドラマやラ...

ホンジャマカと恵俊彰の妻の意外な関係

ホンジャマカと恵俊彰の妻の意外な関係https://decopachi.comお笑いユニット「ホンジャマカ」の元メンバーには、恵俊彰の奥さんが含まれていた?

はい

恵俊彰の奥さん、松本美貴さんは元ホンジャマカメンバーだったと噂されています。ホンジャマカは当初、男女混合の演劇集団として11人で結成されました。松本美貴さんがメンバーだったかどうかは確証がありませんが、写真に写る女性の一人が松本美貴さんではないかとされています。ホンジャマカは『ザ・テレビ演芸』でグランドチャンピオンを獲得するなどの活躍を見せましたが、徐々にメンバーが脱退していきました。詳しくみる ⇒参照元: 恵俊彰の嫁・松本美貴はTBS役員の娘で元ホンジャマカ?馴れ初...

恵俊彰と松本美貴の結婚秘話

恵俊彰と松本美貴の結婚秘話https://decopachi.comTBS役員とのコネが結婚のきっかけ?

1996年に結婚した恵俊彰と松本美貴は、ともにホンジャマカのメンバーだった。松本美貴は現在、TBSの番組に多く出演しており、恵俊彰もTBSの番組でMCを務めていることから、松本美貴の親族がTBSの役員でコネがあったのではないかと噂されている。しかし、結婚の馴れ初めや親族に関する詳しい情報は公表されていない。詳しくみる ⇒参照元: 恵俊彰の嫁・松本美貴はTBS役員の娘で元ホンジャマカ?馴れ初...

恵俊彰の家族構成

恵俊彰の家族構成https://sponichi.co.jp恵俊彰には子供は何人いますか?

3人

恵俊彰と妻の松本美貴には、長男・俊太(25歳)、次男・楓徒(18歳)、長女・愛結(14歳)の3人の子供がいます。長男は中央大学の法学部を卒業し、現在は社会人として働いているとみられます。次男は小学生からゴルフをしており、恵俊彰は息子の練習に週1回同行しています。長女は現在中学校に通っています。詳しくみる ⇒参照元: 恵俊彰(ホンジャマカ)の嫁は松本美貴!気になる馴れ初めや子供...

恵俊彰さんの朝の情報交換習慣

恵俊彰さんの朝の情報交換習慣https://decopachi.com夫婦揃って情報番組に関わる恵俊彰さんと松本美貴さんの、朝一番に行う習慣は?

ニュース番組と新聞で情報交換

お笑いコンビ「ホンジャマカ」のツッコミとして活躍していた恵俊彰さんは、現在「ひるおび」のMCとして知られる昼の顔です。そんな恵俊彰さんは、朝5時ごろに目覚めると、まずニュース番組をつけ、新聞を読みます。その中で気になるものがあれば、妻の松本美貴さんに質問し、夫婦で情報交換をするのが日課となっているようです。また、恵俊彰さんは2012年にベストファーザー賞を受賞するほどのイクメンとしても知られ、4人の子供たちを支えています。さらに、2022年4月からは早稲田大学大学院のスポーツ科学研究科に入学しており、今後も活躍が期待されます。詳しくみる ⇒参照元: 恵俊彰の嫁・松本美貴はTBS役員の娘で元ホンジャマカ?馴れ初...

恵俊彰の趣味・性格・背景

恵俊彰の趣味・性格・背景https://nhk.or.jp爆笑問題の太田光から恵についてどのような評価をされているか?

嫌い

恵俊彰は、京都府京都市出身の3男1女の父親で、妻はホンジャマカの松本美貴。趣味はパソコン、映画鑑賞、音楽鑑賞、ゴルフ、ビリヤードなど。情報番組で総合司会業を行うため、前日どれだけ多忙でも毎朝5時に起床し、各局の情報番組をチェックするほか移動中もほぼ全ての新聞に目を通している。TBSの「ひるおび!」開始時に島田紳助から「最下位の球団の監督をやるようなもの」と助言を受けた。また、爆笑問題の太田光からは「嫌い」「つまらない」とネタにされており、所属事務所であるワタナベエンターテインメントが抗議している。詳しくみる ⇒参照元: 恵俊彰

恵俊彰の過去

恵俊彰の過去https://sponichi.co.jp恵俊彰が芸能界に入る前は何の仕事をしていた?

事務員

恵俊彰は、お笑い芸人になる前は東放学園専門学校の事務員として働いていた。この学校はTBSの教育事業部が設立したもので、放送芸術科などの学科が設置されている。恵俊彰は1987年に渡辺プロダクションのオーディションに合格し、芸能界入りした。詳しくみる ⇒参照元: 恵俊彰(ホンジャマカ)の嫁は松本美貴!気になる馴れ初めや子供...

ホンジャマカの初期メンバーとABブラザーズ

ホンジャマカの初期メンバーとABブラザーズhttps://watanabepro.co.jpホンジャマカの初期メンバーで、のちにABブラザーズを結成したのは誰?

中山秀征と松野大介

1988年に開催されたホンジャマカの初ライブ「BIG THURSDAY ホンジャマカ VOL.1」には11人のメンバーが参加。そのうち、中山秀征と松野大介は後にABブラザーズを結成した。ホンジャマカは当初11人体制だったが、メンバーが脱退し最終的に石塚と恵の2人だけになったため、1989年にコンビ「ホンジャマカ」として再始動した。コンビ結成後も積極的にライブやイベントを行い、バカルディ(現・さまぁ〜ず)とともに1990年代初期の関東を代表するコンビとなった。詳しくみる ⇒参照元: ホンジャマカ

ホンジャマカ結成の軌跡

ホンジャマカ結成の軌跡https://news-postseven.comこのお笑いコンビは何年に結成されましたか?

1989年

お笑いコンビのホンジャマカは1988年に11人体制で結成され、翌1989年に2人組のお笑いコンビとして活動を開始しました。ボケ担当の石塚英彦は1962年生まれで神奈川県横浜市出身、ツッコミ担当の恵俊彰は1964年生まれで鹿児島県鹿児島市出身です。コンビ名は「ほんじゃまか」と読みます。詳しくみる ⇒参照元: ホンジャマカ

恵俊彰さんのSNSアカウントと今後の活躍

恵俊彰さんのSNSアカウントと今後の活躍https://grapee.jpホンジャマカの恵俊彰さんのSNSアカウントはありますか?

ありません

お笑いコンビ「ホンジャマカ」の恵俊彰さんは、インスタグラムやツイッターなどのSNSアカウントを持っておらず、活動情報は所属事務所の公式サイトから確認できます。恵俊彰さんは、「ひるおび!」の司会やドラマ、ラジオなどで幅広く活躍しています。今後も、司会業、バラエティ番組、ドラマ、ラジオなどさまざまなジャンルで活躍が期待されています。詳しくみる ⇒参照元: 恵俊彰が『ホンジャマカ』について語ったこととは? ドラマやラ...

ウンナンコンビ結成前夜の活動

ウンナンコンビ結成前夜の活動https://sanspo.com石塚英彦とコンビを組む前のウンナンは、何の番組の前説を務めていた?

加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ

ウンナンは、石塚英彦とコンビを組む前はTBSの人気番組「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」の名物コーナー「おもしろビデオコーナー」で前説を務めていた。特に、後に亡くなった志村けんとは前説で共演するたびに、本番前にも関わらずステージに出てきてくれたことが嬉しく、もっと共演したかったと語っている。また、2021年には東京2020オリンピック聖火リレーの鹿児島県の最終聖火ランナーに選ばれ、緊急事態宣言下の東京から移動し、指宿市営陸上競技場で聖火皿への点火を担った。詳しくみる ⇒参照元: 恵俊彰

ホンジャマカの「デブと痩せ」コンビの成り立ち

ホンジャマカの「デブと痩せ」コンビの成り立ちhttps://i.ytimg.com石塚と恵は、なぜ現在「デブと痩せのコンビ」なのか?

恵のダイエット

石塚と恵は、1992年から1993年頃に恵のダイエットによって劇的な体重差が生まれ、「デブと痩せのコンビ」となった。石塚は、恵の食事まで食べてさらに太ったとネタにしていた。その後、ライバル芸人の台頭により個人活動に重点を置き、ホンジャマカとしての出演が減少した。現在はそれぞれグルメリポーターや司会者、俳優として活動しているが、コンビ解消することなく活動を続けている。詳しくみる ⇒参照元: ホンジャマカ