Academic Box Logo

ベーリング海カニ漁の危険度を徹底調査!!死亡率や日本人の事故例を地図で紹介

ベーリング海カニ漁の危険度を徹底調査!!死亡率や日本人の事故例を地図で紹介

こんにちは、ライターのYUKOです。今回は、ベーリング海カニ漁の危険度を調査します。

ベーリング海:危険な海

ベーリング海:危険な海https://cdn-natgeo.nikkeibp.co.jpベーリング海を危険な海たらしめている要因は?

暴風雨と高波

ベーリング海は、シベリアとアラスカの間にある太平洋最北端の海域で、カニやサケの漁場として有名です。しかし、自然環境が非常に厳しく、暴風雨や高波(巨大波)が多く、漁に出るだけでとても危険な海です。この危険さは、ディスカバリーチャンネルの「ベーリング海の一攫千金」というカニ漁に密着したドキュメンタリー番組によって広く知られるようになりました。ベーリング海は、その自然環境の厳しさ、漁の危険さから「世界で一番やばい海」とも言われています。詳しくみる ⇒参照元: ベーリング海のカニ漁がやばい?地図や日本人の死亡事故・現在も...

ベーリング海:漁師たちの楽園

ベーリング海:漁師たちの楽園https://cdn-natgeo.nikkeibp.co.jpベーリング海で漁を行う理由は?

豊かな海の幸

ベーリング海は、強風、極寒、氷のように冷たい水で知られる過酷な海域である。しかし、その過酷な環境にもかかわらず、世界有数の漁場となっている。サケやカニなど、豊富な海の幸が漁師たちをこの危険な海域に引き寄せている。詳しくみる ⇒参照元: 漁師兼写真家が撮った、冬の過酷なベーリング海での漁業10点

アラスカ海のボレアル化によるカニ生息数の減少

アラスカ海のボレアル化によるカニ生息数の減少https://content.presspage.comアラスカの海で進行中のボレアル化がカニの生息数に及ぼす影響は?

生息数の減少

アラスカの海では、気候変動による「ボレアル化」が進んでおり、カニの生息数が減少しています。2022年のベーリング海におけるズワイガニ漁の禁止は、海水温上昇が主な原因でした。科学者は、2040年代までに、同様の禁止が3年に1度の割合で発生すると予測しています。このボレアル化は、カニ漁の産業に重大な影響を与え、沿岸地域経済に打撃を与える可能性があります。詳しくみる ⇒参照元: カニの生息数の減少が続くアラスカの海では気候変動による「ボレ...

ベーリング海ズワイガニ個体数の激減

ベーリング海ズワイガニ個体数の激減https://cdn-natgeo.nikkeibp.co.jpズワイガニの生息数の激減の理由は何ですか?

海水温の上昇と記録的なカニの生息数

ベーリング海のズワイガニの個体数は、2018年の過去最高値から大幅に減少しています。この減少は、海水温の上昇と記録的なカニの生息数の増加が相まって、ズワイガニに必要なカロリーが大幅に増加したことが原因です。気候変動に伴うボレアル化により、ズワイガニはさらに北の海域に生息するようになると考えられています。詳しくみる ⇒参照元: カニの生息数の減少が続くアラスカの海では気候変動による「ボレ...

過酷な環境下のカニ漁

過酷な環境下のカニ漁https://cdn-natgeo.nikkeibp.co.jp北極圏に近いベーリング海でカニ漁を行う際、最も厳しい環境要因は何ですか?

極寒の気温と強風

ベーリング海のカニ漁は、極寒の気温と強風という過酷な環境で行われます。10月の最低気温は-10℃から-30℃、1月はさらに低下して-10℃から-30℃に達します。また、風速は時速144km/hに達することがあり、まるで高速道路上でカニ漁を行っているような状況になります。これらの過酷な環境要因により、カニ漁は命懸けの仕事となっています。詳しくみる ⇒参照元: ベーリング海カニ漁の厳しさとは?死亡率は1/1,000

カニ漁の死の海

カニ漁の死の海https://areablue.jpベーリング海のカニ漁で、海に放り出された場合、着衣なしだとどれくらいの時間で死亡する?

4秒

極寒のベーリング海でのカニ漁は、高波による転落死のリスクが極めて高い。サバイバル・スーツを着ていない船員が海に放り出されると、わずか4秒後に凍死または溺死する。これは、同海域の極寒の海水温が人体を迅速に冷やし、低体温症を引き起こすためである。このような過酷な環境下で、船員は長時間の労働を強いられ、疲労や判断力の低下により事故のリスクが高まる。詳しくみる ⇒参照元: 超危険な一攫千金仕事の、極寒のベーリング海でのカニ漁解説