Academic Box Logo

冒険記とは?意味や種類、魅力を徹底解説

ライターのYUKOです。今回は、「冒険記」について詳しく解説します。

思い出の記録文書の英語表現

思い出を記録する文書を英語で何といいますか?

メモワール

冒険の記録は「冒険記」、過去の出来事の記録は「回顧録」、そして思い出の記録は英語で「memoirs」と言います。

「memoirs」は「memory(メモリー)」の複数形で「思い出」を表し、著者の自伝や回顧録という意味でも使われます。

一般的には複数形の「memoirs」がより一般的な表現です。

詳しくみる ⇒参照元: 「見聞録」とは?意味と語源、使い方の例文【類義語・英語表現】

見聞録:見聞きした知識を記録する文体

見聞きしたことを記録する文体の名称は?

見聞録

見聞録とは、自分の経験や見聞きした知識を記した文体です。

語源は「見聞きした経験や知識」と「書き記すこと」から来ており、冒険記や回顧録などの類義語があります。

見聞録を作成することで、自分だけの知識を他人と共有し、貴重な経験を記録することができます。

詳しくみる ⇒参照元: 「見聞録」とは?意味と語源、使い方の例文【類義語・英語表現】

冒険譚と冒険物語の違い

民間伝承的なニュアンスが強いのはどちらか?

冒険譚

「冒険談/冒険譚」と「冒険物語」は意味の違いはなく、言い換え可能ですが、「冒険談」には口頭で語り合うニュアンスが強く、本のタイトルにはあまり使われません。

「冒険譚」は、民間に口伝えで伝承されてきた冒険に関する民話や、危険を冒して体験する活動についての物語を指し、本や作品のタイトルとしてよく使用されます。

民間伝承的な意味の含蓄があるのは「冒険譚」の方で、「冒険的な行動・体験に関する談話・物語」という意味合いを持ちます。

類語には「冒険物語・冒険記」「冒険ロマン」「スリルと興奮の物語・リスクと成功の物語」などがあります。

詳しくみる ⇒参照元: 「冒険談/冒険譚」とは?意味と使い方!類語や英語を紹介!

冒険談:危険とスリルに満ちた物語

危険を冒して目的を達成する活動に関する話を何と言いますか?

冒険談

「冒険談」は、危険な状況に進んで飛び込んで体験する活動の記録や物語を指します。

危険やスリル、胸が高鳴るような体験を伴うため、「冒険ロマン」や「スリルと興奮の物語、リスクと成功の体験談」と類語になります。

詳しくみる ⇒参照元: 「冒険談/冒険譚」とは?意味と使い方!類語や英語を紹介!