Academic Box Logo

六麓荘町:高級住宅街に隠された住民の秘密

こんにちは、ライターのYUKOです。今回は、六麓荘町についてご紹介します。

兵庫県の高級住宅街・六麓荘町

六麓荘町に住むことができるのはどのような人々か?

ごく一部の富裕層

六麓荘町は兵庫県芦屋市にある日本屈指の高級住宅街です。

海抜200~250mの高台に位置し、周辺の街並みと大阪湾を望む景観が自慢です。

景観を守るために厳格な入居ルールが定められており、住人はごく一部の富裕層に限られています。

土地開発当初から取り決められていた建築協定は、「景観保護条例」として芦屋市議会で可決され、豪邸条例が施行されています。

この条例により、六麓荘町の美しい街並みが法的に守られています。

詳しくみる ⇒参照元: 芦屋市六麓荘町は高級住宅街?兵庫県の豪邸が並ぶ街を写真付きで...

高級住宅街・芦屋市の魅力

高級住宅街として有名な芦屋市の特徴は何か?

独自の条例による治安・景観保護

高級住宅街として有名な芦屋市は、独自の条例で治安や景観を守り、高級住宅街としてのブランドを維持しています。

また、交通アクセスに優れ、商業施設も充実しており、高級住宅地としての品位と利便性を両立しているのが特徴です。

詳しくみる ⇒参照元: 芦屋市は日本有数の高級住宅街!住みやすさや六麓荘町の特徴を解...

六麓荘町:歴史と街並みの特徴

六麓荘町が目指した住宅地のモデルとなったのは?

香港の九龍半島や租界

六麓荘町は、1928年に大阪の財界人が開発した、日本を代表する高級住宅街です。

開発時には香港の九龍半島や租界など、白人専用街区のモダンな街並みをモデルとしました。

六麓荘町には、新旧様々なタイプの美しい邸宅が立ち並び、荘厳な雰囲気を漂わせています。

また、開発時に切り出した石や木は、堀の材料や庭木などに利用され、今も当時の面影を残しています。

詳しくみる ⇒参照元: 六麓荘町の住人になるための基礎知識&住人に多い職業について

六麓荘町:東洋一の別荘地の歴史と町内会費

六麓荘町内会の町内会費はいくら?

50万円

六麓荘町は、1928年に設立された住宅開発会社によって開発された、芦屋市の東北部に位置する住宅地です。

その歴史は、香港島の白人専用地区をモデルとして、東洋一の別荘地を作ることを目指したものでした。

六麓荘町の町内会は、住民の安全と安心を守るために活動しており、町内会費は50万円という高額な金額が設定されています。

この町内会費は入会金であり、年会費はそこまで高くありません。

また、六麓荘町では、住民への行事案内などがメールやFAXで一斉に配信されています。

詳しくみる ⇒参照元: 六麓荘(芦屋)に住む条件は?年収はいくらで敷地面積は?町内会...

六麓荘の住居条件と著名人居住者の噂

六麓荘に住む条件は?

邸宅400平米以上、坪単価69万7520円以上、入会金50万、年会費1万2000円

六麓荘に住むには、町内会への入会が義務付けられており、400平米以上の邸宅、坪単価69万7520円以上、入会金50万円、年会費1万2000円を満たす必要がある。

これは、最低でも8億円の家を購入することを意味する。

なお、六麓荘で最も大きな家を所有しているのは武田薬品工業の創立者の一族とされている。

詳しくみる ⇒参照元: 六麓荘の一番大きい家は?有名人がやばいし住む条件はあるか調査...

六麓荘町の有名人が目立たない理由

成功者が多く住む六麓荘町でも有名人は目立たないのはなぜですか?

1区画が広く、住民の社会的地位が高いから

六麓荘町は、裕福な成功者や著名人が多く住む高級住宅地です。

その理由の一つは、1区画あたりの面積が広く、住民も高い社会的地位を持っているため、有名人が住んでいても悪目立ちしない環境にあるからです。

また、六麓荘町や周辺エリアでは、ホテルのようなサービスが受けられるサービスアパートメントを利用することもできます。

このサービスアパートメントは、短期間の滞在にも適しており、別荘として利用したり、住みたい街の雰囲気を実際に体験したりするのにも役立ちます。

詳しくみる ⇒参照元: 六麓荘町の住人になるための基礎知識&住人に多い職業について

六麓荘:芦屋の上位高級住宅街

六麓荘の町内会に入会するための賛助金はいくら?

50万円

六麓荘は神戸の芦屋にある超高級住宅街で、緑豊かな落ち着いた風景と静かな街並みが特徴的です。

町内会は独自に建築協定を定めており、景観を維持し、安心・安全な街づくりに努めています。

町内会の維持費や防犯カメラの設置費用などは、町内会の入会賛助金で賄われており、その金額は一律50万円と決められています。

六麓荘町内は、信号、電線、電柱がなく、ビルやマンションも見当たりません。

敷地面積は400平方メートル以上で、住宅や別荘のみが建築可能で、集合住宅やオフィス、店舗は禁止されています。

また、敷地の40%は庭として緑を保ち、高木を1本、中木を2本植えることが義務付けられています。

詳しくみる ⇒参照元: 芦屋のお金持ちが住む六麓荘とは?

六麓荘町の景観を守る団体

芦屋市の高級住宅街「六麓荘町」を管理する団体は何?

六麓荘町 町内会

芦屋市の高級住宅街「六麓荘町」では、美しい景観を保つために独自の建築基準「六麓荘町建築協定」が設けられています。

この協定は、町内に新たに住宅や別荘を建てるときの手続きや建築基準を定めており、町内会がその管理を行っています。

六麓荘町の広々とした道には電柱や信号がなく、景観を遮る高い建物もありません。

見かける建物はすべて戸建住宅で、商業施設はコンビニすらもありません。

詳しくみる ⇒参照元: 芦屋の超高級住宅街「六麓荘町」を知ってる?その景観を守る町内...

六麓荘町住民の驚異的な年収

兵庫県の六麓荘町に住む住民の平均年収はいくらですか?

数千万円以上

兵庫県芦屋市の高級住宅街である六麓荘町は、高い基準地価を誇る地域です。

2022年の平均基準地価は21万1000円/㎡で、坪単価にすると約70万円になります。

敷地面積400平方メートル以上の土地を購入するには1億円以上が必要とされ、実際に売りに出されている土地の価格は1億7000万円から6億円です。

この地域に住む住民の年収は数千万円以上とされており、2008年の知恵袋の投稿では、某金融系会社社長が2億程度、投資家が28億程度、地方産業会社社長が4億程度、某校教授が4000万程度とされています。

六麓荘町の土地価格はここ10年で30%上昇しており、固定資産税などの維持費を考慮すると、住むには億に近い数千万円の年収が必要と考えられます。

詳しくみる ⇒参照元: 六麓荘(芦屋)に住む条件は?年収はいくらで敷地面積は?町内会...

高級住宅街六麓荘の住居条件

六麓荘に住むための最低敷地面積はいくらですか?

400平方メートル以上

兵庫県芦屋市の六麓荘町は、高級邸宅街として知られており、住民の住居には最低の敷地面積が設定されています。

その敷地面積は、東京の田園調布の敷地面積の2倍以上の広さで、400平方メートル以上となっています。

また、建物の高さは10メートル以下、軒の高さは7メートル以下と定められ、敷地の4割以上を庭として緑地にすることや、緑地部分に高木と中木を植えることも義務付けられています。

詳しくみる ⇒参照元: 六麓荘(芦屋)に住む条件は?年収はいくらで敷地面積は?町内会...

六麓荘町:安全で住みやすい町づくりの取り組み

六麓荘町の魅力はどのような点か

安心・安全な居住性

六麓荘町は、安心・安全な住環境を維持するために独自の取り組みを行っています。

町内会が所有・管理する広々とした道路や防犯カメラの設置などにより、住民の安全が確保されています。

また、町内会は入会賛助金と会費で賄われており、その費用で建てられた「六麓荘倶楽部」は公民館と駐在所を兼ね備えた施設として利用されています。

さらに、町内会は定期的な清掃活動や花苗の配布を行い、コミュニティの活性化にも努めています。

これらの取り組みが、六麓荘町の住宅地の魅力を高めています。

詳しくみる ⇒参照元: 芦屋の超高級住宅街「六麓荘町」を知ってる?その景観を守る町内...

六麓荘町の独自性を彩る刻印と自然

六麓荘町の独自性はどのような形で表れていますか?

オブジェクトの刻印

芦屋市六麓荘町は、日本随一の高級住宅街として有名ですが、その独自性は街の随所に刻まれています。

例えば、街灯の台座やマンホールには町独自の紋章が刻印されており、町の個性と歴史を物語っています。

さらに、この町には高い住民意識があり、転入時の届出や建築協定など、厳しいルールが制定されています。

また、六麓荘町は自然が豊富で、桜やソメイヨシノなどの美しい樹々が咲き誇り、高台から見渡せる大阪湾や街並みの景色は圧巻です。

このような独特の特徴が、六麓荘町を他の高級住宅街とは一線を画しています。

詳しくみる ⇒参照元: 芦屋市六麓荘町は高級住宅街?兵庫県の豪邸が並ぶ街を写真付きで...

六麓荘の歴史

かつて芦屋国際ホテルの宿泊客のほとんどを占めていたのは?

西洋人

六麓荘に設置された六麓荘倶楽部は、大阪のお茶屋式料理を提供していた。

1939年には芦屋国際ホテルが開業し、宿泊客は主に西洋人で、大阪・神戸の財界人も利用していた。

ホテルは太平洋戦争で営業を停止し、現在は芦屋大学となっている。

六麓荘独自に運行していた六麓荘地域交通バスは後に阪神バスに譲渡された。

六麓荘町内会は開発当初から組織されており、芦屋大学や芦屋学園などの教育機関が所在している。

詳しくみる ⇒参照元: 六麓荘町

芦屋市の住みやすいエリア徹底比較

芦屋市のどこに住むのが便利?

中央地域

芦屋市は4つのエリアに分かれており、中央地域は利便性が高く、駅周辺に商業施設や公共施設が充実しています。

大阪や神戸へも新快速で15分以内でアクセス可能です。

静かな住宅街を求める方には北部・山手地域が、自然豊かな環境を好む方には浜地域がおすすめです。

詳しくみる ⇒参照元: 芦屋市は日本有数の高級住宅街!住みやすさや六麓荘町の特徴を解...

六麓荘町内会の独自の協定による厳格な管理

町内会独自の協定にはどのような制限がありますか?

一戸建て個人宅、建築承認、営業行為禁止

六麓荘町内会は、町の環境と景観を守るために独自協定を設けています。

この協定では、建物は一戸建て個人宅に限り、新築と増改築には町内会の承認が必要です。

町内での営業行為は一切禁止されており、マンションや商店、自動販売機はありません。

町内会員で構成される町内会は道路部分の土地所有権を有しており、共有財産を芦屋市に無償貸与して市の管理を受けさせています。

新規居住者は、町内会への入会金と月々の管理費を支払います。

この資金は、駐在所兼公会堂施設の維持管理と町内会の活動経費に充てられています。

また、セキュリティー面では、町内会が無償で建物を提供し、芦屋警察署の六麓荘駐在所が開設されています。

さらに、現在の建築条例では、敷地面積を400平方メートル以上とし、用途は2階建以下の一戸建個人専用住宅に限られています。

建物の高さや軒の高さにも制限があり、営業行為も禁止されています。

詳しくみる ⇒参照元: 六麓荘町