Academic Box Logo

中村春根の彼女に関する衝撃の真実: 事件の背後に隠された物語

ライターのYUKOです。中村春根の彼女に関する衝撃の真実について、事件の背後に隠された物語を共有します。

違法スロット店経営者の逮捕

違法スロット店「サルーン」の経営者は誰?

陳春根

陳春根はパチンコ・パチスロ店経営者陳道夫の長男で、違法裏モノスロット店「サルーン」を経営していた。

2010年の警察による捜索で不正改造用電子部品が押収され、廃業となった。

また、「サルーン」では「ファン感謝デー」と称してアウディやベンツなどの高級外車などが当たるくじ引きが行われ、店内をバニーガールが歩いていた。

詳しくみる ⇒参照元: 姫路パチンコ経営者3人殺害事件|実行犯のみ死刑のねじれ判決

ねじれ判決:姫路パチンコ経営者殺害事件

陳春根は被害者何人について無罪が認定された?

1人

姫路パチンコ経営者3人殺害事件の主犯・陳春根は、3人の男性を殺害したとされるが、うち2人の遺体はみつかっていない。

そのため、陳春根には被害者1人について無罪が認定され、無期懲役が確定した。

しかし、実行犯の上村隆の公判では、3人すべての殺害に関与したとして死刑が確定している。

この事件は、主犯より実行犯の刑が重くなる、ねじれ判決となっている。

事件の発端は、暴力団・山健組村正会組長が、地元のパチンコ経営者である陳道夫に因縁をつけていたことだった。

これに対し、陳道夫の息子・陳春根が報復として組長に暴行を加えた。

その後、組長は陳道夫を殺害し、組員の下山誠也は実刑判決を受けた。

また、陳春根は前田巌という男性を殺害した疑いで逮捕されている。

詳しくみる ⇒参照元: 姫路パチンコ経営者3人殺害事件|実行犯のみ死刑のねじれ判決