Academic Box Logo

ユータが蟻の王に!不良少年の運命が激変するヤンキーVS国家バトル漫画「蟻の王」あらすじ&感想

こんにちは、ライターのYUKOです。今回は、ヤンキーVS国家バトル漫画「蟻の王」のあらすじと感想をご紹介します。

運命に翻弄された不良少年の壮絶な物語

不良少年の少年は、なぜ六道財閥に宣戦布告する?

賞金をかけられて襲撃されたため

六道財閥の隠し子である不良少年の四郎は、六道財閥の総帥に宣戦布告します。

これは、彼の存在を邪魔に思った六道霧男が彼に賞金をかけ、町中の不良たちに襲わせようとしたためです。

四郎は屈辱を味わい、霧男に復讐するために宣戦布告を決めました。

この漫画は、普通のヤンキー漫画とは一風変わった雰囲気を持っています。

詳しくみる ⇒参照元: 漫画『蟻の王』ネタバレあらすじ&感想!運命に翻弄される不良少...

サイコパス四郎の衝撃と宗教団体の登場

宗教団体に関係する開祖と長吉の物語は、今後の展開で取り上げられますか?

不明

10巻の終盤で、主人公ユータの活躍により味方が増加。

宗教団体が物語に加わり、軽いタッチで描かれる。

主人公の幼少期である四郎のサイコパス的な行動が印象的。

開祖と長吉の関係性を示唆する絵本が登場するが、彼らの詳細については今後の展開で明らかになる可能性がある。

詳しくみる ⇒参照元: 『ネタバレあり』 『アイドルは宗教』を実際にやっていくスタイ...

六道財閥の隠し子:『蟻の王』の主人公の秘密

主人公の亜久里四郎は、実は何者なのか?

六道財閥の総帥の隠し子

『蟻の王』は、喧嘩無敗の地元不良の主人公・亜久里四郎が、実は日本有数の財閥・六道財閥の総帥の隠し子であることが判明するサバイバルバトル漫画。

莫大な遺産相続を拒否した四郎は、六道財閥の試練に果敢に立ち向かい、自らの道を突き進む「蟻の王」を目指す。

不良漫画の枠を超えたスケールの大きなストーリーが展開される。

四郎は、国家権力をも巻き込む戦いに身を投じ、成長していく。

詳しくみる ⇒参照元: 蟻の王(漫画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】