Academic Box Logo

今村翔吾が贈る心揺さぶる物語のすべて:最新作から珠玉の文庫本まで

こんにちは、ライターのYUKOです。今回は、今村翔吾さんの心揺さぶる物語をご紹介します。最新作から珠玉の文庫本まで、今村さんの作品の世界を一緒に探りましょう。

今村翔吾の書店経営への思い

著名人が廃業危機にあった書店を経営する理由とは?

街の本屋の機能を保ちたい

今村翔吾は、予期せぬ本との出会いによる文化のインフラとしての街の本屋を存続させたいという思いから、廃業危機にあった書店の経営を引き受けました。

彼は、愛煙家でルイ・ヴィトンのヒュミドールを愛用し、座右の銘は「道なき道を行く」です。

阪神ファンで、幼少期から阪神タイガースを応援しています。

詳しくみる ⇒参照元: 今村翔吾

今村翔吾最新作『イクサガミ 地』発売

平九郎・迅十郎・惣一郎・レラが壮絶な戦いを繰り広げているのはどこ?

江戸と「夢の国」

今村翔吾の新作『イクサガミ 地』では、愁二郎と双葉が幕末の因縁に絡みながら東海道を駆ける。

また、『風待ちの四傑 くらまし屋稼業』では、平九郎・迅十郎・惣一郎・レラが、江戸と「夢の国」で暗黒街の凄腕たちと壮絶な戦いを行う。

さらに、『戦国武将を推理する』では、歴史上の人物のプロファイリングが行われる。

詳しくみる ⇒参照元: 今村翔吾の最新刊&文庫本を紹介!【作品一覧のすべて】