Academic Box Logo

中澤希水の私生活解剖!元嫁や現在の仕事、離婚の真相とは?

ライターのYUKOです。中澤希水の私生活を解剖します。

熊谷真実と中澤希水の契約結婚の真実

熊谷真実さんと中澤希水さんの契約結婚の期間は?

1年

女優の熊谷真実さんと書道家の夫・中澤希水さんの結婚は、一年ごとの更新契約制でした。

毎年話し合いを重ね、結婚を続けるか終了するかを決定していました。

2021年3月に離婚が発表され、熊谷さんはテレビ番組で離婚理由を報告しています。

中澤さんは熊谷さんのヒモ状態であったとも言われています。

詳しくみる ⇒参照元: 中澤希水と熊谷真実の馴れ初めは?ヒモ状態で、一年更新の契約結...

熊谷真実と中澤希水の離婚の理由

熊谷真実が離婚の理由をどう語っている?

将来的なビジョンの相違

熊谷真実と中澤希水は、将来的なビジョンの相違により約9年間の結婚生活に終止符を打ちました。

熊谷は離婚を前向きに捉えており、中澤から提案があったことを明かしています。

結婚期間中は、熊谷が中澤の気持ちの離反を心配し、潔癖症の中澤と大ざっぱな熊谷の性格の不一致も関係したようです。

離婚後も、二人は浜松での生活を継続しています。

熊谷はその後、一般人と再再婚しています。

詳しくみる ⇒参照元: 中澤希水の現在の仕事は?再婚相手と元嫁のヒモ旦那だった説を調...

契約結婚から離婚へ:18歳差夫婦の結婚と破局

18歳差の元夫婦は、どのような結婚形態だったのでしょうか

契約結婚

18歳差で結婚した熊谷真実と中澤希水は、一年ごとに更新される契約結婚という形態を取っていました。

契約には、結婚の継続と離婚に関する条件が記載されており、両者はこの契約を破棄して離婚に至りました。

契約結婚は、お互いの理解に基づいて行われていましたが、子供がいれば、養育費や親権などの問題から、簡単に離婚することは難しいとされています。

詳しくみる ⇒参照元: 中澤希水と熊谷真実の馴れ初めは?ヒモ状態で、一年更新の契約結...

熊谷真実と中澤希水の離婚理由

中澤希水さんが熊谷真実さんに離婚を申し出た理由は?

方向性の違い

中澤希水と熊谷真実は、2021年に将来の方向性の違いから離婚しました。

中澤は潔癖症である一方、熊谷は大雑把で、その性格の違いが夫婦関係の亀裂に繋がったと推測されています。

中澤から離婚を切り出された熊谷は驚きましたが、最終的には受け入れました。

離婚は円満に行われ、熊谷は中澤の地元である浜松に現在も住んでいます。

熊谷は一度目の結婚相手であるつかこうへいとも離婚しており、中澤とは再婚でした。

詳しくみる ⇒参照元: 【もう一緒にいれない!】熊谷真実、18歳年下旦那・中澤希水か...

書道家・中澤希水さんの収入源

書道家の中澤希水さんの主な収入源は何ですか?

書道教室の指導、通信講座、ワークショップ

書道家の中澤希水さんの収入源は、書道教室の指導以外にも、通信講座、ワークショップ、企業ロゴのデザイン、物品のデザイン、個展の開催などがあります。

一般的な書道家の先生の年収は440万円~480万円程度ですが、中澤希水さんの場合は複数の収入源があるため、年収は1000万円に迫る可能性があります。

2014年には第9回手島右卿賞を受賞し、2016年には浜松市親善大使「やらまいか大使」に就任しています。

詳しくみる ⇒参照元: 中澤希水wiki|実家や書道教室はどこ?中学や高校は浜松?

中澤希水:書の道に情熱を燃やす書道家

書道家、中澤希水はなぜ書道家を目指したのか?

自身の強い意思

書道家・中澤希水は、両親からの勧めではなく、自身の強い意思で書道家を目指すことを決意。

大学卒業後は文化功労者の成瀬映山に弟子入りし、第9回手島右卿賞や浜松市親善大使「やらまいか大使」に就任するなど、高い評価を得ている。

中澤の両親はともに書道家であり、父親は浜松書道研究会の会長を務める。

中澤の書道に対する熱意は、周囲にも影響を与えている。

詳しくみる ⇒参照元: 中澤希水の本名やプロフィール、両親の職業は?書道教室の現在と...

中澤希水と熊谷真実の出会い、そして中澤希水の書道家としての決意

中澤希水さんが書道家になることを決心する前に打ち込んでいたのは何?

ビリヤード

書道家の中澤希水さんは、大学卒業後の3年間をビリヤードに夢中になり、プロ級の腕前まで上達しました。

しかし、書道への情熱が捨てきれず、最終的に書道家の道を歩みました。

中澤さんと女優の熊谷真実さんの出会いは、熊谷さんが中澤さんの書道教室に通ったことがきっかけです。

熊谷さんは中澤さんの書道教室に通いながら、中澤さんに惹かれていきました。

中澤さんに彼女がいたため諦めていましたが、4年後に中澤さんが彼女と別れたことを知り、告白しました。

中澤さんは1ヶ月後に「結婚を前提に付き合って下さい」と逆告白し、2人は結ばれました。

詳しくみる ⇒参照元: 【もう一緒にいれない!】熊谷真実、18歳年下旦那・中澤希水か...

書道家・中澤希水の素顔

中澤希水の元々の名字は?

中澤

中澤希水は書道家・女優の熊谷真実の夫で、本名は中澤元臣。

両親ともに書道家で、1歳から筆を持ち書道家になるために生まれてきたような人物である。

詳しくみる ⇒参照元: 中澤希水の本名やプロフィール、両親の職業は?書道教室の現在と...

熊谷真美の夫、中澤希水はヒモだったのか?

熊谷真美は、ある打ち上げの席で仕事を懇願していたのはなぜか?

旦那に全財産を注ぎ込んでいたから

女優の熊谷真美は、舞台の打ち上げで、脚本家や演出家、プロデューサーに仕事を懇願していた。

これは、熊谷が書道家の夫・中澤希水に全財産を注ぎ込んでいたため、夫に捨てられれば生活に困る状況だったからと考えられている。

中澤は当時、芸術家として一流になるために苦労していた。

詳しくみる ⇒参照元: 中澤希水と熊谷真実の馴れ初めは?ヒモ状態で、一年更新の契約結...

年齢差18歳の書道家夫婦の出会い

34歳の中澤希水が、52歳の熊谷真美との結婚を決断したのはなぜ?

結婚を前提とした交際を受け入れたため

書道の師弟関係にあった18歳差の熊谷真美と中澤希水。

熊谷が中澤の目を気に入り告白したが、中澤には彼女がいたため交際はなかった。

しかし、カラオケをきっかけに距離が縮まり、熊谷が告白。

中澤は1ヶ月熟考後、結婚を前提とした交際を受け入れた。

約1年の交際を経て、52歳の熊谷と34歳の中澤が入籍した。

中澤は結婚を前提とした交際に同意したことで、結婚を決断した。

詳しくみる ⇒参照元: 中澤希水と熊谷真実の馴れ初めは?ヒモ状態で、一年更新の契約結...

熊谷真実と中澤希水の馴れ初め

熊谷真実と中澤希水が知り合ったきっかけは?

書道教室

熊谷真実と中澤希水の馴れ初めは、熊谷が中澤の書道教室の生徒として通い始めたことでした。

当時、中澤には彼女がいましたが、彼女と別れた後、熊谷からアプローチして交際に発展しました。

2012年11月に結婚し、18歳の年の差が話題となりました。

詳しくみる ⇒参照元: 中澤希水の現在の仕事は?再婚相手と元嫁のヒモ旦那だった説を調...

中澤希水の書道教室の場所と年収

中澤希水は東京教室以外に、どこで書道教室を開いていますか?

京都

中澤希水の書道教室は東京(恵比寿)のみで、通信講座やワークショップは東京と京都で開催されています。

京都では四条河原町で筆ペン書道ワークショップが行われています。

1月には書き初め書道ワークショップが開催され、京都ワコールスタディーホールでも書き初めの講座が開かれました。

書道家の平均年収は約440万~480万円です。

書道家は書道教室を開いたり、学校の書道の先生になったり、パフォーマンスで自分の個性を表現したりして収入を得ています。

詳しくみる ⇒参照元: 中澤希水の本名やプロフィール、両親の職業は?書道教室の現在と...

夫婦関係の修復:思いやりと感謝の力

中澤希水さんが離婚を考えていた理由は?

結婚の意味が薄れたと感じたため

熊谷真実と中澤希水の夫婦関係は、中澤が熊谷に合わせて昭和の曲をカラオケで歌うなど、お互いを思いやる気持ちで成り立っていた。

しかし、熊谷が中澤の家事を当たり前に思い、感謝を欠いていたため、中澤は結婚の意味を失い、離婚を考えた。

熊谷は中澤の気持ちに気づき、感謝の気持ちを忘れないように努め、夫婦関係を修復した。

現在は、毎年結婚契約を更新するというルールを設け、思いやりと感謝の気持ちを大切にしながら円満な夫婦生活を送っている。

詳しくみる ⇒参照元: 【もう一緒にいれない!】熊谷真実、18歳年下旦那・中澤希水か...

書道と健康

書の健康上のメリットは何ですか?

心身の健康

書道は単なる芸術活動ではなく、心と体の健康にも良いとされています。

書道界の重鎮は長生きする傾向があり、これは深い呼吸と頭と手先の使用による脳への刺激が関係していると考えられています。

一般的に使用される墨汁ではなく、硯で墨をすって使用するのも健康に効果的とされています。

墨をすっている間、鼻から墨の香りを嗅ぎ、呼吸を整えることで体を良い状態に切り替えることができます。

詳しくみる ⇒参照元: 中澤 希水さん(書道家)インタビュー

中澤希水の家族

中澤希水の父親はどんな人ですか?

書道家

中澤希水の父親は中澤皐揚(こうよう)という書道家で、浜松での書道の普及に尽力した。

中澤皐揚は、興誠高校の書道部がきっかけで書道の道に進み、大東文化大学で書道を学んだ。

大学卒業後は、母校の興誠高校に戻り書道の指導に当たり、浜松書道研究会の会長を務めた。

中澤希水の母親も書道家で、父親と母親は同じ大東文化大学に通っていた縁で知り合った。

詳しくみる ⇒参照元: 中澤希水wiki|実家や書道教室はどこ?中学や高校は浜松?