Academic Box Logo

ブラックラグーンの悪党ロックの冷酷な魅力と名シーン

ライターのYUKOです。ブラックラグーンの悪党ロックの冷酷な魅力と名シーンについてご紹介します。

ブラックラグーンの魅力と主人公の秘密

ブラックラグーンで岡島緑郎が名乗る名前は?

ロック

ブラックラグーンは、サラリーマンの岡島緑郎が海賊「ラグーン商会」に拉致されたことをきっかけに、背徳の都ロアナプラで悪人たちと関わるガンアクション漫画です。

緑郎は会社に見捨てられた後、ロックと名乗り、ラグーン商会の一員としてさまざまなトラブルに巻き込まれていきます。

この作品は、迫力のあるバトルシーンや、主人公レヴィの魅力が特徴で、アクション映画やミリタリーが好きな人におすすめです。

また、作者によるセルフパロディ同人誌では、キャラクターのメイクや撮影の様子が描かれています。

詳しくみる ⇒参照元: ブラックラグーンの評価と感想は?面白い魅力や登場人物の声優・...

ブラックラグーンの銃器紹介:ソードカトラス

ブラックラグーンでレヴィーが使用する銃の特徴は?

二丁拳銃のソードカトラス

ブラックラグーンは悪党によるクライムアクション作品で、タイの架空都市ロアナプラを舞台に描かれています。

正義が存在しない作品で、主人公の岡島緑郎は裏切られてアウトサイダーとして生きることになります。

クライムアクションということで銃撃戦が多く、登場人物のレヴィーは二丁拳銃のソードカトラスを使用しています。

ソードカトラスはベレッタM92F INOXをカスタムしたコピー品で、バレルが長く命中精度が高く、レヴィーの腕で難なく使いこなされています。

詳しくみる ⇒参照元: ブラックラグーンで登場した銃器を紹介!作中の拘りが詰まった銃...

ラグーン商会の運び屋

ラグーン商会の運び屋で、様々な言語を操り、度胸と交渉力に長けた人物は誰ですか?

岡島禄郎

「ブラックラグーン」は、タイの犯罪都市ロアナプラを舞台にした犯罪アクション漫画です。

主人公のロックこと岡島禄郎は、運び屋としてラグーン商会に属する人物です。

彼は日本語、英語、フランス語を操り、度胸と交渉力に長けています。

元々はサラリーマンでしたが、ラグーン商会のレヴィに誘拐されたことがきっかけで闇社会の一員となりました。

ロックはロアナプラの裏社会で高い評価を得ており、様々な組織の重鎮から信頼されています。

詳しくみる ⇒参照元: ブラックラグーンのロック(岡島緑郎)が悪党になった理由は?名...

超人気漫画「ブラックラグーン」の世界

ブラックラグーンの舞台はどこ?

東南アジアの架空の街ロアナプラ

「ブラックラグーン」は、広江礼威が手掛け、2002年から連載中の超人気漫画。

累計発行部数700万部を超え、アニメや小説など多数の派生作品が制作されている。

舞台は東南アジアの架空の街ロアナプラで、裏社会で生きる運び屋の生き様を描く。

リアルな裏社会描写や映画のようなセリフ回し、優れた画力が魅力。

詳しくみる ⇒参照元: ブラックラグーンをネタバレ解説!11巻までのあらすじ・感想を...

ロックの裏社会における充実感

なぜロックは裏社会で生きる方が充実感を得られているのでしょうか?

実感が得られるから

ロックは、裏社会で生きることで、かつての生活では感じられなかった「生きている実感が持てて楽しい」と語っています。

つまり、ロックは裏社会での生き方に充実感を見出し、過去の生活に未練を抱いていないのです。

ロックは、裏社会での生き方を通して、自分自身をより深く理解し、自分らしい生き方ができていると感じているのでしょう。

そのため、過去の生活に戻ることを望んでおらず、裏社会での生き方を「楽しい」と感じているのです。

詳しくみる ⇒参照元: ブラックラグーンのロック(岡島緑郎)が悪党になった理由は?名...

裏社会への転身

岡島緑郎は裏社会でどのように生きることになったのか

自身の出生や経歴を全て捨てた

岡島緑郎は、会社に見捨てられ裏社会組織に誘拐された後、会社から命を狙われ、非日常的な裏社会に惹かれて、自身の過去を捨てて「ロック」として生きることを決意した。

当初は裏社会に馴染めず、同僚のレヴィと衝突していたが、徐々に変化が現れ始めた。

また、ネオナチ編ではレヴィの価値観に違和感を感じ、テロリストを拒絶するなど、ロックの思考に変化が見られた。

詳しくみる ⇒参照元: ブラックラグーンのロック(岡島緑郎)が悪党になった理由は?名...

レヴィの異名と「ブラックラグーン」の魅力

レヴィの異名は?

二挺拳銃(トゥーハンド)

レヴィは「ブラックラグーン」というアニメの登場人物で、女性ながら作中屈指の戦闘力を持つ。

彼女はその戦闘スタイルから「二挺拳銃(トゥーハンド)」という異名で知られている。

また、レヴィは主人公のロックの相棒で、武器を持たない彼にとって銃のような存在である。

レヴィとロックの関係性は、この作品の大きな見どころの一つとなっている。

さらに、「ブラックラグーン」は裏社会を舞台にした作品で、登場人物はアウトローが多く、彼らの冷たい目が殺伐とした世界観を表現している。

また、悪党たちの信念のぶつかり合いも魅力の一つとなっており、一般的な正義ではなく自分の信念に従って生きる彼らの生き様は、危険ながらも読者に憧れを抱かせる。

さらに、独特のセリフ回しも評価が高く、洋画の吹き替えのようなウィットに富んだセリフが、ハリウッドのアクション映画のような世界観に絶妙にフィットしている。

詳しくみる ⇒参照元: ブラックラグーンの評価と感想は?面白い魅力や登場人物の声優・...

ロックの変貌

ロックが銃を持たないことを認めさせたエピソードは何?

作戦参謀の活躍

ロックは元軍人だが、本来銃を持つべき立場にも関わらず、作戦参謀として能力を発揮し、銃を持たずにロアナプラで活躍した。

ある作戦で、ジェーンを守り抜いたことで参謀としての能力を認められ、銃を持たずに済む許可を得た。

また、ロックの記憶力の高さは、かつての会社の情報を活用するなど、後の物語に大きな変化をもたらしている。

南米からロアナプラにやってきたロベルタは、メイド姿で暴れ回り、対抗できたのはレヴィやバラライカらのみだった。

ロックは、過去の会社の資料で得たラブレス家についての記憶を駆使して活躍を見せた。

双子編では、殺し屋の双子に出会い、ロックの中の常識に変化が現れた。

日本編では、ロックはロシアマフィアの通訳としてバラライカと共に来日し、任侠の世界に触れた。

ヤクザの娘・雪緒に出会い、彼女の救出を決意した。

詳しくみる ⇒参照元: ブラックラグーンのロック(岡島緑郎)が悪党になった理由は?名...